土曜日, 12月 5, 2020
ホーム News 2021年モデルの自転車まとめ 2021年モデル最新版 10万円以下のグラベルロード/シクロクロスまとめ 注目モデルを中心に紹介

2021年モデル最新版 10万円以下のグラベルロード/シクロクロスまとめ 注目モデルを中心に紹介

ロードバイクは舗装路を高速走行できる面白さがある一方、砂利道など荒れた道を走るのは難しく、汎用性が低いという欠点があります。

そのため、ロードバイクよりももっと幅広い楽しみ方がしたい人にオススメなのがグラベルロードです。元々は砂利道を高速走行するために生まれた自転車ですが、舗装路でもクロスバイクよりも快適に走れるため、サイクリングも楽しむために購入する人が増えています。

グラベルロードには、何十万円もするモデルや、100万円クラスの非常に高価なモデルが多いです。しかし、そんなグラベルロードの世界でも、10万円クラスのモデルが用意されています

今回は10万円以下のグラベルロードやシクロクロスをピックアップ。また、参考として10万円にプラスアルファで購入できるグラベルロードやシクロクロスも紹介します。10万円に少し加えると、最新のトレンドを採用したモデルを選ぶ事ができるので、可能であれば予算は増やしたほうが良いでしょう。価格は追記が無い限り税抜き表示です。

2021年モデルの10万円以下のグラベルロード/シクロクロスの傾向

2021年モデルでは、10万円以下で購入できるグラベルロードやシクロクロスは少なく、10万円プラスアルファのモデルが多い傾向です。10万円以下のグラベルロードでは、フラットバー仕様も用意している所も多いため、ここでは、そのようなフラットバー仕様のグラベルロードも含めることとしました。

グラベルロードは、ロードバイクとは違い、メーカーやブランドによって車体設計に特徴があります。シクロライダーでは、車種別の解説を行っていますので、それらの解説を見て購入するのをお薦めします。

グラベルロードバイクとシクロクロスバイクの違いは?

グラベルロードを購入する時、購入検討の1つにシクロクロスを加えている人も少なくないでしょう。シクロクロスバイクは、グラベルロードとは違いシクロクロス競技を重視した設計を採用しているのが特徴です。

シクロクロスは、不整地にコースを作りレースを行う自転車競技。短い周回コースで走るため、グラベルロードよりも俊敏性を重視した設計になっているモデルが多いです。また、レース用自転車のため、タイヤの太さ等に規則が定められており、グラベルロードよりも太いタイヤを装着できるモデルは多くありません。

ただ、10万円以下のシクロクロスバイクは、競技性よりも街乗りやツーリング性能を重視しているのが多いのが特徴です。10万円プラスアルファで購入できるシクロクロスでレース向けなのがCannondale CAADX 2ぐらいでしょう。

10万円以下のグラベルロード

JAMIS RENEGADE A1

 

JAMISは1979年に創業したスポーツ自転車ブランド。日本ではロードバイクよりもグラベルロードのRENEGADEが有名な事で知られています。RENEGADEシリーズにはカーボンフレームのレースモデルや、軽量スチールフレームの高価格帯のモデルもありますが、10万円以下で購入できるモデルも用意されています。

RENEGADEシリーズのエントリーモデルのA1は、10万円以下ながら流行のグラベルロードの設計を採用したモデルです。フレームは、一番小さい車体はホイールサイズを650Bにすることで、車体サイズの適正化を行っているのを売りにしています。700Cホイールを採用したモデルは一回り小さい650Bに変更し、47ミリタイヤを装着したロードプラス規格も可能です。

コンポーネントはShimano CLARISで、クランクはFSA Vero, 50/34T、スプロケットはShimano HG41 11-34T, 8速。ブレーキはTektro Lyra機械式ディスクブレーキ。タイヤはWTB Byway 650B x 40c(44) Ridder 700 x 37c(48-61)、protection belt。価格は9万9800円です(税抜、以下同)。

出典:JAMIS

NESTO GAVEL FLAT

GAVELNESTOのグラベルロード。、グラベルロードの中では比較的オンロード走行も重視している設計を採用し、舗装路走行も重視しており650Bホイールは非対応です。シートステーとチェーンステーを縦方向にしならせることで柔軟に路面状況に追従する振動吸収機構FLEXOR(フレクサー)を搭載。フレームには4箇所、フォークに2箇所のボトルケージ台座を装備しています。

