火曜日, 1月 19, 2021

シクロライダー

1548 投稿1 コメント

MAVICホイール付属のロードバイク「コーダブルーム STRAUSS DISC RACE」発売 マビックキシリウムSディスクが付属する限定モデル

総合自転車メーカーのホダカは1月18日、スポーツバイクブランド「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」から、MAVIC (マヴィック) ホイールをスペックインしたアルミロードバイク「STRAUSS DISC RACE (ストラウスディスクレース)」を発売した。 STRAUSS DISC RACEはレーシングアルミロードバイク「STRAUSS DISC 105」をベースにMAVICホイールをスペックインした特別モデル。世界的ホイールメーカーMAVICが日本国内レースやイベントで使用するニュートラルサービス用ニュートラルバイクにSTRAUSS DISC 105が選ばれたことを記念して誕生した。 「ニュートラルバイク」は、MAVIC(マヴィック)がレース現場で、チームや国籍に係わらず中立的な立場で選手のサポートを行う「ニュートラルサービス」において使用されるバイクのこと。日本国内でのニュートラルバイクサービスはレースに限らず、ロングライドイベントでも参加者へのメカニックサポートとして行われており、多くのサイクリストをサポートしている。 STRAUSS DISC RACEには、専用デザインの完成車にMAVICのロードパフォーマンスホイール「Ksyrium S DISC (キシリウム S ディスク)」がセットされた、50台限定モデルでシリアルナンバーが付く。MAVIC Ksyrium S...

ハンドメイド自転車イベント「オンラインハンドメイドバイシクル2021」が 2021年2月13日(土)10時から配信スタート

自転車文化センターは1月15日、オーダーメイド自転車の魅力を紹介するイベント「ハンドメイドバイシクル展」のオンライン展示会「オンラインハンドメイドバイシクル2021」を、2021年2月13日10時より配信開始すると発表した。 自転車文化センターは、自転車文化の普及啓発という観点で自転車に関する様々な書籍や、歴史的な自転車、資料など自転車専門の情報提供機関として活動している。ハンドメイドバイシクル展はオーダーメイドの自転車の魅力を伝える展示会で、今年はオンラインで開催すると発表した。 ハンドメイドバイシクルは、自転車競技者の体格や脚力などに合わせ設計してきたハイレベルな製造技術を応用し、スポーツ用自転車や高齢者・障がい者向けの自転車、より趣味性の高い自転車のための製造技術へと発展。現在では、その技術を学べる専門学校も開設され、若手ビルダーも数多く登場し始めている。 「オンラインハンドメイドバイシクル2021」では、高い技術と自転車に対する深い造詣を持つ国内のビルダー達によって造られた自転車を画像や映像で紹介する。詳しい内容は以下の通り。 ■「オンラインハンドメイドバイシクル2021」 開催期間:2021年2月13日(土)10:00 ~ 2021年3月21日(日) 掲載場所:自転車文化センターHP、並びにSNS(Facebook、Twitter、YouTube) 主催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター/東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル1F 後援:自転車活用推進議員連盟/自転車活用推進本部 内容:(1)ハンドメイド自転車を当センターHP、SNSにて出展社の情報を含めて紹介 ①『スポーツ用自転車』②『街乗り用自転車』③『高齢者・障害者用自転車』 ④『独創的自転車』 以上の4つの分類を設け、日本国内で完成車を制作、販売するハンドメイドビルダーの制作自転車ならびに、「独自の技術により造られているもの」、「斬新な新機構を試作して製品化を目指しているもの」等の自転車を各社1台ずつ紹介。 (2)掲載車を映像に収録し、動画を配信 出展社の中から、実際の工房にカメラマンが訪問し、掲載車ならびに工房の様子を撮影し動画を配信。 (3)ハンドメイドビルダーによるスペシャルオンライントークショー 当会が配信しているYouTube公式チャンネルBPAJ.CHにて、ハンドメイドビルダーによるトークショーをライブ配信 形式で実施。2月13日(土)、3月20日(土)(予定) BPAJ.CH (https://www.youtube.com/channel/UCR4PD-WF_TbbdKUOV1lxa6w) ※新型コロナウィルス感染拡大に伴い、行政機関の命令・指導等により開催中止となる場合がございます。予めご了承ください。 ※本イベントの特徴 初めてオンラインにて開催いたします。出展社の中から掲載車と工房の様子を映像に収録し、配信いたします。また、オンラインによるハンドメイドビルダーのトークショーを実施。トップビルダーならではのトークにも注目です。 出展社(予定) アトリエ・キノピオ、あぶくま自転車工房、岩井商会、WELD ONE、EQUILIBRIUM CYCLE WORKS、エム.マキノサイクルファクトリー、岡安製作所、絹自転車製作所、今野製作所、サイクル&カヌー アマンダスポーツ、サイクルグランボア、サイクルストアーオカダ、SANO MAGIC、Sunrise cycles、Shin・服部製作所、three branch cycles、T R、東叡社、東京サイクルデザイン専門学校、東洋フレーム、ドバッツ・ライノ・ハウス、Bakansu cycles、パナソニックサイクルテック、ビチスポーツ モリアイ、5LINKS.CO.Ltd、プロショップタカムラ製作所、HELAVNA CYCLES、細山製作所、堀田製作所、マツダ自転車工場、macchi cycles、柳サイクル、山音製輪所(五十音順) 関連リンク 日本自転車普及協会

FANTIC E-Bikeがモータリスト合同会社記念キャンペーンを実施 先着でスマートフォンホルダーをプレゼント

モータリストは1月12日、モータリスト合同会社設立記念キャンペーンを実施すると発表した。 モータリスト合同会社は、Lambretta、FANTIC、SYMなどの輸入車両販売を行っている会社。今回、会社設立を記念してスマートフォンホルダーのプレゼントキャンペーンを実施する。 スマートフォンマウントは、広げて使用するトランスフォームタイプ。アルミニウム製の本体はアノダイズ(アルマイト加工)され、表面にMOTORISTSのロゴが刻まれている。プレゼントキャンペーンは、2021年1月以降、モータリストからFANTIC製E-Bikeを購入した人限定で先着30セットとなる。 FANTIC製E-Bikeは、E-MTB「INTEGRA」シリーズと、ファットタイヤのシティモデル「ISSIMO」の2シリーズを展開している。E-MTBのINTEGRAシリーズはEU仕様のため日本国内の公道走行不可。シティモデルのISSIMOは日本国内の公道走行は可能だ。 関連リンク モータリスト 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/37438 https://www.cyclorider.com/archives/42417 https://www.cyclorider.com/archives/37134

