自転車NAVITIME、スタンプラリー機能を提供開始

- Advertisement -

ナビタイムジャパンは11月2日、自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車NAVITIME」で、「スタンプラリー」機能を提供開始すると発表した。コロナ禍でグループライドが難しいなかでも、同じイベントへ参加することができ、サイクリングのつながりが期待できる。また、本機能の連携第一弾として、2021 年11 月1日より、「ラファ東京スタンプライド」を実施している。

「スタンプラリー」機能は、自転車NAVITIMEを活用して、スタンプラリーイベントを開催することができる機能。スタンプラリーに必要な基本的な機能をデジタルで利用できることに加え、自転車専用ナビゲーション、イベントの訴求、データ分析までをワンストップで提供を行う。

 

同社は「スタンプラリー機能の提供により、自転車利用を推進している自治体や自転車関連企業様には、これまで対面、大人数で実施してきたイベントの代替施策として、低コストでアプリを活用した、非対面、非接触型のスタンプラリーイベントを開催し、各地域・業界を盛り上げるツールとして活用いただければと考えています。」と語っている。

スタンプラリー実施後は、参加者のスタンプ取得状況などのデータの取得も可能で、効果分析や次回開催に向けた施策などに使用可能。

「スタンプラリー」機能は、スポットを自由に設定でき、企業や自治体などイベントの主催者が自由にスタンプスポットを設定し、紹介文を掲載できる。スポットの正確な位置を地図上で確認したり、現地までのルート案内、ナビゲーションも可能だ。

スタンプラリーの配信は、スタンプラリー概要、スタンプスポットへのチェックイン、取得したスタンプの管理(スタンプ台紙)などといったスタンプラリーに必要な機能が利用可能。また、参加賞景品との引き換えや、抽選景品の応募フォームへの遷移まで行うことができる。スタンプ台や台紙の準備が不要になるため、低コストかつ短期間でイベントを実施することが可能だ。また、自転車NAVITIMEアプリ内にバナー掲載枠も用意。

参加者数、参加者のスタンプ取得状況、回遊状況といったデータの取得が可能で、効果分析や次回開催に向けた施策として役に立つとのこと。

第1段で開催されている「ラファ東京スタンプライド」は、「丸子橋」「岩淵水門」など、東京・神奈川・千葉のサイクリストに人気の13 箇所のスポットを巡ってポイントを集めるスタンプラリー。参加者全員にはラファ東京ステッカーをプレゼント。また、6 ポイント以上を獲得すると、抽選でラファオリジナルグッズなどが当たる。

実施期間は2021年11月1日(月)から、11 月30 日(火)まで。場所は、東京、神奈川、千葉の13 箇所のスポット。景品は参加賞でラファ東京ステッカー、また、6 ポイント以上獲得した応募者の中から抽選でプレゼントを実施。A賞 ラファ マグカップ(5 名様)、B賞 ラファ×ハリオV60 コーヒードリッパー(2名様)、C賞 PantaniPULL-OUTPRINTS マルコ・パンターニのポスターブック(2 名様)となる。当選者の発表は、当選者のみへの連絡となる。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連