また、NESTO サポートアスリート「安田大サーカス団長安田」がGAVELに乗って1泊2日のキャンプツーリングをしながら富士山を目指すアドベンチャームービーをYoutubeで公開している事でも知られています。

GAVEL FLATはドロップハンドルモデル「GAVEL」のハンドルをフラットバーにした低価格モデル。幅広ライザーバーと、油圧ディスクブレーキを搭載し、お手頃な価格でグラベルロードを楽しむことが可能。フラットバー仕様の安定性を生かして街乗りや林道をそのまま走るのもよし、最初はフラットバー仕様で乗って、後々ドロップバー仕様に変更するのも良いでしょう。

車体は6061アルミニウム スムースウェルディング FLEXOR 12x142mmスルーアクスルアルミフレームと、 カーボンフォーク 1-1/8~1-1/2 アルミテーパーコラム 12x100mmスルーアクスルフロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはシマノ Acera M3000で、クランクはアルミ 40/28T、スプロケットはシマノ SHIMANO CS-HG200 11-32T 9速。ブレーキはSHIMANO BR-MT400 油圧式ディスクブレーキ。タイヤはCST C1894 700x38C。価格は8万9000円です。

10万円プラスアルファで購入できるグラベルロード

Cannondale TopStone 4

 

キャノンデールのグラベルロード「TopStone」シリーズは、アルミフレームモデルやカーボンフレームモデル、E-Bikeなど様々なモデルが用意されている事で有名なグラベルロード。その中でもTopStone 4は、アルミフレームとリジッドフォークを組み合わせたTopstoneシリーズのエントリーモデルです。

TopStone 4で興味深い所はコンポーネントにMicroShift ADVENT Xを採用していること。フロントシングルギア、リア10段変速のオフロードライド用で、10万円クラスのグラベルロードの中でも、林道ライドを中心にした構成を採用しています。

車体はSmartForm C2 Alloyで、フロントフォークはBallisTec Full Carbon, 1-1/8″ to 1-1/4″ steerer,を採用。コンポーネントはMicroshift ADVENT Xで、クランクはProWheel 40T、スプロケットはmicroSHIFT, 11-48T, 10速。ブレーキはPromax Render R機械式ディスクブレーキ。タイヤはWTB Riddler Comp 700x37c。価格は11万5000円です。

出典:Cannondale

FUJI JARI 1.7

FUJIのアドベンチャーロード「JARI」は日本語の砂利から名前を取ったグラベルロード。フレームは、リアエンドは強靭な6066番を使用し、軽量化を狙ってメイントライアングル部分は振動吸収性に長けた6061番を使用した前後異素材のミックスアルミフレームを採用しました。

フレームに装着されたボトルケージ台座は5つあり、トップチューブ上面にはストレージがボルトオンで固定するマウントも用意。また、万が一担ぐ時にライダーの肩への負担の軽減を行うため、2mmの厚さのシリコンパッドをトップチューブ下に装備されています。

フォークはブレーキケーブル内蔵型のフルカーボン仕様となっており、障害物の接触による転倒を未然に防ぐ。また、フォークブレード側面にボトルケージやラックなどをマウントできるUtility mountを搭載しました。

車体は、A6-SL Super-Butted Aluminumにクロモリ製フロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはShimano SORAで、クランクはFSA 46/30T、スプロケットはSunrace, 11-34T 8速。ブレーキはTEKTRO 機械式ディスクブレーキ。価格は11万5000円です。

出典:FUJI BIKES

GT GRADE ALLOY ELITE

グラベルロードバイクの先駆車として知られているGT GRADE。2020年にはモデルチェンジを実施し、近年のGTの定番であるシートステイとシートチューブを分離したフローティングステイを備えた、トリプルトライアングルフレームを採用しています。

車体設計は、標準で37ミリのタイヤを標準装備し、最大で42ミリのタイヤクリアランスに対応。また、ホイールを変更することで650Bサイズタイヤも装着できる設計を採用しました。

また、車体には、バッグやボトルを装着するマウントを装備。フレームにはトップチューブバッグ用のダボや、シートステイにダボを装備。フロントフォークにはエニシングケージ用のダボを搭載しています。

車体は、Grade アルミニウム、Triple Triangle フローティングシートステーに、Grade カーボンフロントフォークを採用。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはFSA Tempo Adventure、48/32T、スプロケットはSunrace, 11-34T 8速。ブレーキはTEKTRO 機械式ディスクブレーキ。タイヤはWTB Riddler、700 x37c、ワイヤービード。価格は10万8000円です。

