2021年モデル版 TREK(トレック)のE-Bikeを解説 E-MTBに新モデルやアップデートを実施

- Advertisement -

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクまで、様々な自転車を製造しているアメリカのスポーツ自転車ブランド「TREK」。電動アシストスポーツ自転車「E-Bike」にも力を入れており、日本市場ではE-クロスバイクとE-MTBをラインナップしています。

2021年モデルでは新モデルの登場や新たにフルサスE-MTBを投入しました。今回はTREKのE-Bikeの特徴や2021年モデルの改良点を解説します。

TREKのE-Bikeの特徴

全モデルにBosch製ユニットを搭載

TREKのE-Bikeに搭載されているユニットは全車、ドイツを本拠とする総合自動車部品、電動工具メーカー「Bosch(ボッシュ)」製ユニットを搭載しています。Bosch製のE-Bikeユニットは、街乗り、舗装路サイクリング向けのActive Line Plusと、E-MTBやスポーツ向けのPerformance Line CXの2種類が用意されており、TREKのE-Bikeには2種類とも搭載されています。

 

Verve+ 2シリーズ(2020年モデル)は、Active Line Plusを採用。アシストの音は静かでスムーズなフィーリングが特徴の街乗り、舗装路サイクリング用のドライブユニット。定格出力は250W、最大トルクは50Nmを発揮し、必要十分なパワーとトルクを発揮します。

クロスバイクタイプのAlliantシリーズと、E-MTB(電動アシストマウンテンバイク)全車には、スポーティなサイクリングやオフロードライドを楽しむ「Performance Line CX」を採用。定格出力は250W、最大トルクはモデルにより75Nm、もしくは85Nmを発揮。舗装路でパワフルな走りを楽しみたい人や、オフロードを走る人にピッタリのユニットです。

また、Performace Line CXを搭載したE-MTBのPowerfly 5、Railシリーズには、E-MTB用途に特化したアシストモード「eMTBモード」が搭載されています。eMTBモードではライダーの踏み込み力に応じた最適なアシスト力が瞬時に提供し、狭い箇所でのターンや滑りやすい斜面を駆け上る場面で、予期せぬアシストの挙動を排除したのを売りにしています。

一部モデルに、着脱式一体型バッテリーを採用

AlliantシリーズとE-MTBには、TREK独自の着脱式バッテリーシステム「Removable Integrated Battery(RIB、着脱式一体型バッテリー)」を搭載してます。これは、バッテリーが車体に一体になり見た目がすっきりしているだけでなく、バッテリーが簡単に着脱できるシステム。バッテリー本体には折りたたみ式ハンドルが装備されており、バッテリーを持ち運んで気軽に別の場所で充電を行うことができます。

2021年モデルTREKのE-Bikeは、E-MTBに注目

E-MTBに大容量バッテリー「Bosch PowerTube625」を採用

一番の注目は、2021年モデルのTREK製E-MTB全車に625Whの大容量バッテリー「Bosch PowerTube 625」を搭載した事でしょう。2020年モデルで搭載されていた500Whの「Bosch PowerTube 500」と比較して、バッテリー容量が約1.25倍アップ。ハードなオフロードライドでも電池切れが起きにくくなります。

アルミフレームのRail 5が登場

2021年モデルでは、フルサスE-MTB「Rail」シリーズに、新たにアルミフレームモデルのRail 5が登場しました。Rail 5は、カーボンフレーム仕様のRail 9.7と同じく29インチのフルサスE-MTB。Rail 9.7に搭載されているRemovable Integrated Battery(着脱式一体型バッテリー)や、アクティブ ブレーキング ピボット(ABP)といった機能を搭載しています。

TREKのE-Bike最新モデル 7モデルを解説

Verve+2/Verve+ 2 Lowstep(2020年モデル)

Verve+ 2

Verve+ 2 Lowstep

Verve+ 2は、街乗りやサイクリング向けのクロスバイクタイプのE-Bike。車体デザインは、一般的なダイアモンドフレームの「Verve+ 2」と、軽快車のようにまたぎやすいスタッカート型の「Verve+ 2 Lowstep」の2種類を用意しています。

夜間走行で必需品の前後ライトに、服が汚れにくい泥除けやチェーンカバー、荷物が積めるリアキャリア、街乗りでは必需品のスタンド、振動を吸収するサスペンションシートポストを装備しており、街乗りや通勤などで活躍する装備が充実しています。

搭載されているドライブユニットは「Bosch Active Line Plus」。定格出力250W、最大トルク50Nmと舗装路走行やサイクリング向けのユニットを搭載。バッテリーはBosch PowerPack300でバッテリー容量は300Wh。バッテリー容量はやや小さめで100キロを越えるロングライドよりも、街乗りや気軽なサイクリングを楽しむのに向いています。

バッテリー容量に関して不満がある場合、別売りのBosch PowerPack 400(容量400Wh)やBosch PowerPack 500(容量500Wh)が用意されており、最大バッテリー容量を1.6倍までに増やすことができます。価格は26万9000円(税抜、以下)です。

  • フレーム:Alpha Gold Aluminum, smooth welds, rack & fender mounts, internal routing, kickstand mount, 135x5mm QR
  • フロントフォーク:-
  • 重量:23.3kg
  • ブレーキ:Shimano MT200 hydraulic disc
  • ギア(前):Prowheel alloy, 38T steel ring, 170mm length
  • ギア(後):Shimano Alivio T4000, 11-36, 9 speed
  • フロントホイール:Formula DC20 alloy+Bontrager Connection alloy, 32h
  • リアホイール:Formula DC22 alloy+Bontrager Connection alloy, 32h
  • タイヤ:Bontrager H5 Hard-Case Ultimate, wire bead, 60 toi, 700x45c
  • ドライブユニット:Bosch Acitive Line Plus(定格出力250W、最大トルク50Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:Bosch PowerPack, 300Wh
  • 充電時間:約2.5時間
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/SPORT/TURBO)
  • 航続距離:100km/65km/60km/50km※Bosch E-Bike Systemから引用

