グラベルロード ロードバイク

GTのロードバイク/グラベルロードを解説 「GRADE」や「GTR」を紹介

投稿日:

アメリカの自転車ブランド「GT」は、マウンテンバイクが中心の自転車ブランドとして知られている。その一方でグラベルロードブーム初期に、手頃な価格で購入できるグラベルロード「GRADE」を登場させたメーカーとしても有名だ。2020年モデルでは、グラベルロード「GRADE」シリーズがフルモデルチェンジ。また、ロードバイクの「GTR」シリーズが登場した。

GRADEシリーズ

2015年モデルとして登場したGRADEシリーズは、当時、手軽に購入できるグラベルロードとして注目されていた。2020年モデルではモデルチェンジを行い、GTの売りであるトリプルトライアングルフレームだが、シートステーを直接トップチューブにつなげたフローティングシートステイを採用し、リアの柔軟性を上げたとのこと。

フレームは、旧モデルのGRADEと比較してよりグラベル向けに振り、流行のグラベルロードの構成となった。フレームのクリアランスを広げることにより37ミリ相当のタイヤを標準装備。バッグやボトルを積載するためのマウントも増え、フレームにはトップチューブバッグ用のダボ穴に、フロントフォークにはエニシングケージ用のダボ穴、アルミモデルにはシートステイにボトル用のダボ穴も装備した。オールマイティな楽しみ方をしたい人にお薦めだ。

Grade Al. Elite:¥108,000

手頃な価格で購入可能なエントリーモデル。しかし、グラベルやツーリング向けに一般的なロードバイクよりも1:1以下の低いギア比や、グラベル走行が可能なWTBブランドのタイヤ、チューブを無くして軽量化と転がり抵抗の軽減が可能なチューブレスレディホイールを採用しており、グラベルロードらしい遊び方が気軽にできるようになった。

  • フレーム: All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、ドロッパーポスト外装対応、BSA 73mm
  • フロントフォーク:All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
  • 重量:-
  • ブレーキ:Tektro機械式ディスク、160mm フラットマウント
  • ギア(前-後):FSA Tempo Adventure、48/32-Sunrace、11-34、8スピード
  • タイヤ/ホイールサイズ:WTB Riddler Comp、700 x 37c、tan sidewall
  • 特記事項:前後12ミリスルーアクスル。リムはWTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ。

Grade Al. Expert:¥148,000

Grade Al. Eliteの部品構成をアップグレードしたモデル。基本的なキャラクターは同じだ。

  • フレーム: All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、ドロッパーポスト外装対応、BSA 73mm
  • フロントフォーク:All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
  • 重量:-
  • ブレーキ:Tektro機械式ディスク、160mm フラットマウント
  • ギア(前-後):FSA Vero Pro、48/32-Shimano 105、11-34、11スピード
  • タイヤ/ホイールサイズ:WTB Riddler TCS Light、700 x 37c、チューブレスレディ
  • 特記事項:前後12ミリスルーアクスル。リムはWTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ。

Grade Crb. Expert:¥298,000

カーボンフレームを採用したGRADEシリーズ最上級モデル。カーボンモデル限定で、フォークオフセットを55mm/70mmへ調整できる「フリップチップフォーク」を搭載している。グラベルレース・スポーツ走行や長距離ロングライドなど、その時のシチュエーションに合わせてハンドリングを変えることができる。ブレーキは強力な制動力を発揮する油圧ディスクブレーキに、グラベルライドや峠で有利な低いギア比を採用している。

  • フレーム: All New Grade カーボン、EnduRoad Triple Triangle デザイン、フローティングシートステイ、12×142 スルーアクスル、フラットディスクマウント、Di2/ドロッパーシートポスト対応、PF30
  • フロントフォーク:All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、flip chip アクスル、フェンダー・パニアバッグマウント(11穴)
  • 重量:-
  • ブレーキ:Shimano 105 油圧ディスク、160mm RT30 ローター
  • ギア(前-後):FSA Omega Adventure、46/30-Shimano 105、11-34、11スピード
  • タイヤ/ホイールサイズ:WTB Riddler TCS Light、700 x 37c、チューブレスレディ
  • 特記事項:前後12ミリスルーアクスル。リムはWTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ。

GTRシリーズ

舗装路から砂利道までオールマイティに走行できるGRADEシリーズとは違い、舗装路の高速走行をメインとしたのがGTRシリーズ。GRADEよりも前傾姿勢気味の乗車姿勢に、タイトな設計を採用。汎用性よりも舗装路でのハイスピードライドを行いたい人に合っている。GTRシリーズは、この価格帯のロードバイクでは現代の主流規格であるディスクブレーキ+スルーアクスル機構を採用している。低価格でもトレンドのロードバイクが欲しい人向けだ。

GTR Sport:¥99,800

  • フレーム:GTR アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
  • フロントフォーク:GTR フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
  • 重量:-
  • ブレーキ:Promax Render R 機械式ディスク、160mm ローター
  • ギア(前-後):FSA Tempo、50/34-Sunrace、11-32、8スピード
  • タイヤ/ホイールサイズ:Vittoria Zaffiro、700 x 28c
  • 特記事項:前後12ミリスルーアクスル。リムはAlex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ

GTR Comp:¥118,000

  • フレーム:GTR アルミ、スレッドBB、フラットディスクマウント
  • フロントフォーク:GTR フルカーボンフォーク、1 1/8 – 1 1/4″ テーパード、フラットディスクマウント、12mm スルーアクスル
  • 重量:-
  • ブレーキ:Promax Render R 機械式ディスク、160mm ローター
  • ギア(前-後):FSA Tempo、50/34-Sunrace、11-32、9スピード
  • タイヤ/ホイールサイズ:Vittoria Zaffiro、700 x 28c
  • 特記事項:前後12ミリスルーアクスル。リムはAlex ATD470、28h front、32h rear、チューブレスレディ

画像・データ出典:https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/



-グラベルロード, ロードバイク
-, , ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.