ミヤタからマルチパーパスに使えるグラベルE-Bike「ROADREX i 6180」登場 スマートなルックスを実現

- Advertisement -

ミヤタサイクルは5月10日、MIYATA初のインチューブバッテリーを採用したグラベルロードタイプのE-Bike「ROADREX i 6180」を発表した。

MIYATAのROADREXシリーズは、Shimano製のE-Bikeユニット「STEPS」を搭載したグラベルロードタイプのE-Bikeとして知られている。従来型のROADREXは縦置きバッテリーを採用していたが、今回登場したROADREX i 6180は、同日に登場したCRUISE i 6180と同じく、バッテリーをフレームに内蔵したインチューブバッテリーを採用した。

これにによりデザイン性が上がっただけでなく、バッテリーを内蔵したことで低重心化、走行安定性を向上させたと謳っている。また、バッテリー位置を変更したことでより小柄な方でも乗車可能となった。バッテリーは36V 11.6Ah 418WhのDARFON製リチウムイオンバッテリーを採用。

ドライブユニットは「SHIMANO STEPS E6180」。定格出力250W、最大トルク60Nmを発揮する。シフターは、グラベルツーリング向けに開発されたSHIMANO GRXを採用。変速段数は外装10段となる。ブレーキはSHIMANO製油圧式ディスクブレーキを採用した。

タイヤサイズは650B×45Cで、オンロードからオフロードまで安定した走行を可能なグラベルロードらしいタイヤチョイスとなっている。また、オプションで前後キャリヤやドロヨケ、スタンドが装着可能。価格は33万円(税抜)。2021年9月発売予定。

ROADREX i 6180のスペック

  • フレーム:アルミ, Internal Battery, フラットマウント, スルーアクスル:M12x142mm
  • フロントフォーク:アルミ, フラットマウント, スルーアクスル:M12x100mm
  • 重量:-
  • ブレーキ:SHIMANO, GRX BR-RX400 油圧式 ディスクブレーキ
  • ギア(前):SHIMANO, SM-CRE80, W/O CG, 47T / アルミクランク 170mm(W/MIYATA LOGO)
  • ギア(後):10S, 12-40T
  • フロントホイール:完組ホイール,スルーアクスル
  • リアホイール:完組ホイール,スルーアクスル
  • タイヤ:650B×45C, BROWN SIDE, 60TPI, F/V
  • ドライブユニット:シマノ・STEPS E6180(定格出力 250W、最大トルク60Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:DARFON E4C0D, INTUBE BATTERY, 36V, 11.6AH, (418Wh)
  • 充電時間:0~80%まで約3時間 0~100%まで約3.5時間
  • アシストモード:3段階(ECO/NORMAL/HIGH)
  • 航続距離:(105/85/70km)

関連リンク

関連記事

ミヤタ CRUISE i 6180とROADREX i 6180の実車をチェック

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連