2020年モデルの自転車まとめ グラベルロード ロードバイク

2020年モデルの注目のロードバイク、グラベルロードまとめ

投稿日:2019/08/11 更新日:

ここ数年はグラベルロードバイクが注目されている自転車業界。2020年モデルでは、ロードバイクでもグラベルロードのようにタイヤを太くする流れが発生している。グラベルロードではサスペンションを装着したモデルや、低価格帯でも本格的な装備を搭載した車種が登場している。

ロードバイク

GIANT CONTEND ARシリーズ

GIANTのロードバイク「CONTEND」をベースに、スタックハイトを高く取り、ワイドタイヤが装着できるロードバイク。標準装備されているタイヤは32Cで、フェンダー装着もできる。最大タイヤ幅は38Cと、一昔のグラベルロードよりも太いタイヤが装着可能なロードバイク。

公式サイト:https://www.giant.co.jp/

GT GTRシリーズ

マウンテンバイクやグラベルロードで有名なGTのロードバイク。10万円を切るロードバイクでありながらディスクブレーキやスルーアクスルといったハイエンドモデルで流行の機構を採用している。流行を追ったエントリーロードバイクが欲しい人にお薦め。

公式サイト:https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/

GTのロードバイク/グラベルロードを解説 「GRADE」や「GTR」を紹介

グラベルロード

Cannondale Topstone Carbonシリーズ

Cannnondaleのグラベルロード「Topstone」シリーズの最上級モデルが「Topstone Carbon」。シートステーとシートチューブがアクスルピボットで接続し、ステーとシートチューブが大きくしなることで、グラベルでの高速走行を実現したモデル。最大で30ミリほどしなるので、一般公道でのサイクリングでは、どのくらいの効果があるか気になる所だ。

公式サイト:https://www.cannondale.com/ja-JP/Japan

GT GRADEシリーズ

グラベルロードバイクブーム初期に、手頃な価格で購入できるグラベルロードとして有名だったGRADE。2020年モデルでフルモデルチェンジを行った。エントリーモデルでもスルーアクスルやフラットマウントディスクブレーキの装備、ダボ穴の追加を行い、幅広い楽しみ方を行いたい人に向いている。

公式サイト:https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/

GTのロードバイク/グラベルロードを解説 「GRADE」や「GTR」を紹介

Charifuri CF01(フレームセットのみ)

右側のチェーンステーに「エレベーテッドチェーンステー」を採用したグラベルロードフレーム。ブレーキはディスクブレーキ・Vブレーキから、ホイールはキャリパーブレーキタイプのロードバイク用ホイール、ディスクブレーキ用ロードバイクホイールが選べる。変速関連もシングルスピードに外装変速機、内装変速機からチョイスでき、チェーンかベルト駆動まで選択できる遊べるグラベルロードフレームだ。

公式サイト:https://www.narifuri.com/features/cf01.html

自由にカスタマイズできるクロモリグラベルロードフレーム「Charifuri CF01」

MIYATA ROADREX(E-グラベルロード)

一足早くシマノ製ドライブユニット搭載のE-クロスバイクやE-MTBを販売することにより、E-Bikeブランドというイメージを植え付けることに成功したミヤタ。2020年モデルでは新たにE-グラベルロードのROADREXが登場する。650B×45Cタイヤを装備した電動アシストグラベルロード(E-グラベルロード)だ。

公式サイト:http://www.miyatabike.com

関連記事

2020年モデルの注目のE-Bikeまとめ【随時更新】

2020年モデルの注目の折りたたみ自転車まとめ【随時更新】



-2020年モデルの自転車まとめ, グラベルロード, ロードバイク
-, , , , , ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.