2021年~2022年モデルのE-Bike・電動アシスト自転車まとめ 最新のE-MTBから注目のシティタイプまで紹介

- Advertisement -

日本でも注目されているE-Bike(電動アシストスポーツ自転車)。2021年モデル~2022年モデルでも各社から注目のE-Bikeが登場している。この記事では、2021年春に発表したモデルや2022年モデルのE-Bike(E-ロードバイク、E-グラベルロード、E-クロスバイク、E-MTB等)を紹介する。

BESV CF1 LINO

CF1 LINOは、先行発売されているシティタイプのCF1 LENAよりも大きい26インチホイールを採用したシティタイプのE-Bike。車体に搭載されたバッテリーは、外さないことで、スリムなデザインと強度を両立した。また、ディスプレイは装備せず、ボタン一つで電源ONし、バッテリー残量はLEDのカラー表示で識別する。CF1シリーズで評判の高い可変式ハンドルステム、フレーム内蔵フロントライト、前後フェンダー、リアキャリア、テールランプ(ブレーキランプ)、サークル錠、キックスタンドを標準で装備。価格は21万8000円(税抜)。

関連記事

BESV JG1

JG1は、BESV Jシリーズで初めてのグラベルロードタイプのE-Bike。バッテリーはダウンチューブに内蔵するJシリーズの機構を継承し、グラベルロードバイクのジオメトリを再設計。軽量化、振動吸収性を高めるためにフロントフォークやシートポストに軽量カーボン素材を採用。コンポーネントは、SHIMANO GRXシリーズを搭載し、11速+油圧ディスクに加え、タイヤはMAXXIS 700×38Cを装着。純正オプションには、前後フェンダーやリアキャリア、センタースタンドなどを用意している。価格は33万円(税抜)。

関連記事

Benelli MANTUS 27

Benelli MANTUS 27 TRKは27インチのクロスバイクタイプのE-Bike。この価格帯のE-Bikeでは珍しくバッテリーを車体に内蔵したインチューブバッテリーを採用している。ドライブユニットはリアインホイールモータータイプ。キックスタンドや前後泥除け、フロントサスペンションを搭載している。メーカー希望小売価格15万円(税込)を予定。

FANTIC XTF1.5 CARBON

FANTIC XTFシリーズはFANTICのE-MTBの中でトレイルライド向けのモデルとなる。XTF 1.5 CARBONはカーボンフレームを採用したハイエンドモデル。トップチューブとフロントのヘッド部分が新デザインを採用し、バッテリーは720Whの大容量タイプを搭載。ホイール径は前後29インチとなっている。価格はXTF1.5 CARBONが82万円(税込)から

関連記事

FANTIC XTF1.5

FANTIC E-MTBの中でも、トレイルライド向けのモデル「XTF1.5」のエントリーモデルがXTF1.5。アルミフレームを採用した車体には、定格出力250W、最大トルク90Nmを発揮するBrose S ALUドライブユニットと630Whバッテリーを組み合わせている。価格は56万5400円(税込)。

関連記事

FANTIC ISSIMO

ISSIMOは、かつてFANTICのラインナップにあったエンジン付き自転車「モペッド」の名前を受け継いだE-Bike。トラスフレームに前後ライト、ファットタイヤを採用することで、他にはない個性的なスタイルが特徴的なモデルだ。2018年のミラノモーターサイクルショー(EICMA)でコンセプトモデルが登場、2019年にユーロバイクアワード2019を受賞。2021年6月に公益財団法人日本交通管理技術協会が推進している型式認定を取得し、日本仕様が登場した。コミューター向けのモデルで、VEE-TIRE Speedster 20×4インチスリックタイヤにリアキャリアを装備した「URBAN」と、オフロード走行を意識したVEE-TIRE Mission Command 20×4インチタイヤと、ミニマムなリアフェンダーを採用した「FUN」の2モデルを展開している。価格は36万円(税抜)。

関連リンク

GS JAPAN CROMO

「Jeep」や「Volkswagen」、「AVIREX」などのライセンス自転車や、トライアングルフレームが特徴的な折り畳み自転車「STRiDA(ストライダ)」の総輸入代理店であるGS JAPANがオリジナル自転車ブランド「CROMO」が登場した。CR-F206eは、折り畳み自転車タイプのE-Bikeで、フレーム内蔵の36V 270Whバッテリーや、はリアインホイールモーターを搭載している。価格は16万5000円(税込)。

関連記事

 