出典:GT

GIANT REVOLT2

GIANT REVOLT2は、10万円プラスアルファのグラベルロードの中でも、スポーツライドに重点を置いた設計を採用しています。

アルミフレームには、オフセットシートステイやフラットマウント台座、12mmスルーアクスルなどトレンドを押さえている構成を採用。

搭載されているパーツもGIANT製を採用。ハンドルはCONNECT XR HANDLEで、短いリーチ、浅いドロップ、下ハンドルが外側に開いた形状。快適な走行を支える専用ドロップバーです。シートポストは、路面からの衝撃を逃がし快適なペダリングをサポートするD型断面形状アルミポスト「D-FUSE SEAT POST」を搭載しました。

タイヤは、GIANT CROSSCUT AT 2 700x38C Tubeless Ready。700x38Cタイヤで、オフロード性能とセミブロックパターンを採用したグラベル用チューブレスレディタイヤを搭載しています。また、ブレーキはGIANT CONDUCT HYDRAULIC DISC BRAKE SYSTEM 機械式と油圧式のハイブリッドシステムで、機械式のデュアルコントロールレバーを採用しつつ、油圧ディスクブレーキが使用でき、コストを抑えつつ油圧ディスクブレーキの恩恵を受けることができます。

車体は、ALUXX-Grade Aluminum D-FUSE Seat Pillarに、Advanced Grade カーボンフロントフォークを採用。コンポーネントはShimano Soraで、クランクはFSA VELO PRO、48/32T、スプロケットはSHIMANO HG400 11-34T 9速。ブレーキはGIANT CONDUCT HYDRAULIC DISC BRAKE SYSTEM 機械式と油圧式のハイブリッドシステムを採用したディスクブレーキ。タイヤはGIANT CROSSCUT AT 2 700x38C Tubeless Ready。価格は13万5000円です。

NESTO GAVEL

 

NESTOのグラベルロード「GAVEL」は、グラベルロードの中で比較的オンロード走行も重視している設計を採用し、舗装路走行も重視しています。シートステーとチェーンステーを縦方向にしならせることで柔軟に路面状況に追従する振動吸収機構FLEXOR(フレクサー)を搭載。フレームには4箇所、フォークに2箇所のボトルケージ台座を装備。650Bホイールは非対応です。

また、NESTO サポートアスリート「安田大サーカス団長安田」がGAVELに乗って1泊2日のキャンプツーリングをしながら富士山を目指すアドベンチャームービーをYoutubeで公開しています。

車体は6061アルミニウム スムースウェルディング FLEXOR 12x142mmスルーアクスルアルミフレームと、 カーボンフォーク 1-1/8~1-1/2 アルミテーパーコラム 12x100mmスルーアクスルフロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはシマノ Soraで、クランクはアルミ 48/32T、スプロケットはシマノ SHIMANO CS-HG400 11-32T 9速。ブレーキはTEKTRO MD-C510 機械式ディスクブレーキ。タイヤはCST C1894 700x38C ベージュサイドウォール。価格は10万5000円です。

出典:NESTO

Specialized Diverge BASE

2021年モデルでモデルチェンジを行ったSpecializedのグラベルロード「Diverge」。旧型よりもヘッドアングルを寝かせてリーチを伸ばし、コックピットを縮めて安定性を高めた設計を採用することで、グラベル性能を重視しています。

フロントフォークは、オフセットを増やして安定性を重視した設計を採用。タイヤクリアランスは700Cホイールの場合は47ミリ、650Bホイールの場合2.1インチ幅のタイヤが装着可能。フェンダーを装着した場合700Cホイールの場合は42ミリ、650Bホイールの場合47Cと、旧型よりも太いタイヤを装着可能です。

車体はE5 Premium アルミフレームに、FACTカーボンフォークの組み合わせ。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはShimano Claris R200。ブレーキはTEKTRO Mira機械式ディスクブレーキ。タイヤはSpecialized RoadSport, Flak Jacket protection, 700x35mm。価格は11万3400円です。

出典:Specialized 

MERIDA SILEX 100

MERIDAのSILEXは、当ページで紹介したグラベルロードバイクの中でも、ツーリングやグラベルライドを重視した設計を採用しています。数あるグラベルロードの中でもアップライトな乗車姿勢は、砂利道やロングライドでも疲れにくいのが特徴です。また、フレームには3箇所、フォークに2箇所のダボ穴を採用しています。

