2020年モデルの自転車まとめ クロスバイク・トレッキングバイク

2020年モデル注目のクロスバイクまとめ【随時更新】

投稿日:2019/08/17 更新日:

ディスクブレーキロードバイクがブームになっているが、クロスバイクでも、その流れが来そうな2020年モデルのクロスバイク。また、E-Bikeブームで、クロスバイクのE-Bikeも増えている。この記事では2020年モデルのクロスバイク、クロスバイクタイプのE-Bike「E-クロスバイク」の中でも、注目のモデルを紹介する。

Cannnondale

Quick4

出典:https://www.cannondale.com

キャノンデールのクロスバイク「Quick」シリーズの中で異色なのがQuick4。フロントシングルに、リアワイドギアを採用したクロスバイクだ。コンポーネントはMicroShift ADVENTという、アドベンチャーバイクやマウンテンバイク用のコンポーネント。8速・9速とギア段数を減らし、耐久性や精度を向上させたコンポーネント。

TREK

FXシリーズ

TREK FX2(出典:https://www.trekbikes.com/jp)

TREKのクロスバイクでは定番モデルと言えるのがFXシリーズ。2020年モデルでは全車ディスクブレーキを搭載。リムが痛みにくい、油圧ディスクブレーキ化が簡単、ディスクブレーキ用ホイールが選べる等様々な利点がある。35ミリ幅のタイヤを装着し、マルチに使うことができるFXシリーズにとっては良いモデルチェンジだ。

GIANT

Escape RX Disc

出典:https://www.giant.co.jp

ロードバイク風の走りを持ち、クロスバイクの機能を合わせたスピードクロスバイク「Escape RX」シリーズ唯一のディスクブレーキモデルがEscape RX Disc。油圧ディスクブレーキはフラットマウントタイプとなっているので、幅広いディスクブレーキ本体が装着可能。フロントギアは46-30Tのダブルクランクを採用し、低速、中速での走行が多いクロスバイクにとって扱いやすい仕様だ。

Escape R Drop(ドロップバークロスバイク)

GIANTの定番クロスバイク「Escape R3」をドロップハンドルに交換したのがEscape R Drop。ドロップハンドルを装備しただけでなく、ギア比の変更やフレームのトップチューブ長を短くし、ドロップハンドルに適正化を行っている。7万円を切る価格は、初心者向けロードバイクの代わりにもなるだろう。

初心者向けロードバイクの決定版か GIANT Escape R DROP

 

Liv

Escape RX-E+(E-クロスバイク)

出典:https://www.liv-cycling.jp

女性専用のE-Bike(E-クロスバイク)として登場したLiv Escape RX-E+。GIANT Escape RX-E+の3サイズに加え、Liv Escape RX-E+の1サイズと合計4サイズと展開し、GIANTがE-Bikeに力を入れているかわかるだろう。

MERIDA(E-Bike)

2020年モデルはひと足早くE-Bikeを発表したMERIDA。E-クロスバイクの中でも、MERIDAはドイツで売れているトレッキングバイクのE-Bike版「E-トレッキングバイク」が登場し、一般層の獲得を行おうとしている。

ePASSPORTシリーズ(E-トレッキングバイク)

MERIDA ePASSPORT TK 600 EQ(出典:http://www.merida.jp)

MERIDA ePASSPORT 400 EQ(出典:http://www.merida.jp)

クロスバイクにスタンド、泥除け、ライト、サークルロック、荷台等を装着し、従来のクロスバイクよりも多目的に使用できるトレッキングバイク。日本では輪行が難しい、車体が重いため普及しないタイプだが、E-トレッキングバイクの登場で変わる可能性がある。車体重量の重さによる走行感のスポイルは電動アシストにより軽快に走行することで、デメリットは無くなる。輪行に関しては自転車宅配便の活用で解決するしかないだろう。

MERIDA ePASSPORT TK 600 EQはママチャリ並みに跨ぎやすいフレームを採用し、老若男女乗車できるE-トレッキングバイク。ePASSPORT 400 EQは立体的なフレームと、ダウンチューブと一体化したバッテリーを装着し、低重心を実現した。

オートバイやクルマでは、長距離走行を安楽に楽しく走行できるグランドツーリングカー(長距離旅行車)があるが、ePASSPORTシリーズがグランドツーリングE-Bikeになるか

Miyata

日本のE-Bikeブランドとして注目されるようになったMiyata。2020年モデルではフルサスペンションE-MTB、E-グラベルロード、E-クロスバイクを投入し、独走しようと意気込んでいる。

CRUISE 6180/5080(E-クロスバイク)

Miyata CRUSE 6180(出典:http://www.miyatabike.com)

Miyata CRUSE 5080(出典:http://www.miyatabike.com)

「E-クロスバイク」の中でも早期に投入したミヤタ・クルーズ。2020年モデルでは20万円を切る「CRUSE 5080」と、立体的なフレームを採用した「CRUISE 6180」が登場。初代クルーズに装着されていたユニット「SHIMANO・STEPS E8080」よりも、最大トルクを下げたユニットを搭載。どんな走りをするか気になる所だ。

関連記事

2020年モデルの注目のロードバイク、グラベルロードまとめ

2020年モデルの注目のE-Bikeまとめ【随時更新】

2020年モデルの注目の折りたたみ自転車まとめ【随時更新】



-2020年モデルの自転車まとめ, クロスバイク・トレッキングバイク
-, , , , , , , ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.