ロードバイク等カラーオーダーができる自転車ブランドまとめ

自転車選びでは部品のグレードよりも気に入った色のほうが重量だと思う。自転車の車体カラーの塗替えは多額のお金がかかるからだ。

自分好みのカラーを選びたいのなら、カラーオーダーシステムを採用している自転車ブランドを選ぶのが良いだろう。今回は、カラーオーダーシステムを採用している自転車ブランドを紹介する。

・Anchor(ロードバイク・MTB・トラックレーサー・ジュニアロードバイク)

http://www.anchor-bikes.com/

ブリヂストンサイクルの競技自転車ブランドの「Anchor」の一部のロードバイク・MTB・トラックレーサー・ジュニアロードバイクでは、カラーオーダーシステムが採用されている。

このカラーオーダーシステムには、最大38色の単色フレームカラー+5色のロゴ+3種の表面仕上げを選べる「シンプルスタイル」がメイン。また、一部車種ではスポーティなグラフィックを採用した「エッジスタイル」、アンカーのチームレプリカを意識した「レーススタイル」「レーシングカラー」がある。シンプルスタイルのフレームカラーには通常の自転車に採用されていそうな色から、玉虫色みたいに色が変わるイリュージョンやダイアモンドカラー等、普通のスポーツバイクにはあまり使われない色もある。

パナソニックオーダーシステム(ロードバイク、シクロクロス、ツーリング、トラックレーサー)

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/

パナソニックオーダーシステムには、カラーオーダーシステムが採用されている。13種類のフレームデザインや8パターンのロゴタイプを組み合わせができる。また、カラーリングはソリッドカラーを始め、パールやメタリック、クラシカル、オーロラ、レインボー等、多種多様な33色を用意。2色の組み合わせを行うこともできる。

アートサイクルスタジオ

アート サイクルスタジオの一部車種は、70色以上あるカラーオーダーシステムが採用されている。アンカーやパナソニックオーダーシステムよりも、低価格でカラーオーダーを選ぶことができる。

FUJI(ロードバイク)

出典:https://www.fujibikes.jp/remix/

https://jp-fujiremix.com/home/

ロードバイク、クロスバイク、MTB等をラインナップしているFUJI。その中でもロードバイクのSL1、SL3、TRANSONICはカラーオーダーシステム「FUJI REMIX」に対応している。フレームそれぞれに対して4パターンのグラフィックを用意し、数十色あるカラーパターンを選択する方法。カラーはトレンドに合わせてアップデートされる。

AVEDIO(ロードバイク)

http://www.avedio.net/color-order

スポーツタイプのロードバイク、シクロクロスをラインナップするAVEDIO。カラーオーダーは2種類あり、1つはフレームカラー・デザインカラー・ロゴカラーを自分で選択するセミオーダータイプ。2つ目は自分だけのオリジナルカラーを制作可能なフルオーダーシステムがある。フルオーダーシステムは、塗装、デザイン、塗装するフレーム本数等で価格が異なるため、料金は応相談。

TREK(ロードバイク、トライアスロン、MTB)

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/project-one/

アメリカの自転車会社「TREK」では、一部ロードバイク/マウンテンバイクでカラーオーダーシステム「Project One」を採用している。塗装の変更だけでなく、様々なパターンを選ぶことが可能だ。

Pacific Cycles Japan(折りたたみ自転車)

折りたたみ自転車ブランド「Pacific Cycles」のCarry-me、Birdyの2車種はカラーオーダーを実施している。カドワキコーティングのパウダーコーティングをフレームに塗ることが可能で、全78色を選ぶことができる。色の塗り分けは、フレーム全体を塗るシングルカラーから、フレーム一部の色を変更するツートンカラーがある。ロゴカラーの変更も可能だ。

Pacific Carrymeのすべて 8インチ縦折れ式折り畳み自転車を解説

Pacific Birdyシリーズまとめ 独特の折り畳み自転車の歴史から現行モデルまで解説

 