車体はSILEX liteアルミフレームに、 SILEX CF2カーボンフォークの組み合わせ。コンポーネントはShimano Clarisで、クランクはShimano Claris 50/34T。スプロケットは11-28T 8速。ブレーキはPromax DSK-330R機械式ディスクブレーキ。タイヤは Maxxis Rambler 700x38C。価格は12万9900円です。

出典:MERIDA

10万円以下のシクロクロスバイク

Fuji Feather CX Flat(フラットバーモデル)

Feather CX Flatはシクロクロスバイク「Feather CX+」のハンドルを、フラットハンドルにしたシクロクロスバイクです。Feather CXはレース用モデルではなく、サイクリングが楽しめるモデルのため泥除けや荷台が装着できます。ドロップハンドルモデルのFeather CX+よりも、フロントギアが軽く、油圧ディスクブレーキを搭載し、軽いタッチでブレーキが効くのが特徴です。価格も抑えられているので、最初はフラットハンドルで乗り、後々ドロップバーに交換するのも良いでしょう。

車体はクロモリフレームとクロモリフロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはShimano CLARISで、クランクはShimano 46/30T、スプロケットはシマノ SHIMANO 11-32T 8速。ブレーキはTEKTRO 機械式ディスクブレーキ。タイヤはKenda 700×35C。価格は7万8000円です。

出典:FUJI BIKES

Fuji Feather CX+

Fuji Feather CX+は、ファッショナブルなデザインを採用したシクロクロスバイク。レース用モデルではなく、泥除けや荷台が装着できるため、普段使いやサイクリングにも対応しています。

車体はクロモリフレームとクロモリフロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはShimano CLARISで、クランクはSUGINO 48/32T、スプロケットはシマノ SHIMANO 11-32T 8速。ブレーキはTEKTRO 機械式ディスクブレーキ。タイヤはKenda 700×35C。価格は9万8000円です。

出典:FUJI BIKES

10万円プラスアルファのシクロクロス

Cannondale CAAD X 2

CAAD X 2は、全米シクロクロス選手権チャンピオンバイク「SuperX」の設計を意識して作られたシクロクロスバイク。10万円プラスアルファで購入できるシクロクロスバイクの中では、レース向けの設計を採用しています。

2021年モデルでは、前後共に、剛性に優れるスルーアクスルエンドを採用し、レースでの使用も意識しています。コンポーネントはマイクロシフト社のMTB/グラベルバイク用コンポーネント「ADVENT X」10段変速を搭載しました。

SmartForm C2アルミを採用したフレームとフルカーボンフォークを採用。コンポーネントはmicroSHIFT Advent Xで、クランクはFSA Velo Pro 40T、スプロケットはmicroSHIFT, 11-48T 10速。ブレーキはPromax Decoder R 機械式ディスクブレーキ。タイヤはSchwalbe CX Comp, 700 x 35c, K-Guard。カラーはエメラルドの1色を用意。価格は11万5000円(税抜)。

公式サイト:Cannondale

キャノンデールのシクロクロスバイク「CAAD X」に2021年モデル登場 11万円台のお手頃価格で発売

関連リンク

2021年モデル最新版 10万円以下のロードバイクまとめ ディスクロード等もピックアップ

2021年モデル最新版 10万円以下のクロスバイクまとめ スポーティなモデルからグラベルスタイルまで様々なモデルを紹介

人気の記事Top10

カフェインをプラスしたエネルギー補給羊羹「anpowerカフェイン」が登場

鼓月は11月27日、エネルギー補給ようかんanpowerの新商品「anpowerカフェイン」を公式オンラインショップおよび全国のサイクルショップで発売した。 anpowerは、トライアスロンが趣味の鼓月社長の発案からスタート。2019年6月に発売した美味しさとエネルギー補給の両方を兼ね備えた羊羹を売りにしており、累計7万本を売り上げている。 使用している小豆は、上生菓子でも使用している風味の強い漉し餡。たんぱく質の豊富な小豆の力に加え、低分子化ポリフェノール100mgと必須アミノ酸(BCAA)、ナトリウム136mgを配合し、スポーツ時に必要な成分を1本でマルチに補給できるとのこと。 anpowerカフェインは、覚醒・興奮作用のある天然カフェインを配合し、必須アミノ酸と低分子化ポリフェノールの働きをサポート。また、パラチノースを配合し糖の吸収を穏やかに、持続性をアップさせた。通常のanpowerとは異なる自家製餡(小豆生あん)を使用することで、カフェインの苦みを軽減している。 価格は1本170円、5本入850円、10本入1700円、12本入2040円でいずれも税抜。 関連リンク anpower