2021年最新版 10万円クラスのE-Bikeまとめ 選び方やおすすめモデルも紹介

モーターと電池の力で、脚力をアシストする電動アシスト自転車の中でも、スポーティな走りが楽しめるのがE-Bike。 日本では、クロスバイクタイプのE-Bikeが20万円台から、E-MTBなどオフロード走行に対応したモデルや、パワフルにアシストを行うドライブユニットを搭載したE-Bikeは30万円台から、フルサスペンションタイプのマウンテンバイク型E-Bike(E-MTB)やロードバイクタイプのE-Bikeが40万円台からと高価な事で知られている。価格に関しては日本だけでなく世界でも高価格帯なのが実情だ。 そんな中、数は少ないながら、10万円台のE-Bikeが用意されている。ここでは10万円台のE-Bikeを紹介しよう。 ジャンルで選ぶ 10万円台で購入できるE-Bikeのジャンルはクロスバイクタイプ、ミニベロタイプ、折りたたみ自転車タイプの3タイプがある。 クロスバイクタイプの利点は、人力クロスバイクと同じくサイクリングを重視した車体を採用している事。E-Bikeはモーターだけでなく車体設計も重要で、安定性が高い大径ホイールに、軽量なフレームを採用したクロスバイクタイプのE-Bikeは、長距離走行を重視する人にお薦めだ。 ミニベロタイプの特徴は車体が小さいため取り回しや置き場所に困らない事。E-Bikeは人力自転車よりも車体が重いため持ち上げて移動するのが難しい。そのため、ハンドルやサドルを持って押す必要があるが、このような時、車輪が小さいと狭い場所でも取り回しが良いためミニベロタイプが有利だ。置き場所もミニベロタイプなら車体が小さいので、空いた場所に1台置くことができる。 折りたたみ自転車の特徴は、車体を折りたためるため、小さいスペースに置くことができる事。車体重量は重いため公共交通機関を使う輪行は非常に難しいが、集合住宅に置いたり、自動車に気軽に積むことが可能だ。   バッテリー容量で選ぶ E-Bikeのバッテリー容量は電力量(Wh)単位で表すのが一般的で、電力量(Wh)を計算する場合、電圧(V)とバッテリー容量(Ah)を乗算する。 この方式を採用しているのは、メーカーによって電圧が違うため、バッテリー容量(Ah)だけでは意味が無いため。一般的な電動アシスト自転車の電圧は25.2Vで、シマノやボッシュといった一般的なE-Bikeは36V、スペシャライズド Turbo SLシリーズは48Vを採用しているため、単純にバッテリー容量を比較ができないからだ。 バッテリー容量は大きければ大きいほど、長時間アシストを行い、寒い場所などバッテリーの消耗が激しいエリアでも安心感が高い。サイクリングを楽しむのなら最低でも300Wh以下は欲しいところだ。 シクロライダーがお薦めする10万円台のE-Bike2選 ここではシクロライダーがお薦めする3台のE-Bikeを紹介しよう。 ミヤタ・クルーズ5080(クロスバイクタイプ) ミヤタ クルーズは、ミヤタブランドのE-Bikeのエントリーモデル。10万円台という価格を採用しながら、ドライブユニットはシマノ「STEPS E5080」を採用し、安心感が高いのが特徴だ。バッテリー容量も417Whと大容量で最大航続距離は105キロと長距離サイクリングが楽しめる。ブレーキも10万円台のE-Bikeでは珍しい油圧式ディスクブレーキを搭載し、軽いタッチでブレーキをかける事が可能だ。駆動用バッテリーと共通キーのサークルロックやヘッドライトを装備し、いたれりつくせりのモデルだ。価格は19万9000円(税抜)。 フレーム:CRUISE Lite-Alloy Special Edition Internal Cable & Post Mount フロントフォーク:CRUISE Alloy Disc 重量:18.7kg ブレーキ:シマノ BR-MT220油圧式 ディスクブレーキ ギア(前):シマノ SM-CRE50、W/CG、44T +...

養老鉄道がサイクルトレインの利用可能エリアを拡大 養老線全駅でサイクルトレインの利用が可能に

養老鉄道は1月13日、電車内に自転車をそのまま持ち込めるサイクルトレインの利用可能エリアを広げると発表した。 養老鉄道は、三重県の桑名駅から岐阜県の揖斐駅までを結ぶローカル鉄道で、サイクリング愛好者や地域住民の利便性を高めるためにサイクルトレインを運転している。今回、揖斐駅から播磨駅間で実施しているサイクルトレインの利用可能エリアを桑名駅まで拡大し、養老線の全駅でサイクルトレインの利用が可能となる。 利用可能な列車は、土日祝日はすべての列車で、平日は9時ごろから15時ごろまでの指定列車。また、利用できる列車でも、行事等で車内が混雑する場合は安全上の理由から利用できない事もある。また、10名以上で利用の場合は事前に駅の問い合わせが必要だ。 利用できる車両は、進行方向の前から2両目の車両。持込料金は、普通券・回数券・定期券・企画乗車券など、乗車区間に有効な乗車券を持っている場合、自転車1台を無料で持込可能。また、サイクルトレインの車両の前・後部に円形のヘッドマークが表示されている。 利用拡大実施日は2021年1月16日(土)初列車からとなる。 関連リンク 養老鉄道

超小径折りたたみ自転車「DAHON K3」用カーボンホイールが登場

アキボウは1月12日、DAHON K3向けのカーボンホイールを、全国のDAHON販売店で発売を開始した。 DAHON K3はDAHONの14インチ折りたたみ自転車。超小径自転車ながら、ホイールベースを長くし、直進安定性を重視した車体設計に加え、3段変速を搭載することでちょっとしたポタリングに対応している。 今回登場した極小径車専用カーボンクリンチャーホイールは、DAHON K3にインストールが可能。リアホイールには3速カセットが標準で装着しており、Vブレーキに対応したブレーキパッドホルダーとブレーキシューも同梱される。スポークはSapim製で重量はフロントが300ぐらむ、リアが445グラム。価格はフロントが5万4000円(税抜、以下同)、リアが5万9000円。 スペック Colors / Black Sizes / ETRTO254 Front:74mm Rear:85mm Rim Height / 30mm Weight / Front:300g Rear:445g ※スプロケットを含む Price / Front:¥54,000- Rear:¥59,000- ※税別 関連リンク DAHON

