2020年モデルの注目のE-Bikeまとめ

ヨーロッパを中心に注目されている電動アシストスポーツサイクル「E-Bike」。日本でも2020年モデルでは、多くの企業が参入を行うようだ。この記事ではシクロライダーが注目した2020年モデルのE-Bikeをまとめてみた。

最新情報に関しては、以下のリンクから閲覧できます。

2021年モデル E-Bike(E-MTB、E-ロードバイク等)最新情報まとめ【随時更新】

BESV

E-Bike専業メーカーとして有名なBESV。日本ではE-ミニベロのBESV PSシリーズのヒットで注目されている。2020年モデルではPSシリーズの折りたたみ自転車バージョン「PSF1」や、E-MTBの「TRS2 XC」「TRS2 AM」が登場する。

TRS2 XC:E-MTB

BESVのE-MTB「TRS」シリーズの中で、エントリーモデルなのが「TRS2 XC」。クロスカントリータイプのE-MTBとなる。TRSシリーズでは一番安いが、ドライブユニットは上位モデルのTRS1やTRS2 AMと同じ「シマノ・STEPS E8080」を搭載し、アシスト性能は同等。バッテリーをダウンチューブ下に装着したインチューブ仕様を採用。E-Bikeでよく見るバッテリーの出っ張りが無いだけでなく、重心を下げることが可能になった。オプションで泥除けや荷台、スタンドもあるためサイクリングも楽しめる。価格は¥360,000(税抜)。2019年8月23日発売。

TRS2 AM:E-MTB

BESVのE-MTB「TRS」シリーズ唯一のフルサスペンションE-MTB。ドライブユニットはTRS2 XCやTRS1と同じくシマノ・STEPS E8080を搭載。バッテリーもTRS2 AMと同じく、ダウンチューブ下に装着したインチューブ仕様を採用。価格は¥445,000(税抜)。2019年8月23日発売。

PSF1:E-フォールディングバイク

E-ミニベロ「PSシリーズ」初の折りたたみモデルが「PSF1」。リアスイングアームとフロントフォークを折りたたむことにより、PSシリーズのデザインを維持しつつ折りたためる事が可能に。価格は¥245,000(税抜)2019年10月発売予定。

BESV初のフォールディングE-Bike「BESV PSF1」を解説

Bianchi

e-SUV【海外モデル】:E-MTB

出典:bianchi.com

Bianchiの海外向けE-Bike「e-SUV」は、従来のE-MTBのデザインから外れたスーパーE-Bikeと言えるモデルだ。他のE-Bikeと違うのがデザイン。ダウンチューブの造形を立体的にし、単色でも立体的に魅せるのに成功しフレーム上部にエンブレムを装着した。ダウンチューブにはエアインテークを搭載し、ダウンチューブ内に内蔵されているバッテリーを冷却する効果を持っているようだ…

E-Bike界のスーパーカー「Bianchi e-SUV」シリーズ【海外モデル】

DAVOS

E-601:E-グラベルロード

出典:fukaya-nagoya.co.jp

既に販売しているE-グラベルバイク「E-600」をベースにし、よりツーリングに特化したモデルがE-601。ドロップハンドルにULTEGRA Di2 DISC(R8070)を搭載し、ロングツーリングユーザーをターゲットにしたE-グラベルロード。タイヤは耐パンクタイヤ「IRC インテッツォ700×32C」を装備。ドライブユニットはSHIMANO STEPS「DU-E6180J」を、バッテリーは「BT-E8014J」を採用してコストパフォーマンスを向上させた。希望小売価格は486,000円(税別)

http://www.fukaya-nagoya.co.jp/brand/davos/

FUJI

FARPOINT

FARPOINTは、グラベルロード「Jari」のフレームをベースにした、SUVライクなE-Bike。Hot Drawn Formingによって、軽量でEバイクとして耐えうる強度に仕立てられたアルミフレームに、シマノ STePSシリーズ内最新・最小・最軽量のドライブユニットE5080を採用…