自転車パーツブランド「GORIX」から、エアロシューズカバー(RSC2)が3色展開で発売 防寒、防風対策に

ごっつは11月27日、ロードバイクなどのサイクルシューズをカバーする「GX-RSC2 GORIX エアロシューズカバー」を発売したと発表した。 「GX-RSC2 GORIX エアロシューズカバー」は、ロードバイクなどのサイクルシューズをカバーするシューズ。シリコン素材を採用し、縫い目が無く空気抵抗を削減しエアロ効果も売りにしている。水や風に強く、急な雨でも問題なくシューズが水などで濡れる不快感を軽減する。 価格は2750円(税込み、送料込み)。スペックは以下の通り。 材質:シリコン サイズ:S(37-40)・M(40.5-43.5)・L(44-47) 厚み5mm、着用時フクラハギの高さ約13-15cm(足の太さより異なります) 正味重量:約250g 関連リンク ごっつプライス

自転車ヘルメットブランド「bern」からアウトドアマスクが登場 防寒、防風対策仕様で自転車にも使用可

ワイティーエスは11月27日、ヘルメットブランド「bern」のマスクが登場したと発表した。 bernはアメリカ、ボストンで誕生したヘルメットブランド。安全性だけでなく、ファッションのひとつとしてデザイン性とフィッティング性に優れたヘルメットを展開している。現在は日本人向けにアレンジされたジャパンフィットモデルも多数ラインナップしている。 ブランド初となるマスクは、アクティブシーンを想定し、防寒/防風仕様の4層構造を採用することでウインターシーズンに最適なのを売りにしている。抗菌加工やフィット感を調整できるベルクロストラップなどの機能も装備している。ベルクロを後頭部で装着することにより耳への負担を緩和し、サイズ調整用ベルクロ延長パーツを付属している。 素材は、本体外面はポリエステル(撥水・UVカット加工)、本体内面はポリエステル/ポロプロピレン、耳ひも部はポリエステル/ポリウレタン。抗菌剤は、SILVADUR™930(銀系抗菌)。サイズは大人用 H140mm x W125mm(片面)。原産国はベトナムで、価格は780円(税別)。 関連リンク ワイティーエス

自転車など様々なスポーツに使える”飲むあんこ”「theANko(ジ・アンコ)」がリニューアル

UNDERWATERは11月18日、片手で栄養補給出来る“飲むあんこ”「theANko (ジ・アンコ) 」をリニューアルしたと発表した。 theANkoは、運動時に糖質が不足するとパフォーマンスや筋力が低下することから糖質補給の重要性が注目され始めた頃、ドーピング違反のおそれがない“あんこ”を栄養補給に使用するアスリートが多い話しから着想を得て、開発された補給食。銀座「空也」の五代目 「山口彦之 (やまぐちひこゆき)」が監修している。 今回のリニューアルでは、これまでより飲み口の口径を小さくし、女性や子供の口にもフィットしやすくしただけでなく、走りながらでも口にくわえやすい大きさなのが特徴だ。 スポーツようかんといった、スポーツ時やアクティビティ時で、あんこを使用した栄養補給食品がある中でも、theANkoは片手で栄養補給でき、手が汚れないのが特徴だ。種類:はつぶあん、こしあん、しろあんの3種類で、価格は350円(税込、以下同)。築地果汁創作所ネットストアで販売している。 また、パッケージリニューアルを記念して、11月24日(火)〜11月30日(月)までtheANko10個入りボックスを期間中に限り送料無料で発売している。 ■theANko 製品概要 種類: つぶあん、こしあん、しろあん 原材料:【つぶ・こし】北海道産小豆、ザラメ【しろ】北海道産絹手亡豆、ザラメ 販売方法:築地果汁創作所ネットストアURL【https://tsukijikajuu.tokyo/theanko/】 価格:350円 内容量:115g 栄養成分(つぶあん100gあたり): エネルギー245kcal/たんぱく質4.4g/脂質0.2g/炭水化物58.1g(うち食物繊維3.4g)/食塩相当量0g 関連リンク UNDERWATER