Panasonic ビビ・L・押し歩き

ビビ・L・押し歩きは、日本初の押し歩き機能(所謂、ウォークアシスト)を搭載した電動アシスト自転車。2019年12月1日に改正道路交通法が施行され、原動機の駆動により押し歩きを補助する自転車についても、歩行補助車等となり、歩行者としてみなされることとなった。この機能により歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで押し歩き時の補助が可能となり、押して歩く際にかかる負荷を軽減することで、利便性を向上させた電動アシスト自転車。価格は12万9000円(税込)。

関連リンク

Panasonic XU1

パナソニック サイクルテックは7月30日、クロスバイクタイプのE-Bike「新型XU1」を発表、8月5日に発売した。新型XU1の特徴は、東京2020オリンピックで使われるケイリン先導車の開発で培ったデータをフィードバックした車体設計。フレームやフロントフォークの寸法や角度などを見直し、従来車種より低重心化を実現し、安定感のあるハンドリングと走行フィーリングが向上したと謳っている。価格は25万1000円(税込)。

関連リンク

Specialized Turbo Como SL

Como Super Light(SL)は、街中を楽しく走るのを売りにしたシティタイプの軽量E-Bike。SpecializedのロードバイクタイプのE-Bike「Turbo Creo SL」や、軽量フルサスE-MTB「Turbo Levo SL」、軽量クロスバイクタイプのE-Bike「Turbo Vado SL」に搭載されている最大出力240W、最大トルク35Nmを発揮するドライブユニット「Specialized SL1.1」を搭載し、軽量性を重視している。価格はTurbo Como SL 4.0で39万6000円(税込)から。

関連記事

Specialized Vado SL ST

Vado SL STは、クロスバイクタイプのE-Bike「Vado SL」のステップスルーバージョン。従来のVado SLよりも、またぎやすく女性や、従来のトライアングルフレームでは乗りにくい人に合っているE-Bikeとなった。価格は42万9000円(税込)から。

関連記事

Specialized Turbo Kenevo SL

Turbo Kenevo SLはSpecializedのフルサスペンションタイプのマウンテンバイク「Enduro」をベースにしたE-MTB。モーターをSpecialized自社設計の「Specialized SL1.1」を搭載し、完全内蔵型バッテリーを装着することで、車体重量は日本未発売のKenevoと比較して5.4キロ軽量になっている。また、人力MTBタイプのEnduroと比較すると重量は4キロプラスされただけと謳っている。価格はTurbo Kenevo SL Expertで121万円(税込)から。

関連記事

Miyata CRUISE i 6180

「CRUISE i 6180」は、バッテリーをフレームに内蔵したインチューブバッテリー採用によりデザイン性が上がっただけでなく、バッテリーを内蔵したことで低重心化、走行安定性を向上させた。価格は29万9000円(税抜)。2021年9月発売予定。

関連記事

Miyata ROADREX i 6180

ROADREX i 6180は、CRUISE i 6180と同じく、バッテリーをフレームに内蔵したインチューブバッテリーを採用したグラベルロードタイプのE-Bike。デザイン性が上がっただけでなく、バッテリーを内蔵したことで低重心化、走行安定性を向上させたと謳っている。また、バッテリー位置を変更したことでより小柄な方でも乗車可能となった。タイヤサイズは650B×45Cで、オンロードからオフロードまで安定した走行が可能。価格は33万円(税抜)。

関連記事

Thirdbikes FESMOTOR

THIRDBIKESは、ホダカの自転車ブランド。「ファン」「イージー」「セーフティー」を大切に考え、「あらゆる人が気軽に楽しめるスポーツバイク」をコンセプトにしており、低価格の街乗り用スポーツ自転車をラインナップしている。その中でも、FES MOTORはTHIRDBIKES初のE-Bike。ドライブユニットはBAFANG M200。定格出力250W、最大トルク65Nmを発揮する。バッテリーはフレーム内蔵式で脱着可能な36V 10.4Ah 374Whバッテリーを搭載。価格は19万8000円(税込)。

関連リンク

GIANT製E-Bike用アプリ「RIDECONTROL APP」

GIANT、Liv E-Bike用スマートフォンアプリ「RIDECONTROL APP」が日本国内でも使用可能になった。RIDECONTROL APPは、ナビゲーション機能を搭載したGIANTおよびLivのE-Bike専用アプリケーション。E-Bikeシステムの診断やファームウェアアップデートなど、様々な機能を搭載している。

関連記事

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連