小径電動アシスト自転車「ヤマハ PAS CITY-C/CITY-X」2021年モデル登場 ヤマハ独自のスマートパワーアシストを搭載

ヤマハ発動機は1月8日、20型電動アシスト自転車「PAS CITY-C(パス シティ シー)」「PAS CITY-X(パス シティ エックス)」を発表。2月3日より順次発売する。 「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」は、軽量で取り回しがしやすいコンパクトなアルミ製フレームを採用した20インチ電動アシスト自転車。「PAS CITY-C」は、跨ぎやすく太目のタイヤの装着し、カジュアルなデザインのコンパクトモデル。「PAS CITY-X」はスポーティなデザインのフレームと、一般的なタイヤ幅を採用した電動アシスト自転車として知られている。 2021年モデルの「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」には、新たに「スマートパワーアシスト」を搭載。登坂時などの高回転ペダリングでも伸びやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)の実現、負荷が大きい坂道、負荷が小さい平坦路など状況に合わせて全自動でアシスト力を制御する機構となっている。 今回搭載されるアシスト制御、法律で定められたアシスト範囲内で、さらなる快適登坂走行を目指した。高回転領域の出力アップを行い、低速~中速ギアを使った登坂がさらに快適になったのを謳っている。また、坂道で軽いギア(1速、2速)に切り替えた時などにペダルを漕ぐスピードが速く(高回転)なっても、空回り感なくパワフルなアシストを得られる。 「スマートパワーモード」は、自転車のペダルを漕ぐ力やペダルを回す速さや路面の状況から、最適なアシストパワーを自動で制御する。急な坂道や荷物積載時などアシストパワーが必要なシーンではパワフルにアシストし、アシストの必要性が低くなる平坦路や下り坂ではアシストパワーをセーブする。走行中に「強」モードへの切り替え操作を行わなくても、常に自動で最適なアシスト力が提供される。 PAS CITY-Cは、アルミフレームに内装3段変速を採用した車体は、12.3Ahバッテリーを採用することで、航続距離は48キロから83キロを実現。充電時間は3.5時間。タイヤサイズは20×1.75で、乗車可能身長は140センチメートルから。重量は20.8キログラム。3年間盗難補償付きで11万3000円(税抜、以下同)。 PAS CITY-Xは、アルミフレームに内装3段変速を採用した車体は、12.3Ahバッテリーを採用することで、航続距離は54キロから90キロを実現。充電時間は3.5時間。タイヤサイズは20×1 3/8で、乗車可能身長は153 センチメートルから。重量は21.1キログラム。3年間盗難補償付きで11万7000円。 関連リンク ヤマハ発動機 PAS

【自転車漫画】ナイトライド危機一髪「サイクル。」Part55

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は団子ちゃん危機一髪をお届けします。   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿 最新作は作者のTwitter・Instagramで公開されています。 レンゴクさんのTwitter:https://twitter.com/rengokuH/(作者のTwitter) レンゴクさんのInstagram:https://www.instagram.com/rengokulab/(作者のInstagram) レンゴクさんのWebサイト:http://rengokulab.blog.fc2.com(作者のWebサイト

次世代シェアサイクル「LUUP」がAndroid版アプリをリリース 新型コロナ感染症対策支援も実施

次世代シェアサイクル「LUUP(ループ)」を展開するLuupは1月6日、Android版アプリを正式にリリースした。また同日に、「新型コロナ感染症対策支援」として、ライド料金の10%を支援団体へ寄付し、エッセンシャルワーカーの利用を想定して、深夜帯のライド料金の無料化を実施する。 Luupは、電動アシスト自転車のシェアサイクルサービス。現在、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部で展開している。以下リリースから。 「LUUP」の特徴 ・エリア内ポート数は200を突破。高密度なシェアサイクルを実現。 ・電動アシスト自転車の小型化に成功し、小さなスペースでもポート設置を可能に。 ・LUUP電動キックボードと小型電動アシスト自転車をほぼ同一サイズで開発。将来的には、電動キックボードや、その他のマイクロモビリティを同サービス内ポートに設置予定。 ご利用方法(iOS・Androidアプリ共通) 1. 街中のLUUPポートを見つけて、乗りたい小型電動アシスト自転車を選びます。ポートの場所に加えて、台数、電池残量はアプリ内からも確認できます。 2. アプリを立ち上げて、QRコードをカメラで読み取ります。 3. アプリ内マップから、目的地ポートを予約します。 4. 目的地ポートまで安全にライドを楽しみます。 5. 目的地ポートに到着したら、自転車の鍵をかけ、枠線内に駐車し、写真を撮影します。 6. 写真を送信し、決済を行います。 ※LUUPのご利用にはクレジットカード情報の登録が必要です。 【Android版アプリではご利用できない機能】 以下の機能は現在Android版アプリでご利用できません。 ・「新事業特例制度」を用いた電動キックボードの実証実験におけるライド ・近畿大学での電動キックボードの実証実験におけるライド ・一部時間制限ポートの表示と当該ポートを利用するライド など 順次機能追加を行いますので、少々お待ちください。 「新型コロナ感染症対策支援」詳細 2021年1月6日(水)より「新型コロナ感染症対策支援」として、以下を実施いたします。Luupは、引き続き皆さまの必要不可欠な外出を支援するとともに、新型コロナウイルス感染症対策に従事されている人々の支援を行います。 ①ライド料金の一部を新型コロナウイルス感染症対応関連の募金プロジェクトへ寄付 ・内容:ライド料金の10%を期間終了後に寄付いたします ・期間:2021年1月6日(水)より1月19日(火)までの2週間 ・対象者:上記期間内にライドをしたLUUPユーザー全員 ・参加方法:通常通りライドいただくだけで参加が可能です ②エッセンシャルワーカーの利用を想定して、深夜帯のライド料金を無料化 ・内容:公共交通機関の利用ができない可能性が高い時間帯のライド料金を無料化します ・期間:2021年1月6日(水)より1月31日(日)まで ・時間帯:午前1:00〜5:59 ・対象者:上記時間内にライドを開始かつ終了したLUUPユーザー全員 ・参加方法:通常通りライドいただくだけで参加が可能です ※上記時間外にライドを行った場合、その分の料金は課金されます。 ※適用時間内に課金が行われてしまった場合は、アプリ内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。 【備考】 ・内容や期間は告知なく変更・終了することがあります。 ・近畿大学での電動キックボードの実証実験におけるライドは対象外です。 関連リンク Luup

