国内最大級の⼀般無料開放マウンテンバイクパーク「南アルプス立沼マウンテンバイクパーク」が2021年11月22日オープン

- Advertisement -

⼀般社団法人南アルプス山守人は、国内最大級の一般無料開放マウンテンバイクパーク「南アルプス立沼マウンテンバイクパーク」のプレオープニングイベントを2021年11月21日に開催すると発表した。

南アルプス山守人は、日本におけるMTBの普及を目的に2012年から活動をしている団体。当団体はMTBの普及を妨げている最大の要因の一つとして、日本における山道やMTBを取り巻く制度面の不完全さであると考えており、その背景には、日本の森林や山道がレジャーやスポーツの場として捉えられていなかったことが一つとして挙げている。これにより、レジャーやスポーツ利用をする際の明確なルールが不在で、利用しようとするとその都度一つ一つ許認可を獲得していく必要があるのが現状とのことだ。

その許認可を取得するにあたり、MTBの活動は地域コミュニティと切っても切り離せないものとなっている。南アルプス山守人「これまで地域の方々が関わりを持たれてきた森林・山道を使用させてもらっているという感謝の意識と実際の行動が必須であり、その実績により、結果的に地域社会や行政が動き、正式にマウンテンバイク推進の動きが起きます。」と語っている。

南アルプス山守人は、地域の夜祭りの手伝いや清掃活動、耕作放棄地を活用したワインづくり、高齢者コミュニティ支援など様々な形で地域との交流、信頼関係構築を続けることで、2019年には山梨県の自転車活用推進計画にMTBが組み入れられるとともに、山梨県有林で初のMTB走行許可を得た。2021年5月には国土交通省の自転車活用推進計画にMTB推進について記載され、6月には観光庁の「令和3年度アドベンチャーツーリズム等の新たなインバウンド層の誘致のための地域の魅力再発見事業」の実証事業者として採択。8月には地元南アルプス市長と山梨県知事がMTBを活用した観光推進の方針について正式合意するなど、本法人の活動が地域社会や行政に認められつつある。

MTBの普及を妨げているもう一つの要因は、日本のMTBマーケットにはピラミッドの最下層を構成する初心者ファミリー層の存在が欠落していることであると当団体は考えている。誰もが気軽にMTBを楽しめる環境があってこそ、MTBが県民スポーツ、国民スポーツとなり、結果として社会的に受け入れられた状態となり制度化が実現すると語っている。

今回オープンする立沼MTBパークは、地域や行政に認められた、初心者やファミリー層など誰もが気兼ねなく楽しめるトレイルとして、上記二つの課題を解決する場所。日本国内の先進事例となる取組みであり、今後の日本のMTBの普及に大きく貢献するものと考えている。

本法人は、山梨県レベルでの制度化を実現し、その事例を全国横展開できるよう、初心者やファミリーなどのライトなマウンテンバイカーを増やし、山林や中山間地の魅力を多くの方々に知っていただくための様々な活動を展開し、最終的には、世界からのマウンテンバイカーの受け皿にもなる世界有数の巨大なトレイル網を築くことを目指す。

立沼MTBパーク 概要

◆名称:南アルプス立沼マウンテンバイクパーク
◆所在地:山梨県南アルプス市
◆利用可能日:常時開放
◆利用可能人数:同時利用最大50名程度
◆利用対象者:初心者・ファミリーから中級者
◆特徴

『無料・⼀般開放MTBトレイルでは国内最⼤級規模 』
・合計8本・総延⻑約3kmの長さ、面積は約7ha
『パブリックトレイルとしての管理体制を整備』
・管理⼈を置かず看板でルールを⾒える化 &看板に従って利⽤者登録
『維持管理財源確保の試⾏実施』
・トレイル維持管理財源を確保する国内初の試みとして利⽤者が⾃ら⾦額を決めて課⾦する任意課⾦制を導⼊
『利⽤者もこれから のMTBパークを構築していく仲間』
・オンライン掲⽰板を設置し毎⽉のトレイル整備Day情報などを共有
・利⽤者も⼀緒になってMTBパークのメンテナンスを実施
・南アルプスマウンテンバイク愛好会への⼊会促進

⾃分たちの遊ぶ環境は⾃分たちで維持するという持続可能な仕組みでの運営を⽬指します。 本パークは、通常であれば造成に1,000万円ほどの費⽤を要しますが、本法⼈が運営する「南アルプスマウンテンバイク 愛好会」の会員みんなの⼒で造成し、完成させたものです。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連