ハーレーのE-Bike「Serial 1」グーグルクラウド接続機能を搭載した第2世代E-Bikeを発表 盗難防止からナビまで採用したコネクテッドE-Bike

ハーレーダビッドソンの電動アシスト自転車(E-Bike)に特化した会社「Serial 1 Cycle Company」は5月17日、グーグル クラウド接続機能を搭載した第2世代E-Bikeを発表した。

Serial 1はハーレーダビッドソンの最も古いモーターサイクルの愛称である「Serial Number One」にちなんで名づけられたE-Bike。

同社は、Google Cloud eMobilityのパートナーとなり、新型E-Bikeに、Serial 1 Appを介してGoogle Cloudに対応した第2世代の/CTY eBikeにGoogle Cloud接続機能を搭載し、プレミアムE-Bike体験をさらに向上させることを発表した。

Google Cloudとの提携により開発された新しい接続機能は、重要な走行データを取得し、セキュリティと安全性を大幅に向上させ、これまで以上に簡単にすべての走行を楽しめるようにする。

Serial 1のブランド・ディレクターであるアーロン・フランクは、「Google CloudがSerial 1をeMobilityパートナーとして選択したことに感激しています」と述べている。

同氏は「これは、Serial 1がGoogle Cloudの新しいIntelligent Product Essentialsソフトウェアソリューションを同社のE-Bikeに統合し、すべてのライダーに優れたeBicycle体験を提供する予測的、積極的、インテリジェントな機能を可能にすることを意味しています」と述べている。

Google Cloudのグローバル自動車ソリューションのディレクターであるMatthias Breunigは「Serial 1がデータと分析によって交通体験をどのように強化しているかを見るのはエキサイティングです」と、述べている。

「Google CloudのIntelligent Product EssentialsソリューションをSerial 1のライダーに提供し、安全でそれぞれのインタラクションに合わせたE-Bike体験の提供を支援できることを嬉しく思っています」

今回採用された機能は、アプリで制御されるセキュリティ機能、Google Maps Platformターンバイターンナビゲーション、E-Bikeから直接収集されるリアルタイムの走行データにより、Serial 1アプリはSerial 1 eBikeの完璧なライドアシスタントとして機能する。

ピンポイント・モードは、オーナーは所有しているSerial 1 E-Bikeがどこにあっても正確に追跡でき、モニター、デジタル・ロックを行うことができるデジタルセキュリティシステムから、自転車専用の最適なルートを計画することができるルートプランニングとターンバイターン・ナビゲーションシステム、速度から効率、距離からバッテリー残量まで、ライドのあらゆる詳細情報を指先で確認することができるリアルタイムのライドデータダッシュボード、USB-C充電ケーブルを内蔵し、Serial 1アプリを実行するために携帯電話に電力を供給することができます。統合型デバイスチャージャーを搭載している。

そして、Serial 1の次世代/CTYプラットフォームは、クラウド対応のデータ管理に加えて、最も信頼性の高い接続を保証する最先端の接続ハードウェアを装備。IoTデバイスを搭載することで、Bluetoothによるワイヤレス接続だけでなく、携帯電話やGPSによる接続も可能になり、バイクが目の届かないところでも確実にアクセスできるようになった。

Serial 1の第2世代E-Bikeは、MOSH/CTYの3799ドル(日本円で約48万円)から。日本での発売は不明だ。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img