岡山県サイクリングプロジェクト「ハレいろ・サイクリングOKAYAMA」がコンテンツ拡充、様々なサイクリスト向け情報を公開

岡山県は1月8日、岡山県内のサイクリングの魅力を発信する「ハレいろ・サイクリングOKAYAMA」で、新たなコンテンツを公開した。 「ハレいろ・サイクリングOKAYAMA」は、瀬戸内海や吉備高原、中国山地エリアのサイクリング情報を公開しているWebサイト。サイト内には、4K撮影のコンセプトムービーやルート紹介動画、著名サイクリストによる岡山でのサイクリング体験レポ、岡山県が推奨する8ルートのサイクリングルートマップなどのコンテンツを掲載している。 今回、新たに海外サイクリストに向け、専用WEBサイトの写真やコンセプト動画を刷新し、海外の人にも岡山のサイクリングの魅力を発信する。他にもStrava(ストラバ)による情報や獲得標高などのデータが充実。グルメや自然、歴史、温泉など趣味嗜好からルートを選べるHAREIRO CATEGORYページや、鳥取県と岡山県の県境を跨ぐ広域推奨ルート「日本海・瀬戸内ルート」の紹介ページも新たに公開する。以下リリースから。 ●「海外向けページ」の公開 サイト情報の翻訳はもちろん、海外の方に興味関心をもってもらえるサイトを構築。写真やコンセプトムービーを刷新し、ハレいろ・サイクリングの魅力を海外に向けて発信。 ●サイクリストにうれしい情報拡充 推奨8ルートにおいて、獲得標高や平均所要時間、オススメの時期、ストラバ(ルートのナビゲーションにも活用でき、走行データや走行タイムが記録され共有できるアプリ)でのルート情報、ルートまでのアクセス情報、ルート内のパーキングエリア、宿泊施設などサイクリストにうれしい情報を公開。 ●「HAREIRO CATEGORY」コンテンツを公開 「グルメ」、「自然」、「歴史」、「温泉」の4つのカテゴリーで、サイクリストにとって旅の目的・ご褒美となるおすすめスポット情報をまとめて紹介。 ●「日本海・瀬戸内ルート」紹介ページ公開 <日本海・瀬戸内ルートの概要>鳥取から岡山へと県境を跨ぐ、四季折々の美しい自然やグルメ、温泉、歴史などのバラエティ豊かなスポットに囲まれた長距離ルート。変化に富んだ3つのルートが1つになり、時間をかけてたっぷりと満喫できる自転車旅にうってつけのルートです。 関連リンク ■「ハレいろ・サイクリングOKAYAMA」多言語版専用WEBサイト 英:https://www.okayama-kanko.jp/hareiro-cycling/en/ 繁:https://www.okayama-kanko.jp/hareiro-cycling/zh/ ■「ハレいろ・サイクリングOKAYAMA」日本語版専用WEBサイト https://www.okayama-kanko.jp/hareiro-cycling/

FUJIのE-Bikeが24時間無料で乗れる!「BOOST U 1 day EXPERIENCE PROGRAM」を実施

FUJI(フジ)日本総代理店であるアキボウは1月8日、京都市内で電動スポーツバイク「BOOST U」を最大24時間フリーレンタルできるキャンペーンを実施する。 BOOST U 1 day EXPERIENCE PROGRAMは、京都市内にてFUJIのE-BIKE「BOOST U」の2モデルが24時間フリーレンタルできるイベント。従来の短時間の試乗とは違い、24時間と長時間の試乗を、街中で自由に使用できるため、より現実的なE-Bikeの体験が可能とる。BOOST Uの試乗だけでなく、京都市内を観光で使うこともできる。 BOOST U 1 day EXPERIENCE PROGRAM <日程> 2021年1月8日(金)~ 2021年2月7日(日)まで ※時間は開催店舗のの営業時間に準じます。 <開催店舗> KON’S CYCLE 蛸薬師店 〒604-8063 京都府京都市中京区油屋町141 tel: 075-231-3011 <対象モデル> FARPOINT https://www.fujibikes.jp/products/farpoint/ MOTIVATOR https://www.fujibikes.jp/products/motivator/ ※車体の台数にはそれぞれ限りがありますので、事前の予約などをお勧めいたします。 <レンタル条件> レンタルの流れに即して条件を承諾いただける方に限り、最大24時間、対象モデルを無償でレンタルをさせていただきます。 01. 指定のinstagramアカウントをフォローしてください。 02. 開催店舗にて注意事項を聞いた上で、車体をレンタルしてください。 03. レンタサイクルをご利用中に車体の写真を撮影し、指定のハッシュタグをつけて投稿してください。 04. 引き続きレンタサイクルをお楽しみください。 05. 24時間以内に店舗に返却を行ってください。 <指定instagramアカウント> FUJI...

NESTO/P&P COMPONENTSが2021年マウンテンバイクサポートライダーを発表

総合自転車メーカーホダカは1月8日、スポーツサイクルブランド「NESTO (ネスト)」ならびに自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ) 」の2021年サポートライダーを発表した。 昨年からサポートしている黒瀬文也選手、矢吹優夏選手に加え、新たに男子マスターズカテゴリーの岡本紘幸選手と契約を締結。マウンテンバイククロスカントリーのトップ選手をサポートし、1年間を共に戦い抜きます。 NESTO/P&P COMPONENTS 2021年サポートライダー 岡本紘幸選手 (EXLUB project) 2020年戦績 第33回全日本自転車競技選手権大会XCO 男子マスターズ30 第2位 第33回全日本自転車競技選手権大会XCE 男子マスターズ 優勝 第33回全日本自転車競技選手権大会XCC 男子マスターズ 優勝 黒瀬文也選手 2020年戦績 2020 Coupe du Japon CJ-1菖蒲谷クロスカントリー...

