GSジャパンからオリジナル自転車ブランド「CROMO」登場 E-Bike、クロスバイク、折り畳み自転車、キッズバイクを展開

- Advertisement -

GSジャパンは9月3日、オリジナル自転車ブランド「CROMO」(クロモ)の取扱いを開始すると発表した。

GSジャパンは、「Jeep」や「Volkswagen」、「AVIREX」などのライセンス自転車や、トライアングルフレームが特徴的な折り畳み自転車「STRiDA(ストライダ)」の総輸入代理店。CROMOのブランドマークは、大地に恵を与える光輝く太陽や、自転車のスプロケットをイメージしているとのこと。

製品ラインナップは、E-Bike、クロスバイク、折り畳み自転車、キッズバイクの4機種をラインナップした。

E-BikeのCR-F206eは、折り畳み自転車タイプのE-Bike。バッテリーはフレーム内蔵の36V 270Whバッテリーを搭載。モーターはリアインホイールモーターで定格出力250W。バッテリーを挿したまま充電が可能なUSBポートや、CROPS製の1ワットLEDライトを搭載している。価格は16万5000円(税込、以下同)。

クロスバイクタイプのCR-707Aは、アルミフレームに前後同時点灯ライト “ピカッとリンク”、泥除けを装備した街乗り向けクロスバイク。変速は外装7段変速。価格は5万円。

CR-FD207Sは折り畳み自転車。​フロントキャリア、CROPS製のハブダイナモライトを標準装備している。フレームはスチール製で外装7段変速。価格は3万8000円。

CR-16K/CR-18Kは、16インチ/18インチの子供用自転車。オリジナル設計で、工具不要で折りたためる補助輪を標準装備している。価格は3万3000円。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連