TREKからクロスバイクタイプE-Bike「FX+」登場 スッキリとした見た目と泥除け・荷台を標準装備

TREKは2022年7月15日、クロスバイクタイプのE-Bike「FX +を」発売した。

TREKのクロスバイクタイプのE-Bikeは、静音性が高いBosch ActiveLine Plusモーターを採用し、泥除け、荷台などを装備したVerve+シリーズ、パワフルなBosch Performance Line CXモーターを採用し、脱着可能な内臓型バッテリーを装備したAllant+シリーズがある。

今回登場したFX+は、TREKのフィットネスクロスバイク「FX」のE-Bikeバージョン。

FXは脱着不可の内臓型バッテリーを採用し、E-Bikeの中ではスッキリとした見た目を採用している。重量は18キロほどで、荷台や泥除けなどを装着しているのを考えると比較的軽量な部類に入るだろう。

バッテリー容量は250Whで最大航続距離は67キロ。オプションで250Whのレンジエクステンダーを用意しており、レンジエクステンダーを使用すると、100キロ以上の走行が可能だ。

モーターはリアインホイールモーターを採用。リアインホイールモーターの特徴は、コンパクトで車体デザインをスッキリすることができ、コストを比較的抑えることができること。スペックは定格出力250W、最大トルク40Nmと、舗装路サイクリングでは必要十分の性能を持っている。

ヘッドライト、テールライト、泥除け、荷台、スタンドなどの実用性を重視した装備が最初から付いているので、購入して、すぐにサイクリングや通勤を楽しむことが可能だ。

フレームデザインも通常のトライアングルフレームに加え、またぎやすいスタッカートタイプも用意した。価格は32万4500円(税込)

TREK FX+のスペック

  • フレーム:Alpha Gold Aluminum, internal cable routing, internal battery, rack & fender mounts, flat mount disc, kickstand mount, 144.5mm OLD hub motor spacing
  • フロントフォーク:FX+ alloy, internal brake routing, fender mounts, rack mounts, ThruSkew 5mm bolt-on skewer
  • 重量:17.8キロ
  • ブレーキ:シマノMT200油圧ディスクブレーキ
  • ギア(前):42T
  • ギア(後):11-36T 外装9段変速
  • フロントホイール:Bontrager Connection, alloy, double-wall, 32-hole, schrader valve +Formula DC-20, alloy, 6-bolt, 5x100mm QR
  • リアホイール:
  • Bontrager Connection, alloy, double-wall, 32-hole, schrader valve +リアインホイールモーター
  • タイヤ:Bontrager H2 Comp, reflective strip, wire bead, 30tpi, 700x40c
  • ドライブユニット:G2リアインホイールモーター
  • アシスト方式:リアインホイールモーター
  • バッテリー:250Wh
  • 充電時間:
  • アシストモード:
  • 航続距離:最大67km

関連リンク

TREK FX+ https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/fx-plus/

関連記事

新着記事

spot_img