貴重品をさっと出せるミニマルなボディバッグ「CHESPOCK」がクラウドファンディングを実施

きびだんごは1月7日、同社が運営するクラウドファンディングサービス「Kibidango」で、「フットワークよく暮らすためのミニマルボディバッグ【CHESPOCK】」のプロジェクトを期間限定で開催すると発表した。 【CHESPOCK】(チェスポック)は、本当に使えるサイズを意識したミニマムなボディバッグ。出張や旅行先でのサブバッグや、普段のちょっとした外出時に最適な構造となっているのが特徴だ。快適な使い心地、気軽な外出をサポート、自転車との高い親和性を売りにしている。素材は人工皮革「クラリーノ」をベースとした撥水仕様の生地を採用している。 バックパックを背負った際にショルダーストラップの間にすっぽりと収まる設計となっており、バックパックにジョイントせずとも、違和感のない使い心地を売りにしている。また、単体でも必要最小限のものは持ち運べるようになっている。また、振動などによるブレを低減しているため、サイクリングにも役立ちそうだ。 L字型の開口ジップはスマートフォン専用スペースで、6.7インチのiPhone 12Pro MAXまで収納できる。また、マチ無しのポケットを付帯しており、チケットや切符、駐車券、通帳、パスポートなどの収納にも対応。 L字型に大きく開口する仕組みにより、スムーズな出し入れを可能にしている。メインスペースは財布・キーケースなどを収納可能だ。さらに、薬やロッカーキー、キーホルダー、SDカード、自転車の鍵などを入れて置ける隠しポケット装備している。 価格は以下の通り。 ・CHESPOCK 【超早割】:¥8,990(10個限定) 【早割】:¥9,550(30個限定) 【きびだんご特別価格】:¥9,980 ・CHESPOCK 2個セット 【超早割】:¥15,900(5セット限定) 【早割】:¥17,200(10セット限定) 【きびだんご特別価格】:¥18,500 関連リンク CHESPOCK(チェスポック)クラウドファンディングページ

福岡のサイクルロードレースチーム「VC福岡」が新体制を発表 サポーターも募集中

福岡を本拠地とするサイクルロードレースチーム「VC福岡」は1月5日、2021年ジャパンサイクルリーグに参戦するメンバーを発表した。また、同じくサポーターの募集も行っている。以下、リリースから。 ジャパンサイクルリーグは、2021シーズンより国内に新たなサイクルロードレースリーグ(名称:JCL)スタート致します。⽇本サイクルロードレースに新たな歴史を作るべく、地域密着型チームが⼀枚岩となりリーグを構成します。JCLは、地域創⽣をキーワードにサイクルロードレースで地域活性化を進めてまいります。主な加盟チームは、ホームタウンを持つ地域密着型チームを中⼼に、国際⾃転⾞競技連合加盟の国内コンチネンタルチームで構成され、ホームチーム、⾃治体、JCLの3者連携により全国各地に魅⼒あるサイクルロードレース開催。 【トップチーム(JCL参戦)選手】 武井裕   継続 持留叶汰郎 継続 東優仁   昇格(VC福岡エリートより) 檜室建斗  昇格(VC福岡エリートより) 本多晴飛  新加入(ALL OUT rericより移籍) 中川智   新加入(ヴィクトワール広島より移籍) 向川尚樹  新加入(マトリックスパワータグより移籍) 【チームマネージャー 佐藤信哉】 2020JBCFエリート総合成績に貢献した檜室建斗。 そして同じく、2019シーズンよりE3からステップアップし、 2020個人総合優勝を果たした生え抜きの東優仁。 このサテライトチームの2名がトップチームへ昇格を果たしました。 また、他競技(トライアスロン)でも活躍し、圧倒的な身体能力の高さを誇る本多晴飛を迎えました。 こうした競技歴は浅いけれども潜在能力を秘める若き新戦力に加え、 マトリックスパワータグより向川尚樹、ヴィクトワール広島より中川智の、 レース経験豊富なベテラン選手を招聘できたことを嬉しく思います。 シーズンインまでに合宿を重ね、 ベテラン選手と若手選手が上手く融合し、アグレッシブに戦えるチームを目指します! 【新規加入選手のご紹介】 東優仁(Azuma Yuto) 生年月日 2001年9月7日(19歳) 出身地  大阪府枚方市 前年所属 VC福岡エリート(昇格) 主な戦績 2020年Jエリートツアー年間個人 総合優勝 <コメント> VC福岡3年目にしてやっとトップチームで走らせていただけることになりました。 生意気ですぐ調子に乗る自称VC福岡の秘密兵器東優仁です! 新しい年を迎え、3ヶ月猛練習し、シーズンインを迎えたいと思います。 カッコ良くて、皆に認めて貰えるような選手になれるように頑張ります!! 本多晴飛(Honda Haruhi) 生年月日 2000年4月2日(19歳) 出身地  兵庫県明石市 前年所属 ALL OUT reric 主な戦績 2020年 Jエリートツアー年間個人総合4位 2020年 大分ロードレース E1 優勝 2019年 トライアスロン U19選手権 4位 <選手コメント> 競技歴は浅いですが新リーグで活躍出来るよう頑張ります! 新入りですがよろしくお願いします! 檜室建斗(Himuro Kento) 生年月日 1990年1月28日(30歳) 出身地  福岡県八女市 前年所属 VC福岡エリート(昇格) 主な戦績 2020年Jエリートツアー年間個人総合5位 <選手コメント> ニックネームはヒム69です。 国内最高峰のリーグで走るチャンスを頂けた事に感謝し、 ヒム69の走るレースが見たいと思ってもらえる様な走りが出来るよう、 開幕に向けての練習に取り組んでいきます。 中川智(Nakagawa Satoshi) 生年月日 1979年3月21日(41歳) 出身地  奈良県 前年所属 ヴィクトワール広島 主な戦績 2016年 Jプロツアー山口タイムトライアル 14位 渡良瀬タイムトライアル 18位 <選手コメント> 新たなリーグの始まる年に!VC福岡で走らせて頂くのは光栄です。 監督とは同じ歳で年配!中堅!若手とバランスよく揃っておりますので、 みんなで一丸となってチームの走りをしていきます。 自身は中年の星になるような応援して貰える走りを目指しますので宜しくお願い致します。 向川尚樹(Mukaigawa Naoki) 生年月日 1980年12月27日(40歳) 出身地  大阪府河内長野市 前年所属 マトリックスパワータグ 主な戦績 2010年 ツールド熊野 個人総合 6位 2016年 JBCF西日本トラック スクラッチ 優勝 <選手コメント> 40歳の自分に走れる環境を与えて頂いた、チーム及び監督に感謝しています。 レース活動の中で、今まで走ってきた経験を若い選手に伝えられたらと思っています。 自身も新しい環境&若い選手から刺激を貰い、チームに貢献できるように頑張ります。 関連リンク VC福岡 VC福岡サポーター募集ページ  