様々なフルサスE-MTBを「E-MTB WORLD 2020」で試乗! 注目のフルサスE-MTBを解説

様々なマウンテンバイクタイプのE-Bike”E-MTB”が試乗できるイベント「E-MTB WORLD 2020」がトレイルアドベンチャーよこはまで、11月21日、22日に開催された。 E-MTB WORLDは2020年3月に実施する予定だったイベントだが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、中止となっていた。 トレイルアドベンチャーよこはまは、MTBツーリズムを推奨するスイスのアレグラ社と自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」のコラボレーションから生まれた自然共生型アウトドアパーク。上級者だけが楽しめるトレイルではなく、トレイルランの練習や、車椅子で森の中を散歩、上級者コースに入る前のMTBの練習など、幅広い人に向けた多目的フロートレイルを売りにしている。森や山を削ったり人工的な加工を行なわず、自然を活かして設計を行っている。 E-MTB WORLD 2020で出典したブランドは、BESV、BOSCH、Corratec、NESTO、Panasonic、SHIMANO、Specialized、TREK、YAMAHA、MERIDA、MIYATAの11ブランドで、E-MTBを展開している多くのブランドが出展した。 今回は、11ブランドの中でも、注目のフルサスE-MTBをピックアップしよう。 MIYATA RIDGE-RUNNER 8080 日本ブランドでいち早くE-Bikeを送り出したミヤタ。ミヤタブランドのフラグシップモデルのE-Bike「RIDGE-RUNNER 8080」は、41万9000円(税抜、以下同)の価格で、日本で一番安いフルサスE-MTBとして知られている。 アルミフレームを採用した車体は、日本市場のフルサスE-MTBでは珍しいバッテリー外付けタイプ。コストが下がる一方で、内蔵型よりも重心位置が上がってしまうため、タイトなコーナーがあるMTBコースでは、内蔵型バッテリー搭載車と比較してコーナリングは重い。しかし、ドロッパーシートポスト、504Whの大容量バッテリー、E-MTB用ユニット「Shimano STEPS E8080」を搭載し、フルサスE-MTBに求める性能を持ちつつ、41万8000円という低価格は魅力的だろう。 フレーム:RIDGE-RUNNER Alloy Full Suspension Special edition 27.5+SR SUNTOUR RS18 UNAIR,190x51mm フロントフォーク:SR SUNTOUR SF18...

自転車パーツブランド「GORIX」から、ストラップを引っ張るだけで装着できるシリコングリップ(GX-DP91)登場

ごっつは11月18日、自転車パーツブランド「GORIX」から、グリップ装着法「ごっつクイック」採用した、新商品「GX-DP91 GORIX自転車シリコングリップ」を発売した。 「GX-DP91 自転車シリコングリップ」は、マウンテンバイクやクロスバイクなど、フラットハンドル用のグリップ。 ストラップを引っ張るだけで一瞬で装着完了でき、パーツクリーナーやワセリン・石鹸水などのひと手間のアイテムが不要なのを売りにしている。素材は軽量で滑りにくいシリコン製で、表面に滑り止め加工が施されている。販売価格は1899円(税込)。 スペックは以下の通り。 材質:表シリコングリップ、裏ナイロンストラップ 商品内容:グリップ、キャップ、日本語説明書 用途:自転車グリップ、釣り竿・工具などの円柱グリップ 重量:装着後(表シリコングリップ)56g/ペア グリップ寸法:長さ120mm 適用円柱形物(ハンドルバー)径:17.00~22.2mm(MAX23mm) 装着工具:要りません、素手で装着します。 カラー:ブラック、ホワイト、チェレステ、ブルー、レッド 関連リンク ごっつプライス