FUJIから2台のE-Bike「FARPOINT」「MOVIATOR」が登場

GIANT

E-クロスバイクのEscape RX-E+で有名なGIANTから、新たにデュアルサスペンションE-MTB「TRANCE E+ PRO」と、ハードテイルE-MTBの「FATHOM E+ PRO」が登場する。搭載されているドライブユニット「SyncDrive Pro」は、GIANTがYAMAHAと共同開発した軽量でパワフルな新型ユニット。バッテリーはダウンチューブに完全内装式。スマートなデザインと、ダウンチューブのボトルケージ装着にも対応する。

新型Eマウンテンバイク2種を2020モデルで発表!:https://www.giant.co.jp/news/bike/2210

MERIDA

2019年ではE-MTBで有名だったMERIDAは、2020年モデルでE-MTBやE-クロスバイクを投入する。

MERIDA公式サイト:http://www.merida.jp/

eONE-SIXTY 9000:E-MTB

高価格帯のE-MTBが多い中でも、一際目立つのがeONE-SIXTY 9000。160mmトラベルサスペンションを搭載した究極のE-MTBを売りにしている。軽量で放熱対策が施されたカーボンフレームに、デザインと重心を下げるインチューブバッテリー、ハンドリングと走破性の両立を考えたフロントに 29 インチ、リアに 27.5 インチの前後異径ホイールを採用。ドライブユニットはシマノ・STEPS E8080。価格は¥850,000(税抜)

ePASSPORT TK 600 EQ:E-トレッキングバイク

クロスバイクに、泥除け、荷台、スタンド、チェーンケースを装着したトレッキングバイクのE-BikeバージョンがePASSPORT TK 600 EQ。ドライブユニットは、2020年モデルで新たに登場した「シマノ・STEPS E6080」を搭載。ママチャリタイプの電動アシスト自転車並の実用性を持ちながら、スポーツサイクルの爽快感を持つアシストを採用したE-トレッキングバイクだ。価格は¥329,000(税抜)

MIYATA

国内ブランドではいち早くE-Bikeを投入し、E-Bikeブランドとして認知されつつあるMIYATA。2020年モデルでも、新たなモデルを投入する。

MIYATA公式サイト:http://www.miyatabike.com/

ROADREX 6180:E-グラベルロードバイク

日本市場では珍しいE-グラベルロード。重いバッテリーを縦置きにすることで前後重量配分を改善しようと見て取れる。ドライブユニットはシマノ・STEPS E6080。価格は¥299,000(税抜)

CRUISE E5080:E-クロスバイク

シマノ製ドライブユニットを搭載しつつ税抜価格20万円を切ったE-クロスバイク。10万円台のE-Bikeは貴重で、エントリーモデルとして注目されるだろう。価格は¥199,000(税抜)。

SCOTT

SCALE eRIDE JAPAN SPEC LIMITED:E-MTB

SCOTTからは、ハードテイルE-MTB「SCALE eRIDE JAPAN SPEC LIMITED」が登場。サスペンションなどのパーツを手頃な価格の物にすることで、Bosch Performance Line CX搭載車では40万円を切る、38万円(税抜)で購入できる。

GENIUS eRIDE JAPAN SPEC

Bosch Performance Line CXを採用したフルサスペンションE-MTB。アルミフレームを採用することで。60万円を切る価格を実現した。SCOTT独自のサスペンションジオメトリー可変システム「TWIN LOCK SYSTEM」や、SRAM SX12段変速の11-50Tという超ワイドスプロケットを搭載。

舗装路とガレ場でフルサスE-MTBを徹底テスト!SCOTT GENIUS eRIDE+Bosch Performance Line CX編

Specialized

Turbo Creo SL:E-ロードバイク

カーボンフレームに、コンパクトなE-ロードバイク用を組み合わせたE-ロードバイク/E-グラベルロードバイク。バッテリーは完全内蔵を行い、自転車らしいデザインと軽さを実現。スマートフォンとの連携機能も備えている。