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

THIRDBIKESから手軽に乗れる街乗りスポーツ自転車「SUPERSONIC」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月11日、スポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、街乗り向け低価格クロスバイク「SUPERSONIC (スーパーソニック)」を発売した。 SUPERSONICは細身のフレームに、街乗りで必要なスタンドやバッテリーライトを装備した量販店向けのクロスバイク。車体色はレッドとダークブルーが単色でシンプルなもの加え、サイケデリックシルバーはシルバー地にカラフルな色やカタカナを取り入れた個性的なデザインとなっている。また、自転車業界の自主基準である BAA (一般社団法人自転車協会認証) を取得している。 適応身長は160センチメートルからで、カラーはサイケデリックシルバー、レッド、マットダークブルーの3植。重量は13.8キロ。付属品はベル、LEDバッテリーライト、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル。取扱店舗は全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店。価格は2万4000円(税抜)。 関連リンク THIRDBIKES

自転車漫画関連

【自転車漫画】パン屋ライドやガンテツとバトル!?「サイクル。」Part13

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は楽しい?パン屋ライドやガンテツとのヒルクライムがメインとなっています。   View this post on Instagram   三色団子ちゃん 団子とともちゃんのパン屋ライド1 #自転車 #自転車女子 #自転車漫画 #自転車 #自転車女子 #自転車で #illustrations #roadbike #cyclocross #cycling #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り #ロードバイク #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク乗り...

【自転車漫画】昭和な回転展望レストランを巡る自転車旅(#チャリと来た)

人はだれしも子供の頃に欲しかった物・行きたかった所はあると思う。自分の場合は寝台特急北斗星等の長距離寝台列車に乗りたかったが、結局の所乗ることができなかった。自分だけに限らず、子供の頃に欲しかった物や行きたかった所は実現できない人が少なくないと思う。極稀に、高校生ながら若者の憧れの大型オートバイに乗れた人もいたが、このような例は全体的に見るとあまり多くないだろう。 https://www.cyclorider.com/archives/10266 Twitterで自転車漫画を公開しているさえこ(@rinkosaeco)さんが、子供の頃に行きたかった所の1つに、回転展望レストランがあったようで、行きたくても連れて行ってもらえなかったとのことだ。回転展望レストランとは、展望レストランの床がゆっくり回転することで、360度の展望を楽しむことができるのが特徴とのこと。60年代には日本各地で作られた回転展望レストランだが、時代の流れや老朽化等により少なくなっているようだ。 子供の頃にできなかった事は、年月が経ち大人になっても忘れることはない。さえこ(@rinkosaeco)さんは子供の頃、行きたくても行けなかった回転展望レストランだが、大人になりブロンプトンに乗って回転展望レストラン旅を行ったようだ。 回転展望レストラン巡りで訪れたのは兵庫県。理由は現役の回転展望レストランが複数あるため兵庫県に訪れたようだ。兵庫県の回転展望レストランは2018年2月には神戸ポートタワー・須磨浦山上遊園・手柄山中央公園の3箇所があり、1泊2日で回ったようだ。この3つの回転展望レストランの中でも、手柄山中央公園の回転展望レストランは2018年3月25日に営業終了しており、現在は訪れることができない。 1日目の神戸ポートタワー・須磨浦山上遊園の回転展望レストラン巡りでは、雨が降ってしまい、優雅なレストラン巡りでは無かった一方、回転展望レストラン内に人が非常に少なかったようで、貸し切り状態だったようだ。 2日目は姫路市からスタートし、今は無き手柄山中央公園の回転展望レストランへ。神戸ポートタワー・須磨浦山上遊園・手柄山中央公園の回転展望レストランはどのような感じだったのかは、「#チャリときた。」の「兵庫回転展望レストラン巡り」からどうぞ。 因みに2日目に登場する市営モノレールに関しては、実際は存在していなく、廃線跡を載せてもつまらなかったので、記念館に保存されていた車両の写真とあわせて、乗って行ったっぽく構成したとのこと。画像がリアルだったので本当に稼働していたと思ったほどで驚いてしまった。 かーまーさんこんにちは! 見て頂きありがとうございます! モノレールは、お察しの通り・・・ですが、ただ廃線跡を載せてもつまらなかったので、記念館に保存されていた車両の写真とあわせて、乗って行ったっぽく構成してみました。(これを見て乗りたい!と思われた人も、下調べはしてくれると信じて…) — さえこ🚴輪行女子 (@rinkosaeco) 2018年3月4日 漫画で登場した場所まとめ 神戸ポートタワー 住所:神戸市中央区波止場町5-5 回転喫茶「スカイラウンジ」は2018年12月15日に営業終了。 URL:http://www.kobe-port-tower.com/ 須磨浦回転展望閣 住所:兵庫県神戸市須磨区西須磨 AM10:00〜PM5:00(冬期) URL:http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities03.html 姫路市市営モノレール 1974年休止、1979年廃止。手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている。 住所:兵庫県姫路市西延末440番地 AM9:00〜PM5:00 URL:http://www.city.himeji.lg.jp/himemono.html 手柄山中央公園 回転展望レストラン 2018年3月25日に営業終了 住所:兵庫県姫路市西延末440 作者のWebサイト/Twitter/過去漫画の紹介はこちら #チャリときた:作者のWebサイト さえこさん(@rinkosaeco):作者のTwitter https://www.cyclorider.com/archives/22387