トーキョーバイクが小学生向け自転車「TOKYOBIKE Jr.」を新価格に見直し 品質そのままで値下げを実施

トーキョーバイクは11月25日、小学校低学年向けの自転車「TOKYOBIKE Jr.」の価格を3万3000(税抜)に値下げしたと発表した。 幼児用自転車「little tokyobike」の発売から7年経過し、累計販売台数は1万台を超え、TOKYOBIKE Jr.への乗り換えを検討する顧客からの声を多くなり、トーキョーバイクの自転車に兄弟で乗らせたい、親子で一緒に乗りたい要望にできる限り応えたいため、品質はそのままに生産工程を一から全て見直し、新価格に変更したとのこと。 併せて新色のモスグリーンとヴィンセントブルーが12月12日に発売すると発表。穏やかで深みのあるモスグリーンと夜空を思わせる艶やかなヴィンセントブルーと謳っている。どちらのカラーも大人用モデルTOKYOBIKE MONOと同色展開になるカラーだ。他にも、親子2人で過ごす週末を特設ジャーナルで公開している。 詳しいスペックは以下の通り。 製品名  :TOKYOBIKE Jr. 価格   :¥33,000(税抜) カラー展開:ブルージェイド・ベージュレッド・アイボリー・サフラン・ヴィンセントブルー(新色)・モスグリーン(新色) カラー仕様:グロス 適応身長 :115cm~130cm 本体重量 :9.8kg フレーム :ハイテンスチール タイヤ  :WO20×1-1/8(451) アイボリー チューブ :英式バルブ センタースタンド、アルミベル付き ※サドルを一番下に下げた場合、地面から座面までの高さは約56cmとなります。 関連リンク TOKYOBIKE

Specializedが「重症筋無力症」と戦う辻浦圭一氏をe-Bike TURBOアンバサダーとして任命

Specializedは11月20日、シクロクロス競技全日本選手権9連覇を果たした元プロライダー辻浦圭一氏を「TURBO LEVO SL(ターボリーヴォエスエル)」を使用する、TURBOアンバダサー契約を締結した。 辻浦氏は2011年のシクロクロス全日本選手権の直前から体調を崩し「重症筋無力症」と診断され、競技生活からの引退を余儀なくされた。 引退後も趣味のサイクリングと釣りや山菜取りを組み合わせた外遊びを行っていたが、病気の影響で継続して運動ができず自転車に乗ることへのハードルが非常に高くなったとのこと。 今回のTURBOアンバダサー契約では、同氏と共に、同じような難病の方々でも、e-Bikeを使うことによって人生の質(Quality of Life:QOL)の向上をもたらすのを重要なメッセージとして広く発信するとのことだ。 辻浦氏のコメント(プレスリリースから) 2012年2月重症筋無力症と診断を受けて、胸腺腫を摘出して約2か月半入院をしました。 退院後、選手復帰を目指したのですが、病気の症状が良くならず一般の生活もままない状況で入退院を繰り返す生活を送り、長いときは6か月も入院していることがありました。 重症筋無力症は、脳から筋肉に指令がうまく伝達せず体を動かすと筋肉がすぐに疲れて力が入らなくなる病気です。そのため、全身の筋力が弱くなったり疲れやすくなったり眠くなったりするなどの身体的な影響が生じます。 また、まぶたが下がってくる眼瞼下垂(がんけんかすい)と、物が二重に見える複視などの症状が出る難病でもあります。思ったように活動が出来ない日々は今でも続いていますが、発症から月日がたち、症状と付き合いながら何とか一般の生活を送れるようになりました。 体の免疫力を下げたり病気の症状を抑える薬の影響で風邪をひきやすく太りやすくなり、またコロナにも感染しやすく、万が一感染してしまったら重症化しやすいため、気を付けなければいけません。 大好きな自転車には乗れるものの、自転車の中でも特に好きなマウンテンバイクは筋力を使うために、トレイルを登りきるころにはクタクタ、一緒に行った仲間からも大きく遅れたり助けてもらったりと申し訳ない気持ちになり自転車から遠ざかっていました。 そういった状況から、2020年の夏までは全く自転車に乗らず、休日は渓流釣りに没頭していて、釣れるポイントまで林道を歩いて行くことが多かったため、「自転車で行けたらいいなー」と思い自転車に乗ったのですが、運動不足の為にほとんど乗ることができず、降りて自転車を押して上がったため疲れて釣りにならないというジレンマが生じてしまいました。 そんな中、追い打ちをかけるように定期通院の検査で医者から言われた言葉がありました。それは、中性脂肪が高いから「適度な運動」を心掛けるようにというものでしたが、「継続して運動できへんのにどうやって軽い運動するねん。」と矛盾を感じていました。 そんな折に、あることがきっかけで、先輩と自転車に乗りに行く機会がありe-Bikeをレンタルさせてもらい、借りたバイクがSpecialized TURBO LEVO SLでした。 約9年ぶりに行った馴染みのトレイルの登りは、程よい運動くらいで汗をかいてクリア、下りに関しては、自身では初のフルサスペンションバイクという事もあり、快適に下る事ができ、トレイルでしか味わえない立体感を味わえて感動しました。 そのライドで一つ忘れている事が、乗っているバイクがe-Bikeだった事。一般的には、重たくて下りの面白みに欠けると言われているe-Bikeですが、TURBO LEVO SLはいわゆる普通のMTBの感覚で違和感なく下ってくることができ、コーナーの切り替えしや、縦の体重移動が重量を感じることなく操れたのでとても不思議でした。 TURBO LEVO SLにより、体力が必要な登り坂ではアシストされ、大好きだった自転車にまた乗ることができるようになったのはもちろん、お楽しみの下りも最大限に楽しむことができたのは非常にうれしい驚きでした。 それ以外でも釣りのポイントまでのアプローチライドなど想像力が膨らみ、様々なアイディアが浮かんできています。医者から言われて引っかかっていた「適度な運動」も実行することが出来て健康に繋がり、今のライフスタイルにとてもマッチしていると感じています。 難病という事でいろいろ制限がありましたが、このバイクとなら様々なことにチャレンジすることが出来そうなので、楽しんで挑戦していきたいと思っています。 関連記事 https://www.cyclorider.com/archives/34073 https://www.cyclorider.com/archives/42176 関連リンク Specialized