革命のE-ロードバイク「Specialized Turbo Creo SL」をショートインプレ【E-Bike】

Turbo Levo SL:E-MTB

軽量ドライブユニットを使用したSpecializedのフルサスペンションE-MTB。部品構成やカーボンフレーム化により、フルサスペンションE-MTBでは驚異の18kgを切るモデル。

Tern

折りたたみ自転車やシティスポーツバイクの製造で有名なTern。2019年にはE-フォールディングバイクの「Vektron」が登場。2020年モデルではE-カーゴバイクの「HSD」が発売される。

Tern公式サイト:https://www.ternbicycles.jp/

HSD:E-カーゴバイク

日本市場では珍しいE-カーゴバイク。EN Cargo Bike規格に従いフレーム・フロントフォークを170kgまでテストを行い、重い荷物を積むことが可能。また、小径ホイールにすることで、一般的な自転車と同等の取り扱いにしつつ、ハンドルポストを折りたためるようにすることで、クルマの積載も簡単にした。ドライブユニットはBosch Active Line Plus。価格は¥289,000(税抜)。

TRANS MOBILLY

Gicの電動アシスト自転車ブランド「TRANS MOBILLY」は、軽量・低価格が特徴のE-Bikeブランド。公式Webサイトでは公開されていないが、自転車イベントではミニベロE-Bikeのプロトタイプが公開されていた事がある。

TRANS MOBILLY E-MAGIC

お手頃な価格で購入できるTRANS MOBILLYシリーズでは珍しく、折りたたみ機構が無いE-ミニベロ。バッテリーはフレーム内蔵タイプ。10万円台前半の価格で販売する噂がある。

ミニベロE-Bike TRANS MOBILLY MAGICのプロトタイプが自転車イベントで公開

TREK

Rail9.7

2019年、日本のE-Bike界で話題を攫ったフルサスペンションE-MTB。日本市場初登場のBosch Performance Line CXとカーボンフレームの組み合わせで、注目を集めた。坂を駆け上がる喜びと下りの安定性を両立した怪物級のフルサスペンションE-MTBだ。

【E-MTB】坂を駆け抜ける喜びと下りの安定性を両立したフルサス電動アシストMTB「TREK Rail9.7」【E-Bike】

ドライブユニット

E-Bikeでは、自転車単体だけでなく、エンジンとも言えるドライブユニットも注目されている。2020年モデルから新たにShimanoとBoschが新型ドライブユニットを投入する。

シマノ・STEPS E6080/5080

STEPS E6080

2020年モデルから、シマノは新たなE-Bike用ドライブユニットを2モデル登場させる。1つはSTEPS E6080。STEPSシリーズの中ではミドルグレードに位置するドライブユニット。出力は60Nm(最大)、250W。

STEPS E5080

STEPS E5080はエントリーモデル等に使われるドライブユニット。全ラインアップ中、最も軽量なドライブユニットで出力は40Nm(最大)、250Wとなる。

シマノのE-Bikeユニット「STEPS」に2つのシリーズ「E6180」「E5080」が新登場

Bosch Performance Line CX

海外では多くのE-bikeに採用されているBosch Performance Line CXが日本にもやってくる。開発コンセプトは「Uphill flow(坂を駆け上がる楽しみ)」で、従来モデルよりもコンパクトなデザインを実現。荒れた道やタイトなコーナーでもきめ細かいアシストで楽しく走行できる。