パナレーサーから16インチミニベロ用タイヤ・チューブが登場 耐摩耗、耐貫通パンク強化仕様

パナレーサーは1月6日、新たに16インチ用ミニベロ(小径自転車)用タイヤ「CrossTown」とチューブを発表した。 今回、市場から要望のあった16×1 3/8サイズ用タイヤ・チューブがラインアップに加わった。タイヤには耐摩耗性コンパウンドを採用し耐久性を重視し、トレッド下にPRベルトが入った耐貫通パンク強化構造も採用している。タイヤサイドには反射リフレクターが付きロングライドから通勤まで幅広く対応。チューブは米式・仏式バルブそれぞれを用意している。 タイヤ 品名:CrossTown 品番:8W1683-B-CTRE サイズ:16×1 3/8 カラー:ブラック 重量:390g 仕様:リフレクター付き 価格:2,640円(税抜参考価格) ※21年1月発売(予定) チューブ(米式バルブ) 品名:補修用チューブ 品番:VTW1683-A サイズ:16×1 3/8 バルブ:米式35mm 価格:オープン ※21年1月発売(予定) チューブ(仏式バルブ) 品名:補修用チューブ 品番:VTW1683-MF サイズ:16×1 3/8 バルブ:仏式40mm 価格:オープン ※21年1月発売(予定) <商品に関するお問い合わせ> パナレーサー株式会社 お客様相談室 電話番号:0795-82-6806 (土日祝日および当社休業日を除く平日9:00~17:00) URL:https://panaracer.co.jp/ 関連リンク Panaracer

サイクルベースあさひから小径電動アシスト自転車「エナシスコンパクト」登場 10万円以下ながら大容量バッテリー搭載

あさひは1月6日、小径タイプの電動アシスト自転車「ENERSYS compact(エナシスコンパクト)」を発表。2021年1月中旬より販売開始する。 エナシスコンパクトは、都心の暮らしでの使いやすさを考えた小型サイズの電動アシスト自転車。アルミフレームの車体は全長約156cm・高さ約99cmと、狭い街中でも操作しやすく、マンションの玄関・室内での保管にも適しているコンパクトな車体を採用している。   ドライブユニットはあさひオリジナルの電動アシストユニット「PLUS-D」で、36V×10.3Ahバッテリーの組み合わせで最大航続距離80キロを実現した。大きな前バスケットと専用オプションキャリアを用意しており、実用性も重視している。ギアは内装3段変速を搭載。価格は9万9800円(税込、以下同)。 名  称:ENERSYS compact(エナシスコンパクト) 販 売 日:2021年1月中旬 販売価格:99,980円(税込) カ ラ ー : マットマスタード/マットカーキ/マットブラック フレーム:アルミ製 サイズ/適応身長:20型/145cm~ 変  速:内装3段変速 重  量:22.8kg 充電時間:5~6時間 バッテリー:リチウムイオンバッテリー 36v×10.3Ah (25.2V換算 14.7Ah相当) 走行距離:エコモード約80km/標準モード約60km/パワーモード約50km 購入方法:全国のサイクルベースあさひおよびサイクルベースあさひ公式オンラインショップ ※一部店舗ではお取り寄せになります。 関連リンク サイクルベースあさひ エナシスコンパクト

ミヤタからハードテールE-MTB「リッジランナー 6180」が登場 30万円台前半のお手頃価格で乗れるE-MTB

ミヤタサイクルからハードテールE-MTB「リッジランナー 6180」が登場した。 ミヤタのE-MTB「リッジランナーシリーズ」には、シマノ STEPS E8080を搭載したハードテールE-MTB「リッジランナー」と、シマノ STEPS E8080を搭載したフルサスペンションE-MTB「リッジランナー8080」の2モデルが用意されている。今回登場したリッジランナー 6180は、シマノ STEPS E6180を搭載したハードテールE-MTBだ。 フレームはアルミフレームで、上位モデルのハードテールE-MTB「リッジランナー」の設計を受け継ぎつつ、チェーンステーやヘッドチューブ長を短くするなど、細かい所を変更している。 ドライブユニットはシマノのミドルグレードのE-Bike用ユニット「STEPS E6180」を採用。定格出力250W、最大トルク60Nmと必要十分のパワーとトルクを持っている。 下り走行での取り回しを向上させるドロッパーシートポストや、フロントサスペンションを固定させるリモートロックアウト機構を採用するなど、豊富な装備を採用しつつ、価格を31万9000円(税抜)に押さえている。 フレーム:RIDGE-RUNNER Alloy Special Edition 27.5 フロントフォーク: SR SUNTOUR SF18-XCR34-DS-BOOST-RLR 重量:21.2kg ブレーキ:Shimano BR-MT200 Disc 180mm...

