Garminテールライト内蔵リアビューレーダーに、録画カメラを搭載した新モデル「Varia RCT715」登場

ガーミンジャパンは5月19日、自転車走行中の後方を自動で録画・保存するカメラ付きリアビューレーダー「Varia RCT715(ヴァリア アールシーティー715)」を、2022年6月2日(木)に発売する。また、予約受付は、5月26日(木)より開始する。

Garminの後方レーダー機器「Varia」シリーズは、自転車事故の多くが後方からの追突事故であることを考慮し、世界初のミリ波レーダーを内蔵することで、最大140メートル後方から接近する自動車などの移動物体を的確に捉えてライダー自身に素早く知らせるレーダーシステム。

「Varia RCT715」は、後方車の接近をライダーに知らせ、ライト点滅で運転手にも注意を促す従来の機能に加え、新たにカメラによる映像録画機能を搭載した。

ライド中に接近する車両を検出すると自動でカメラがオンとなり、事故を検出した場合には事故前後の映像を自動で保存する。これにより、万が一の事故時、ライダー自身の見えない状況を映像で確認でき、第三者への映像提供も可能となる。

カメラは、解像度1080p/30FPS、バッテリーを延長して長時間のライドを可能する解像度720pの設定から選択できる。

また、後方ライトは最大1.6キロメートル離れた地点から視認できる明るさで、遠くからもライダーの存在を認識させることができるよう設計されている。ライダーへの接近アラートは、別売りのサイクルコンピューター「Edge」シリーズなどGarminデバイスはもちろん、「Varia モバイルアプリ」をダウンロードすればスマートフォンで対応できる。この「Varia モバイルアプリ」では、保存された映像へ簡単にアクセスができるほか、映像データの転送やデータオーバーレイなどのカメラ設定のカスタマイズが可能になります。

「Varia RCT715」は、専用のシートポストマウントキットで様々な自転車機種への装着に対応し、着脱も簡単なのを売りにしている。価格は4万4800円(税込)。

関連リンク

 

関連記事

新着記事

spot_img