もはや人力MTBを越えた!? ボッシュ製ユニット搭載のE-MTB(電動アシストMTB)の実力を検証する

関連記事

2020年モデルの注目のロードバイク、グラベルロードまとめ

2020年モデル注目のクロスバイクまとめ

2020年モデルの注目の折りたたみ自転車まとめ

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

THIRDBIKESから手軽に乗れる街乗りスポーツ自転車「SUPERSONIC」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月11日、スポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、街乗り向け低価格クロスバイク「SUPERSONIC (スーパーソニック)」を発売した。 SUPERSONICは細身のフレームに、街乗りで必要なスタンドやバッテリーライトを装備した量販店向けのクロスバイク。車体色はレッドとダークブルーが単色でシンプルなもの加え、サイケデリックシルバーはシルバー地にカラフルな色やカタカナを取り入れた個性的なデザインとなっている。また、自転車業界の自主基準である BAA (一般社団法人自転車協会認証) を取得している。 適応身長は160センチメートルからで、カラーはサイケデリックシルバー、レッド、マットダークブルーの3植。重量は13.8キロ。付属品はベル、LEDバッテリーライト、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル。取扱店舗は全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店。価格は2万4000円(税抜)。 関連リンク THIRDBIKES

自転車漫画関連

【自転車漫画】団子と朋美の輪行旅 その3「サイクル。」Part38

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は団子と朋美の輪行旅の続編になります。   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】団子と朋美の輪行旅その17 その1/5 #イラスト #イラストレーター #漫画 #漫画家志望 #マンガ #マンガ好き #まんが #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #サイクリング #サイクリング女子 #サイクリング日和 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #illustration #illustrations #コミック #コミックエッセイ...

【自転車漫画】「サイクル。」電子書籍版まとめ

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。TwitterやInstagramで公開されている漫画や、シクロライダーでまとめた漫画だけでなく、電子書籍(Amazon Kindle)で読むことも可能だ。今回は、Kindleで販売されている「サイクル。」の漫画を紹介しよう。 4コママトメズン/SNSマトメズンシリーズ 「サイクル。」の電子書籍の中で、「4コママトメズン」と「SNSマトメズン」は、TwitterやInstagram上で公開された漫画を電子書籍でまとめている。紙媒体に近い状態で読めるため、自然な感覚で読めるだけでなく、描きおろしを巻末に入れているのも特徴だ。1~4巻までは、4コマ漫画の形式を採用している。 5巻目からの「SNSマトメズン」は、表現手法を普通の漫画に変えて再スタートした電子書籍。普通の漫画に変わったため、電子書籍のほうがより見やすくなった。こちらも巻末に描き下ろしの漫画が用意されている。 「サイクル。」電子書籍オリジナル版 「サイクル。」には、SNS上で公開された漫画だけでなく、電子書籍限定のオリジナル漫画も用意されている。 「ゲンカイギリギリ30min」は、ナイトロバンビ達がシクロクロスレースに挑戦する漫画。実際にシクロクロスレースを観戦している雰囲気になる漫画だ。 「まるちゃんホイールを買う?」は、ナイトロバンビたちが、入りびたる峠の茶屋「三色茶屋」での日常の一コマを描いた漫画。ナイトロバンビたちがホイールについて語るあるある話をまとめている。 「ナイトオブザともちゃん: エピソード番外編 サイクル。」は、自転車から外れた外伝的漫画。「サイクル。」で登場するともちゃん(桜井朋美)が家で一人でいる時にアレに出会ってしまうエピソード。 「サイクル。: 第一話 まるちゃん自転車を買う」は、サイクル。の始まりを新たに描き下ろした漫画。4コマ時代と比較するのも面白いだろう。 https://www.cyclorider.com/archives/23758

【自転車漫画】大寒波到来サイクリング「サイクル。」Part54

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は大寒波到来サイクリングなどをお届けします。   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿   この投稿をInstagramで見る   五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿 最新作は作者のTwitter・Instagramで公開されています。 レンゴクさんのTwitter:https://twitter.com/rengokuH/(作者のTwitter) レンゴクさんのInstagram:https://www.instagram.com/rengokulab/(作者のInstagram) レンゴクさんのWebサイト:http://rengokulab.blog.fc2.com(作者のWebサイト