大分県でプロサイクルチーム「Sparkle Oita Racing Team」が発足 クラウドファンディングも実施

3SEEDSは1月1日、自転車による地域づくりを推進するプロサイクルチーム「Sparkle Oita Racing Team」(以下、Sparkle Oita)を発足させた。 3SEEDS株式会社は「Sparkle Oita Racing Team」を運営する組織。チーム名にあるSparkleは、国内を代表するスプリンターやオールラウンダーが集結し、火花を散らし疾走する姿が閃光(SPARKLE)を彷彿させるために名付けられただけでなく、おんせん県おおいたを自転車で盛り上げていきたいという願いから”温泉”(スパ)と”自転車”(サイクル)を組み合わせた意味も込められいる。 チームのビジョンは「九州に熱狂を生み、世界に挑む。」。世界に通用する温泉や食文化など豊富な資源をもっている九州の可能性を背景とし、「九州をひとつに」をテーマに新たな文化を創造し、世界に挑戦するとのこと。 また、チーム発足にあわせて、クラウドファウンディングサイト「Sandwich」上で支援を募っている。先日、当初目標の50万円を達成し、NEXTゴールの500万円を目指している。クラウドファウンディング限定のリターンも用意している。 大分にプロサイクルチームを新たに立ち上げたい。 まちなかに熱狂をもたらし、大分から九州をひとつに。 https://sandwichcrowd.com/project/detail/726 (Sandwich内 募集記事) 「Sparkle Oita Racing Team」メンバー一覧 黒枝 士揮(くろえだ しき) スプリンター | 1992/1/8 | 大分県出身 | 代表取締役 弟である咲哉と兄弟でチームの立ち上げを決めたのがちょうど1年前。地元である九州・大分に戻ってきて、地域密着のチームを作り、自転車というツールを使って地域交流をしたり、自転車でしか見れない地域の魅力や景色を発信をして、地元を盛り上げようと話し合いました。コロナ禍で自転車競技のみならずどこのチームも運営が厳しい逆境の中、私たちのチームは発足します。 不安になることも、無謀だと揶揄されることも多々ありました。それでも、いま、私達のチームには最高の選手たちとスタッフが集結しています。そしてそれを支えてくださるスポンサー様やサポーターの皆様がいます。情熱と夢だけが原動力だった兄弟のプロジェクトに、いまはどのチームにも負けない速さと勝利への兆しが見えてきました。 今年はホームタウンの大分だけでなく九州全土に明るいニュースをお届けする存在になれるように、頑張っていきたいと思います!応援よろしくお願いします。 過去の所属チーム 2010年〜鹿屋体育大学 ...

TOP AUTHORS

1548 投稿1 コメント
- Advertisment -

Most Read

MAVICホイール付属のロードバイク「コーダブルーム STRAUSS DISC RACE」発売 マビックキシリウムSディスクが付属する限定モデル

総合自転車メーカーのホダカは1月18日、スポーツバイクブランド「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」から、MAVIC (マヴィック) ホイールをスペックインしたアルミロードバイク「STRAUSS DISC RACE (ストラウスディスクレース)」を発売した。 STRAUSS DISC RACEはレーシングアルミロードバイク「STRAUSS DISC 105」をベースにMAVICホイールをスペックインした特別モデル。世界的ホイールメーカーMAVICが日本国内レースやイベントで使用するニュートラルサービス用ニュートラルバイクにSTRAUSS DISC 105が選ばれたことを記念して誕生した。 「ニュートラルバイク」は、MAVIC(マヴィック)がレース現場で、チームや国籍に係わらず中立的な立場で選手のサポートを行う「ニュートラルサービス」において使用されるバイクのこと。日本国内でのニュートラルバイクサービスはレースに限らず、ロングライドイベントでも参加者へのメカニックサポートとして行われており、多くのサイクリストをサポートしている。 STRAUSS DISC RACEには、専用デザインの完成車にMAVICのロードパフォーマンスホイール「Ksyrium S DISC (キシリウム S ディスク)」がセットされた、50台限定モデルでシリアルナンバーが付く。MAVIC Ksyrium S...

ハンドメイド自転車イベント「オンラインハンドメイドバイシクル2021」が 2021年2月13日(土)10時から配信スタート

自転車文化センターは1月15日、オーダーメイド自転車の魅力を紹介するイベント「ハンドメイドバイシクル展」のオンライン展示会「オンラインハンドメイドバイシクル2021」を、2021年2月13日10時より配信開始すると発表した。 自転車文化センターは、自転車文化の普及啓発という観点で自転車に関する様々な書籍や、歴史的な自転車、資料など自転車専門の情報提供機関として活動している。ハンドメイドバイシクル展はオーダーメイドの自転車の魅力を伝える展示会で、今年はオンラインで開催すると発表した。 ハンドメイドバイシクルは、自転車競技者の体格や脚力などに合わせ設計してきたハイレベルな製造技術を応用し、スポーツ用自転車や高齢者・障がい者向けの自転車、より趣味性の高い自転車のための製造技術へと発展。現在では、その技術を学べる専門学校も開設され、若手ビルダーも数多く登場し始めている。 「オンラインハンドメイドバイシクル2021」では、高い技術と自転車に対する深い造詣を持つ国内のビルダー達によって造られた自転車を画像や映像で紹介する。詳しい内容は以下の通り。 ■「オンラインハンドメイドバイシクル2021」 開催期間:2021年2月13日(土)10:00 ~ 2021年3月21日(日) 掲載場所:自転車文化センターHP、並びにSNS(Facebook、Twitter、YouTube) 主催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター/東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル1F 後援:自転車活用推進議員連盟/自転車活用推進本部 内容:(1)ハンドメイド自転車を当センターHP、SNSにて出展社の情報を含めて紹介 ①『スポーツ用自転車』②『街乗り用自転車』③『高齢者・障害者用自転車』 ④『独創的自転車』 以上の4つの分類を設け、日本国内で完成車を制作、販売するハンドメイドビルダーの制作自転車ならびに、「独自の技術により造られているもの」、「斬新な新機構を試作して製品化を目指しているもの」等の自転車を各社1台ずつ紹介。 (2)掲載車を映像に収録し、動画を配信 出展社の中から、実際の工房にカメラマンが訪問し、掲載車ならびに工房の様子を撮影し動画を配信。 (3)ハンドメイドビルダーによるスペシャルオンライントークショー 当会が配信しているYouTube公式チャンネルBPAJ.CHにて、ハンドメイドビルダーによるトークショーをライブ配信 形式で実施。2月13日(土)、3月20日(土)(予定) BPAJ.CH (https://www.youtube.com/channel/UCR4PD-WF_TbbdKUOV1lxa6w) ※新型コロナウィルス感染拡大に伴い、行政機関の命令・指導等により開催中止となる場合がございます。予めご了承ください。 ※本イベントの特徴 初めてオンラインにて開催いたします。出展社の中から掲載車と工房の様子を映像に収録し、配信いたします。また、オンラインによるハンドメイドビルダーのトークショーを実施。トップビルダーならではのトークにも注目です。 出展社(予定) アトリエ・キノピオ、あぶくま自転車工房、岩井商会、WELD ONE、EQUILIBRIUM CYCLE WORKS、エム.マキノサイクルファクトリー、岡安製作所、絹自転車製作所、今野製作所、サイクル&カヌー アマンダスポーツ、サイクルグランボア、サイクルストアーオカダ、SANO MAGIC、Sunrise cycles、Shin・服部製作所、three branch cycles、T R、東叡社、東京サイクルデザイン専門学校、東洋フレーム、ドバッツ・ライノ・ハウス、Bakansu cycles、パナソニックサイクルテック、ビチスポーツ モリアイ、5LINKS.CO.Ltd、プロショップタカムラ製作所、HELAVNA CYCLES、細山製作所、堀田製作所、マツダ自転車工場、macchi cycles、柳サイクル、山音製輪所(五十音順) 関連リンク 日本自転車普及協会

