夜間走行関連 未分類

夜間走行を行うのなら三角リフレクターを装着するのをお勧めする理由

投稿日:

自転車で夜間走行を行う時、車体後部にテールライトを装着するのが一般的だが、テールライトだけでは不安な場面がある。テールライトの点滅/点灯だけだと夜中では見えにくい場合があるため、リフレクターや反射ベストを着用する必要があるが、個人的にお薦めなのが三角リフレクター。アメリカの有名なサイクルツーリストがよく装着している物らしいが、日本では実用性が高いためブルベや通勤でも使う人がいるようだ。

三角リフレクター再入荷!

自分が使っているのは「aardvark reflective yield symbol」Amazonでも売られているが、Blue lugで買ったほうが安く、自分もBlue lugで購入している。

https://store.bluelug.com/aardvark-ultra-reflective-vest-14331.html

Blue lugは、aardvark reflective yield symbol以外にも三角リフレクターを取り扱っていて、ブルーラグオリジナルの自転車用リフレクター「*BLUELUG* triangle reflector」や、ブルーラグオリジナルのおにぎりデザインの三角リフレクターという面白い物もある。

https://store.bluelug.com/aardvark-ultra-reflective-vest-21479.html

https://store.bluelug.com/aardvark-ultra-reflective-vest-21480.html

三角リフレクターはBlue lug取扱以外では、R250 おにぎりリフレクターというのがある。この三角リフレクターは比較的低価格で購入が可能だ。

三角リフレクターはリュックサックに装着することができる大きな利点がある

反射部分が大きくて、夜間に目立つ三角リフレクターは、車体以外にリュックサックにも取り付けることができる物もある。自分は「aardvark reflective yield symbol」を2つ持っていて、1つはメインマシンの車体に取り付け、もうひとつはリュックサックに安全ピンで止めてバックにつけている。

リュックサックに三角リフレクターを付ける利点は、リュックサックを背負っても目立つことだろう。夜間走行を行う人達に愛用されている反射ベストはリュックサックを背負うと、後方からは目立ちにくく、リュックサックに装着する反射カバーは荷物を取り出す時が面倒な欠点がある。三角リフレクターなら比較的簡単にリュックサックに装着できる。欠点は写真のように適当に装着するとメッシュ部分の穴が開き気味になるので、よく考えて装着したほうが良いだろう。









シクロライダーお薦めジャンル一覧

-夜間走行関連, 未分類

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.