まとめ ミニベロ 電動アシスト自転車/E-Bike

電動アシストスポーツミニベロまとめ BESV、Ternブランド等のE-ミニベロを紹介【E-Bike】

数あるE-Bikeの中でも、E-MTBやE-クロスバイクよりも、自由なのが特徴のミニベロタイプのE-Bike(E-ミニベロ)だ。従来の人力タイプのミニベロは、車輪が小さいため段差が怖い、スピードが落ちやすい等の問題があるため、マイナーなジャンルだった。

しかし、モーターを装着したE-ミニベロの登場により、ミニベロ特有の問題が解決しつつある。段差が怖い問題は、タイヤをマウンテンバイク並みに太くしサスペンションを装着することで解決。スピードが落ちやすい問題もモーターのパワーのお陰で問題にならなくなった。この2つの問題を解決した事により、車輪が小さいため自由な設計が可能という利点を活かしたE-ミニベロが登場している。

E-Bikeとミニベロの組み合わせで成功したのがBESV PS1/PSA1だ。ファッショナブルなデザインのPS1/PSA1は、前後サスペンションを装着した事でミニベロの欠点だった乗り心地も向上。サスペンションのパワーロスもモーターの力で解消でき、E-Bikeだからこそできる価値観を実現した。

BESV PS1/PSA1以外で注目なのがTern HSD。車体後部を長くすることで、沢山の荷物を運べるカーゴバイクタイプのE-Bike「E-カーゴバイク」だ。しかし、他のE-カーゴバイクと違うのは、車輪を小さくすることで、車体サイズを一般的な自転車と同じサイズにして取り回しを良くしただけでなく、折りたたみ式ハンドルポストを採用。クルマに載せたり、部屋の中に入れることができるため、マルチに楽しめるE-カーゴバイクとなった。

ここでは、日本で販売されているE-ミニベロを紹介する。

 

BESV PSA1

(出典:BESV JAPAN、以下同)

BESVを代表するPSシリーズのエントリーモデル「PSA1」。前後サスペンション付きのアルミフレームと太いタイヤを組み合わせることで、デザインと乗り心地を両立した。独自アルゴリズムを組み込んだオリジナルの駆動システムと、直感的なスマートモード機能を含む4つのモード(Mode1~3+Smart Mode)を搭載している。オプションでリアキャリアや泥除けも用意。自転車らしさを感じさせないデザインながら、買い物からサイクリングまで幅広い使い方ができるE-Bikeだ。

  • フレーム:アルミフレーム(リアサスペンション付き)
  • フロントフォーク:RST CAPA 20 50mmトラベル
  • 重量:19.6kg
  • ブレーキ:TEKTRO 機械式 ディスクブレーキ (エレクトリックブレーキ装備)
  • ギア(前):48T
  • ギア(後):12-28T 7段変速
  • フロントホイール:20インチ
  • リアホイール:20インチ インホイールモーター
  • タイヤ:CST C1854 20×1.95
  • ドライブユニット:BESV インホイールモーター(定格出力250W、最大トルク不明)
  • アシスト方式:リアインホイールモーター
  • バッテリー:36V 10.5Ah(378wh)
  • 充電時間:約4.5時間
  • アシストモード:3段階+スマートモード
  • 航続距離:90/74/60km
  • 価格:185,000円(税抜)

公式サイト:besv.jp

ミニベロE-Bike BESV PSA1をインプレ 伊豆大島を回って気づいた事をまとめる

BESV PS1

PSシリーズの上級モデルが「PS1」。「PSA1」と同じく前後サスペンションに太いタイヤを装着した車体は、しなやかなスタイルのカーボンフレームを採用しており、現代でも通用する。PSA1と同じく独自アルゴリズムを組み込んだオリジナルの駆動システムは、PSA1よりもスポーティなセッティングを採用。アシストモードはPSA1と同じく直感的なスマートモード機能を含む4つのモード(Mode1~3+Smart Mode)を搭載。車体重量は17.4kgと軽く、大容量バッテリーを装備することで、100kmの航続距離を実現。PSA1よりもキビキビと軽快に走りたい人に向けたE-Bikeだ。