FANTIC E-Bikeがモータリスト合同会社記念キャンペーンを実施 先着でスマートフォンホルダーをプレゼント

モータリストは1月12日、モータリスト合同会社設立記念キャンペーンを実施すると発表した。 モータリスト合同会社は、Lambretta、FANTIC、SYMなどの輸入車両販売を行っている会社。今回、会社設立を記念してスマートフォンホルダーのプレゼントキャンペーンを実施する。 スマートフォンマウントは、広げて使用するトランスフォームタイプ。アルミニウム製の本体はアノダイズ(アルマイト加工)され、表面にMOTORISTSのロゴが刻まれている。プレゼントキャンペーンは、2021年1月以降、モータリストからFANTIC製E-Bikeを購入した人限定で先着30セットとなる。 FANTIC製E-Bikeは、E-MTB「INTEGRA」シリーズと、ファットタイヤのシティモデル「ISSIMO」の2シリーズを展開している。E-MTBのINTEGRAシリーズはEU仕様のため日本国内の公道走行不可。シティモデルのISSIMOは日本国内の公道走行は可能だ。 関連リンク モータリスト 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/37438 https://www.cyclorider.com/archives/42417 https://www.cyclorider.com/archives/37134

2021年最新版 10万円クラスのE-Bikeまとめ 選び方やおすすめモデルも紹介

モーターと電池の力で、脚力をアシストする電動アシスト自転車の中でも、スポーティな走りが楽しめるのがE-Bike。 日本では、クロスバイクタイプのE-Bikeが20万円台から、E-MTBなどオフロード走行に対応したモデルや、パワフルにアシストを行うドライブユニットを搭載したE-Bikeは30万円台から、フルサスペンションタイプのマウンテンバイク型E-Bike(E-MTB)やロードバイクタイプのE-Bikeが40万円台からと高価な事で知られている。価格に関しては日本だけでなく世界でも高価格帯なのが実情だ。 そんな中、数は少ないながら、10万円台のE-Bikeが用意されている。ここでは10万円台のE-Bikeを紹介しよう。 ジャンルで選ぶ 10万円台で購入できるE-Bikeのジャンルはクロスバイクタイプ、ミニベロタイプ、折りたたみ自転車タイプの3タイプがある。 クロスバイクタイプの利点は、人力クロスバイクと同じくサイクリングを重視した車体を採用している事。E-Bikeはモーターだけでなく車体設計も重要で、安定性が高い大径ホイールに、軽量なフレームを採用したクロスバイクタイプのE-Bikeは、長距離走行を重視する人にお薦めだ。 ミニベロタイプの特徴は車体が小さいため取り回しや置き場所に困らない事。E-Bikeは人力自転車よりも車体が重いため持ち上げて移動するのが難しい。そのため、ハンドルやサドルを持って押す必要があるが、このような時、車輪が小さいと狭い場所でも取り回しが良いためミニベロタイプが有利だ。置き場所もミニベロタイプなら車体が小さいので、空いた場所に1台置くことができる。 折りたたみ自転車の特徴は、車体を折りたためるため、小さいスペースに置くことができる事。車体重量は重いため公共交通機関を使う輪行は非常に難しいが、集合住宅に置いたり、自動車に気軽に積むことが可能だ。   バッテリー容量で選ぶ E-Bikeのバッテリー容量は電力量(Wh)単位で表すのが一般的で、電力量(Wh)を計算する場合、電圧(V)とバッテリー容量(Ah)を乗算する。 この方式を採用しているのは、メーカーによって電圧が違うため、バッテリー容量(Ah)だけでは意味が無いため。一般的な電動アシスト自転車の電圧は25.2Vで、シマノやボッシュといった一般的なE-Bikeは36V、スペシャライズド Turbo SLシリーズは48Vを採用しているため、単純にバッテリー容量を比較ができないからだ。 バッテリー容量は大きければ大きいほど、長時間アシストを行い、寒い場所などバッテリーの消耗が激しいエリアでも安心感が高い。サイクリングを楽しむのなら最低でも300Wh以下は欲しいところだ。 シクロライダーがお薦めする10万円台のE-Bike2選 ここではシクロライダーがお薦めする3台のE-Bikeを紹介しよう。 ミヤタ・クルーズ5080(クロスバイクタイプ) ミヤタ クルーズは、ミヤタブランドのE-Bikeのエントリーモデル。10万円台という価格を採用しながら、ドライブユニットはシマノ「STEPS E5080」を採用し、安心感が高いのが特徴だ。バッテリー容量も417Whと大容量で最大航続距離は105キロと長距離サイクリングが楽しめる。ブレーキも10万円台のE-Bikeでは珍しい油圧式ディスクブレーキを搭載し、軽いタッチでブレーキをかける事が可能だ。駆動用バッテリーと共通キーのサークルロックやヘッドライトを装備し、いたれりつくせりのモデルだ。価格は19万9000円(税抜)。 フレーム:CRUISE Lite-Alloy Special Edition Internal Cable & Post Mount フロントフォーク:CRUISE Alloy Disc 重量:18.7kg ブレーキ:シマノ BR-MT220油圧式 ディスクブレーキ ギア(前):シマノ SM-CRE50、W/CG、44T +...