【自転車漫画】自転車イベントってどんな感じ?ツール・ド・ちば2016レポート

自転車は、長距離サイクリングや、短距離のポタリング、オフロード走行、レースなど様々な楽しみ方がある。その中でも、スピードを競わないサイクリング大会は、多くの人が楽しめるイベントだ。 サイクリング大会がどういうイベントなのか気になる人もいるだろう。今回、狐古さやかさんがPixiv等で公開している自転車漫画「ツール・ド・ちば2016レポート」を紹介したい。 「ツール・ド・ちば」とは、房総半島(千葉県)の長距離走行をメインとしたサイクリングイベント。レース等のスピード競技ではなく、交通規則を守り完走を目指すサイクリング大会だ。この大会は3日間に分けて行われ、3日間連続で出場するのも良し、1日間のみ出場するのもOKだ。 http://www.tour-de-chiba.jp/(ツール・ド・ちば 公式Webサイト) 狐古さやかさんの場合は、1日目(105km)のみの参加。そして「ツール・ド・ちば2016」当日の天気予報は、「曇のち雨、所により激しい豪雨」。サイクリングには向いていない天気で始まった。 天気は不安がある曇天模様で模様でスタート。江戸情緒あふれる成田山や手賀沼サイクリングコースを走る約105kmのコース。ちなみにコースは行われる年によって違う。2018年は「北総の魅力を味わい尽くすロングライド」をテーマに、成田・銚子エリアを中心に走るルートとなっている。 ツール・ド・ちばに限らず、多くのサイクリングイベントでは、途中に補給所(エイドステーション)がある。「ツール・ド・ちば2016」では、ポカリゼリー、バナナ、水、豚汁などが提供されたようだ。このようなサイクリングイベントは、様々なサポートがあるので気軽に楽しめる。 スタート時は雨は降っていなかったが、雨が時折降り、ついに豪雨となった。豪雨の中を走っていくうちにテンションがおかしくなりつつ走り続けることに。 ツール・ド・ちばでは補給食だけでなく、お弁当も貰うことができるようだ。 ただ、この時は1日目よりも、2日目、3日目のほうが豪華な食事だったとのこと。これに関しては作者の狐古さやかさんも漫画内で残念がっていた。 雨も止み、半分以上走り頑張ってゴールまで行くことに。詳しい内容はPixivのツール・ド・ちば2016レポートをどうぞ。 狐古さやかさんのTwitter:作者のTwitter ポンコツローディーは今日も無事カエル:作者のブログ 狐古さやかさんのPIXIV FANBOX:作者のFANBOX(ファンコミュニティ) https://www.cyclorider.com/archives/24937