ヤマハ発動機 24型スポーティ電動アシスト自転車「PAS CITY-V」2023年モデル発表 新設計「スマートクロックスイッチ」を搭載

ヤマハ発動機株式会社は1月11日、レトロでスタイリッシュな電動アシスト自転車の新モデル「PAS CITY-V」を2023年2月14日に発売すると発表しました。

PAS CITY-Vは、上り坂で高速にペダルを漕いでも快適でスムーズな走行を実現した24インチ電動アシスト自転車です。モーターは、坂道などの地形に合わせてアシストレベルを自動調整する「スマートパワーアシスト」機能を搭載しています。また、24インチホイールと内装5段変速機、直線的なV字フレームや弾丸型のバッテリーランプ、レザー調のグリップやサドルなど、レトロでスポーティなデザインが特徴的なバイクです。

2023年モデルでは、日常生活において簡単かつ直感的に操作できる「スマートクロックスイッチ」を新たに搭載しています。

新開発の「スマートクロックスイッチ」は、日常生活での使いやすさを追求した、コンパクトで機能的なスイッチです。実際の使用シーンを想定し、時計の表示を大きく見やすくするなど、スイッチのデザインに配慮しました。また、走行モード切替ボタンをアシストダウンボタンに対して大きく左右非対称にすることで、運転中でも操作しやすいようにしました。さらに、各種操作ボタンの配置や、選択した走行モードやバッテリー残量などの情報表示にも配慮しました。

バッテリー残量が20%以下になると、通知ランプが点灯し「ピッ」と音が鳴るので、視覚と聴覚の両方でバッテリー残量を確認でき、予期せぬバッテリー上がりを防ぐことができます。また、電池残量を10段階のインジケーターとパーセントで表示することで、従来機種に比べ、より簡単に電池残量を確認することができます。

カラーは、上質で鮮やかな印象を与える新色「マットアンバー2」を用意し、3色で展開されます。価格は15万700円(税込)です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img