スマホを使い、兵庫・但馬の山陰海岸ジオパークをサイクルツーリズムで巡る「コウノトリチャレンジin但馬」誕生

- Advertisement -

DIIIGは11月11日、同社が提供するミッションアプリ「DIIIG」で、2021年10月21日に、新ワールド「コウノトリチャレンジin但馬」がスタートしたと発表。2010年10月「世界ジオパーク」に認定され、但馬地域の大きな観光資源となった「山陰海岸ジオパーク」を巡るサイクリングコースを提供する。アプリ「DIIIG」のGPSチェックインでミッションをクリアするとポイントがたまり、ご当地グルメなどの報酬を交換できる。

兵庫・但馬地域では、2011年より「山陰海岸ジオパーク」を但馬地域の観光資源として全国にPRするための活動として、タイムを競うレースではなく地域住民との交流と観光振興を目的とした1DAYサイクリングイベント「コウノトリチャレンジライド」を開催している。このイベントでは、毎年850人から900人のサイクリストが1日に集まるが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、1DAYイベントは中止になった。

今回、密を避けながら、コウノトリチャレンジライドのコースを楽しめる新たなイベントとして「コウノトリチャレンジサイクリング」が誕生。さらに、ユーザーが自身のスマホを使って好きな時に参加できるモバイルスタンプラリー型のイベントに進化した「コウノトリチャレンジin但馬」が2021年10月からスタートし、アプリ「DIIIG」が採用された。

コウノトリチャレンジライドin但馬 実行委員長 田岡 聖司氏は「兵庫県の但馬地方は、青い海、緑の高原、温泉の癒し、最高のグルメなど、都会の喧騒からはなれ自然に恵まれた豊かな地域です。「コウノトリチャレンジライド」は、これまで1日のイベントとして開催して来た大会ですが、コロナ禍で開催ができない状況が続きました。「今年は大会をやらないのですか?楽しみにしています!」と多くのお声を頂く中で、アプリ「DIIIG」と出会い、魅力あふれるコウノトリチャレンジライドのコースをアプリでいつでも楽しめるように考えました。魅力あふれる但馬の土地をDIIIGのアプリと一緒に巡っていただきたいです」とコメントしている。

コースは4種類あり、その中でも注目なのが、コウノトリチャレンジライドロングコース120キロ。毎年開催されているコウノトリチャレンジライドのロングコース120キロで、山、海、高原、平地などたっぷり楽しみながら、獲得標高は約1500mと少しハードな中・上級者コース。参加すると、参加賞として城崎温泉で使える商品券1000円分や記念タオル、Tシャツ、ファンライド参加クーポンがもらえる。参加費は3000円(税込、以下同)。別途DIIIG利用料10%が必要。

他にも、豊岡をぐるり1周する「トヨイチ」コースや、神鍋高原ヒルクライムコース、城崎出石平坦コースを用意。料金は500円で、別途DIIIG利用料10%が必要。また、コウノトリチャレンジサイクリングロングコース120キロに参加した人には、参加賞のクーポンコードを利用すれば無料でファンライドコースに参加が可能。

各コースのミッションをクリアすると豪華賞品が当たる抽選に参加可能。
また、各スポットでミッションをクリアすると獲得できるポイントで交換できる報酬も追加予定。

開催期間は1回目が2021年10月24日から12月31日まで。2回目が2022年1月1日から3月31日まで。3回目が2022年4月1日から5月31日まで。

関連リンク

 

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連