土曜日, 9月 19, 2020
ホーム News Garminがサイクルインドアトレーナー「Tacx」 の取り扱いを開始

Garminがサイクルインドアトレーナー「Tacx」 の取り扱いを開始

ガーミンジャパン(以下、Garmin)は4月8日、サイクルインドアトレーナーメーカー「Tacx」の、日本市場での販売取り扱いを2020年4月から開始すると発表した。

1957年に創業したTacxは、2000年に初のパソコンと接続することができるトレーナーを開発したメーカー。現在ではインドアトレーナーやアクセサリー類のグローバルブランドとして知られており、米国ガーミンは2019年にTacxを買収した。Garminがサイクリングコンピューターやパワーメーターで培ってきた経験に、インドアトレーナーのTacxのシナジーを生かし、注目されるインドアサイクリング市場で、シェア拡大を目指す。

Tacxのサイクルインドアトレーナーは、スマートフォンなどに連携できる「スマートトレーナー」、レバーによる手動で負荷コントロールをする「ベーシックトレーナー」を用意。「スマートトレーナー」は、様々なアプリと連携することができ、Tacxトレーニングアプリだけではなく、ZWIFT、Strava、TrainerRoad、Kinomaなどサードパーティ製アプリを利用することが可能。またTacxトレーニングアプリには、Tacxクラウドに統合されており、いつ、どのデバイスでトレーニングを行っても全てのデータが記録され、同期することができる。

株式会社 日直商会が本製品の専属代理店としての業務を行い、全国の自転車販売店で購入、アフターサービスの提供を行う。また、発表に合わせてバイク一体型スマートトレーナー「Tacx(R) NEO Bike Smart Trainer(T8000)」が登場した。スペックは以下の通り

  • 販売価格:¥370,000(本体価格)
  • バーチャルシフト
  • 電源       :必要
  • キャリブレーション:不要
  • 最大トルク    :85Nm
  • 最大ブレーキ力  :250N
  • 最大出力     :2,200ワット
  • 再現斜度     :25%
  • フライホイール  :仮想
  • フライホイール効果:125kgまで可変(電子制御)
  • サイズ      :D:1390×W:750 mm×H1170 mm
  • 重量       :50kg
  • 通信規格     :ANT+、 Bluetooth
  • パワー計測精度  :1%未満の誤差
  • 付属品      :ファン、タブレット用マウント、サドル、ハンドルバー、USB充電器、ボトルケージ、Tacxタオル、1か月間のTacxプレミアムソフトウェア
    ※ペダルと、タブレットは付属していません。

公式サイト:ガーミンジャパン