ホンダ 「スーパーカブ」「ダックス」「ズーマー」の電動自転車を発表 日本での発売は?

ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、2023年1月10日現地時間21時に、電動二輪車「Honda Cub e:」「Dax e:」「ZOOMER e:」を発表しました。

出典:https://www.honda.co.jp/

オンライン発表会では、「Electric Evolution, Colorful Future」をテーマに、電動二輪車の新ブランド「Honda e:」とEB3モデルを発表しました。

中国において電動二輪車の区分は、最高時速が時速25キロ以下のEB(電動自転車=Electric Bicycle)、最高時速26キロ以上から50キロ以下のEM(電動モペット=Electric Moped)、時速51キロ以上のEV(電動車:Electric Vehicle)の3タイプに類別されています。今回発表となったHonda Cub e:、Dax e:、ZOOMER e:は、EBカテゴリーになります。

中国のZ世代の消費者にとって、EBは単なる移動手段ではなく、生活を共有し、自分を表現するための乗り物で、魅力的で付加価値の高いモデルが求められているとのこと。今回発表した3モデルは、ホンダが発売したことがある「スーパーカブ」「ダックス」「ズーマー」をモチーフにした電動自転車となっています。これら3モデルは、2025年までに電動二輪車を合計10モデル以上、グローバルで投入する計画の先駆けとなるモデルとのこと。

出典:https://www.honda.com.cn、以下同

Honda Cub e:は、ホンダの名オートバイであるスーパーカブをモチーフにした電動自転車。モダンレトロな丸型ライト、HD VA液晶メーター、ミニマルなリアテールランプとターンシグナル、17インチ大径ホイール、三角形のコンフォートサドルを装備。 パワーと技術性能の面では高品質の三元系リチウム電池を搭載し、航続距離は65キロ以上を実現。電池は最大2000回の充放電が可能で長寿命、EBSエネルギー回収システムによりエネルギーを節約することができます。他にもインテリジェントAPPウォームアラートを搭載し、車両情報を迅速に把握し、利便性と安全性を料率しています。

ダックスe:は、ホンダダックスシリーズのデザインを継承しているのが特徴。シンプルかつユニークなT字型のユニボディには、エンジンにあたる部分にバッテリーを搭載。

BOSCH製のインホイールモーターは、高効率でスムーズ、耐水性・放熱性に優れると謳っており、航続距離は80キロ以上。 また、バイクグレードを謳う油圧式フロントショック、フロントディスクブレーキ、高強度の大口径フレーム、ワイドなタイヤを装備しダックスらしいデザインを実現しています。

ZOOMER e:は、自分らしいライフスタイルを自由に追求するためにデザインされた原付きスクーター「ズーマー」のデザインをモチーフにした電動自転車。

デュアルレンズLED高輝度ラウンドヘッドライト、露出した鋼管構造設計、分割ステアリングハンドル、全地形用タイヤのワイド設計、フロントとリアのディスクブレーキ、5段階調整可能なリアショックアブソーバーを装備しており、かつてのズーマーらしいデザインを実現。他にも、駐車安全保証、またBluetoothロック解除、Smartkey、サイドサポート誘導などを搭載しており、航続距離は最大90キロです

今回発表された3モデルの日本での販売は予定していないとのこと。中国市場では、電動自転車扱いとなっていますが、同市場の電動自転車は、スロットルを装着してペダルを漕がない状態自走扱いでも自転車扱いになります。日本国内や欧州法では、スロットルでの自走は認められていないため、原動機付自転車扱いとなります。

ペダルも、自転車扱いにするためだけに装着されているためにすぎません。漕ぐには短すぎるクランクや、漕いで走行するのを想定していない車体のため、電動アシスト自転車として日本国内や欧州市場に参入するのは非常に難しいでしょう。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img