BOSCH E-MTB体験イベント「E-MTB WORLD 2021」に出展

- Advertisement -

スポーツ電動アシスト自転車「E-Bike」向けシステムを販売するボッシュは11月2日、2021年11月6日、7日に、神奈川県横浜市で開催される、電動アシストマウンテンバイク「E-MTB」イベント、「E-MTB WORLD 2021」で、「Bosch×TREK合同ブース」を出展すると発表した。

Bosch Performance Line CXの特徴の1つである、eMTBモードは、通常のMTBでは走行できないような険しい上り坂、木の根が露出し滑りやすい斜面、道幅の狭いシングルトラック等の状況下で、最適なトラクションコントロールを実現する為に作られたモード。

eMTBモードは、各アシストモード毎の一律のアシストではなく、ライダーの踏力の強弱に応じた最適なアシストを自動で提供するアシストモード。eMTBが本来苦手とする滑る斜面や、狭いスペースでのターンなどテクニカルな場面でも、意のままにコントロールできると謳っている。

また、Performance Line CXの最大85Nmの駆動トルクと相まって、低速域から高速域まで、幅広いライディング環境下で最適なサポートが可能。その為、坂道だけでなく岩場、砂利などのトラクションが掛かりにくい平地環境下でも、スムーズなライディングが可能とのことだ。

eMTBモードには“Extended Boost”という、ペダリングが困難な状況でも積極的にライダーをアシストする機能を搭載。木の根が露出したトレイルや、岩場セクション等のテクニカルな場面で、適切な踏力でペダルをハーフストロークさせた際に、車体をキックするかの様にドライブユニットがアシストを与え、はタイトなコーナーを抜けた後の流れる様な再加速にも繋がる。

試乗車は、カーボンフレームの最高峰フルサスペンションeMTB「TREK Rail 9.7 (2021年モデル)」、アルミフレームのフルサスペンションeMTB「TREK Rail 5 (2021年モデル)」、ハードテイルeMTB「TREK Powerfly 5 (2021年モデル)」を用意。全て、eMTBモードを有するPerformance Line CXを搭載している。

E-MTB WORLD 2021はコロナ感染対策のため、事前予約制を実施。開催日時は2021年11月6日から7日の2日間で、10時から16時までで、7日は10時から15時となる。参加費は500円。

関連リンク

E-MTBを気軽に体験できる「E-MTB WORLD 2021」が開催決定 試乗だけでなくサイクルギアの販売も予定

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連