  • フレーム:アルミフレーム(リアサスペンション付き)
  • フロントフォーク:Spinner GRIND20 50mmトラベル
  • 重量:17.4kg
  • ブレーキ:TEKTRO 油圧式 ディスクブレーキ (エレクトリックブレーキ装備)
  • ギア(前):48T
  • ギア(後):12-28T 10段変速
  • フロントホイール:20インチ
  • リアホイール:20インチ、インホイールモーター
  • タイヤ:Schwalbe Big Apple 20×2.0
  • ドライブユニット:BESV インホイールモーター(定格出力250W、最大トルク不明)
  • アシスト方式:リアインホイールモーター
  • バッテリー:36V 10.5Ah(378wh)
  • 充電時間:約4.5時間
  • アシストモード:3段階+スマートモード
  • 航続距離:100/83/60km
  • 価格:276,000円(税抜)

公式サイト:besv.jp

Tern HSD

多目的に使用できるミニベロE-Bike「Tern HSD」。重い荷物や子ども乗せを装着することが可能な車体は、折りたたみ式のハンドルポストを採用したことで、クルマにも載せやすい。また、キャリアに工夫を行うことで、縦置きも可能な設計を採用。子供を乗せたり、重い荷物を運ぶことが可能なカーゴバイクでありながら従来の自転車と同じような扱いやすさを追求している。普段の買い物からキャンプ道具を積んでサイクリング等、幅広い楽しみ方が可能なミニベロE-Bike。

  • フレーム:Tern HSD, 6061-AL, patented design, Tern sliding dropouts, EFBE Tri-Test approved: 170 kg
  • フロントフォーク:Suntour custom for Tern, 1.5" tapered Chromoly steerer, 32 mm stanchions, Thru-axle, 70 mm travel, EFBE tested for 170 kg
  • 重量:25.7kg
  • ブレーキ:シマノ油圧式 ディスクブレーキ
  • ギア(前):52T
  • ギア(後):SHIMANO 11-32T 9段変速
  • フロントホイール:Tern Atlas H, wide 35mm, Novatec Hub, Thru-axle, 100mm, 32H
  • リアホイール:Tern Atlas H, wide 35mm, ShimanoDisc, 135mm, 32H
  • タイヤ:Schwalbe Big Apple, 406, 20×2.15 F/V
  • ドライブユニット:Bosch Active Line Plus(定格出力250W、最大トルク50Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:36V 8.2Ah
  • 充電時間:約2.5時間
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/SPORT/TURBO)
  • 航続距離:(100km/65km/60km/55km)
  • 価格:289,000円(税抜)

公式サイト:ternbicycles.com

Louis Garneau ASCENT e-sports

洒落た街乗り自転車やクロスバイクで有名な「ルイガノ」。日本初のE-Bike「ASCENT e-sports」は、Shimano STEPS E8080を搭載したE-Bike。街乗り向けのデザインだが、E-MTBでも使用されるユニットを搭載しているため、スポーティなアシストを行ってくれる。この記事で紹介したE-ミニベロでの中では一番スポーティなモデル。E-ミニベロでスポーツライドを楽しみたい人向けのモデルだ。

  • フレーム:アルミフレーム
  • フロントフォーク:リジットフォーク
  • 重量:18kg
  • ブレーキ:SHIMANO BR-M6000 油圧ディスクブレーキ
  • ギア(前): ALLOY 44T (170mm)
  • ギア(後):SHIMANO CS-HG500-10 11-32T 10速
  • フロントホイール:SHIMANO ACERA QR DISC 32H+ALEX MD19
  • リアホイール:SHIMANO ACERA QR DISC 32H+ALEX MD19
  • タイヤ:KENDA K-1079 20"X1.95"
  • ドライブユニット:Shimano STEPS E8080(定格出力250W、最大トルク70Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:シマノ STEPS BT-6010 36V、11.6Ah、417Wh
  • 充電時間:-
  • アシストモード:3段階(ECO/NORMAL/HIGH)
  • 航続距離:(110/-/-km)

公式サイト:louisgarneausports.com

 

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-まとめ, ミニベロ, 電動アシスト自転車/E-Bike
-, , , , , , , ,

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.