GORIXから2万円台のハイブリッドローラー台「GX-ROLLER」発売

ごっつは11月18日、自転車パーツブランド「GORIX」の「GX-ROLLER GORIX 自転車ハイブリッドローラー台」が登場した。 ロードバイク、クロスバイク・シクロクロス・マウンテンバイクなどに使うことができるローラー台。軽量・コンパクトで持ち運びもできるのを売りにしている。マグネット式で負荷五段階調整可能で、重力は6.3キロ。また、クイック(9mm)、スルー(12mm/15mm)にも対応している。 GORIX GX-ROLLER スペック 適用ホイールベース:950-1175mm 適用タイヤサイズ:650-700c、26-29インチ 適用フロントフォーク:幅100mm クイックレバー9mm/ スルーアスクル12mm / スルーアスクル15mm ローラー台正味重量:約6.3kg:収納ケース込総重量:約7.65kg 収納方法:折畳み式でコンパクトに収納可能 収納時サイズ:約52×17×21cm 完成品寸法:幅800mm、長さ1150-1465mm、高さ420-475mm フロント高さ調整可能:420/433/447/461/475mmの五段階式 センターレールの長さ調整:950-1175mm (可動域225mm) ローラー間距離調節可能:250/275/300mmの三段階式 ローラータイプ:自重式 (加圧調整が不要) ローラー幅:15cm 負荷方式:手動調節のマグネット式(磁力式) 負荷段階:5段階 最大出力負荷:約600W 最大搭載重量:120kg 素材:航空機向けアルミ合金、工業用プラスチック、樹脂エンドキャップ 付属:ローラー本体・サポート脚x2本・取付工具5mm六角レンチ・説明書 スルーアスクル変換用アダプター12mm&15mm 関連リンク ごっつプライス

フォルクスワーゲンブランドの折りたたみ自転車「VW-206G」が発売 街乗り、短距離向けの低価格モデル

GSジャパンは11月18日、フォルクスワーゲンブランドの折りたたみ自転車「VW-206G」を発売したと發表した。 VW-206Gは、低床フレームを採用した街乗り向けの折りたたみ自転車。重量は16キロ以上と重く、折りたたんで公共交通機関で移動する「輪行」は難しいが、ちょっとした買い物で役に立つ丸型ワイヤーバスケットや、服が汚れにくくなる泥除け、裾が絡みにくいチェーンケースカバー、バッテリーライト、リングロックを装備している。 長い距離を走行できる高価な折りたたみ自転車とは違い、短距離や街乗り向け重視でシティサイクルの代わりに使う折りたたみ自転車だ。頻繁に折りたたんで使うには不向きだが、折りたたみを使わない小径自転車の1つとして使う人に向いている。スペックは以下の通り。 ・カラー:ブラック、ホワイト、グリーン ・タイヤサイズ:20×1.75 ・重量:約16.8kg ・その他:丸型ワイヤーバスケット、ハイパワーバッテリーライト、リングロック ・オプションパーツ:QUICQ輪行バッグ 関連リンク GS JAPAN