Allant+ 8/Allant+ 8 Stagger

Allant+ 8
Allant+ 8 Stagger

Allant+ 8シリーズはロングライドを楽しむクロスバイクタイプのE-Bike。バッテリーは車体内部に搭載しつつ、簡単に脱着できる内蔵バッテリー「 Removable Integrated Battery (RIB)」を採用し、すっきりしたデザインと実用性を両立しています。

高級コミューターと言えるE-Bikeだけあって、前後ライトや泥除け、サイドバッグを装着するバニアラックを装着し、27.5×2.4インチと太いタイヤを採用することで、パンクに強いのが特徴です。通勤にも対応。さらに、バッテリーは容量500WhのBosch PowerTube 500で長距離サイクリングも楽しむ事が可能です。

車体デザインは一般的なダイアモンドフレームのAllant+ 8と、またぎやすい車体のAllant+ 8 Staggerを用意。価格は43万円です。

  • フレーム:Alpha Platinum Aluminum, Removable Integrated Battery (RIB), tapered head tube, Control Freak internal routing, Motor Armor, Boost148, 12mm thru axle
  • フロントフォーク:Allant+ rigid alloy fork, 1-1/8” steel steerer, 100x15mm thru-axle, post-mount disc brake
  • 重量:25.4kg
  • ブレーキ:Shimano MT200 hydraulic disc+Shimano RT56, 180mm, 6-bolt
  • ギア(前):ProWheel alloy
  • ギア(後):Shimano Deore M4100, 11-42, 10 speed
  • フロントホイール:Bontrager sealed bearing, 32-hole 15mm alloy thru-axle+Alex MD35, Tubeless Ready, 32-hole, 35mm width, presta valve
  • リアホイール:Bontrager sealed cartridge bearing rear hub, 32-hole, 6-bolt disc, 5mm QR+Alex MD35, Tubeless Ready, 32-hole, 35mm width, presta valve
  • タイヤ:Bontrager E6 Hard-Case Lite, reflective, wire bead, 60tpi, 27.5×2.4”
  • ドライブユニット:Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク75Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:Bosch PowerTube500  500Wh
  • 充電時間:約4.5時間
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/SPORT/TURBO)
  • 航続距離:167km/108km/95km/83km

Powerfly 5

TREKのE-MTBの中で一番安いのがハードテールE-MTBの「Powerfly 5」。アルミフレームには、簡単に脱着できる内蔵バッテリー「 Removable Integrated Battery (RIB)」を採用しました。

ホイールサイズはSサイズが27.5インチで、他のサイズは29インチを採用し、身長に合わせて扱いやすさを重視。また、荷台とフェンダーの装着もできるため、トレイルライドからツーリングまで、幅広く使うことができます。

2021年モデルでは、ブレーキをシマノ製4ピストンタイプの油圧ディスクブレーキを搭載し制動力アップ。バッテリーも625Whとバッテリー容量が約1.25倍アップ。ドライブユニットはBosch Performance Line CXで定格出力250W、最大トルク85Nm仕様。荒れたオフロードでも直感的にアシストを行うeMTBモードを採用しています。価格は48万5000円です。

  • フレーム:Alpha Platinum Aluminum, Removable Integrated Battery (RIB), tapered head tube, Control Freak internal routing, Motor Armor, Boost148, 12mm thru axle
  • フロントフォーク:RockShox Recon Silver RL, DebonAir spring, Motion Control damper, lockout, tapered steerer, 46mm offset, oversized crown for eMTB, Boost110, Maxle Stealth, 120mm(XSは80mm)travel
  • 重量:23kg
  • ブレーキ:Shimano 4-piston hydrauilc disc, MT4100 lever, MT420 caliper+Shimano RT66, 203mm, 6-bolt
  • ギア(前):SRAM X1 1000, 36T, 165mm
  • ギア(後):SRAM PG-1230 Eagle, 11-50, 12 speed
  • フロントホイール:Bontrager Kovee Comp 23, Tubeless Ready, 6-bolt, Boost110, 15mm thru axle
  • リアホイール:Bontrager Kovee Comp 23, Tubeless Ready, 6-bolt, Shimano 8/9/10 freehub, Boost148, 12mm thru axle
  • タイヤ:
    Size: S、Bontrager XR3 Comp, wire bead, 30 tpi, 27.5×2.35”
    Size: M , L , XL、Bontrager XR3 Comp, wire bead, 30 tpi, 29×2.30”
  • ドライブユニット:Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク85Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:Bosch PowerTube625  625Wh
  • 充電時間:-
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/eMTB/TURBO)
  • 航続距離:-

Rail 5

2021年モデルで新たに登場したRail 5は、TREKのフルサスE-MTB「Rail」シリーズのアルミフレームモデル。車体はカーボンフレームのRail9.7から継承した、150mmのリアトラベルを備えるアルミフレームを採用。フロントフォークはe-MTBに最適化した160mmトラベルのRockShox 35 Gold RL、ワイドなギアを搭載した1×12速ドライブトレインを採用し、本格的なトレイルライドを楽しめるようになっています。

バッテリーは625Wh「Bosch PowerTube 625」でオフロードライドでも電池切れがしにくい大容量バッテリーを採用。ドライブユニットはBosch Performance Line CXで定格出力250W、最大トルク85Nm仕様でeMTBモードを採用しています。価格は59万9000円です。

  • フレーム:Alpha Platinum Aluminum, Removable Integrated Battery (RIB), tapered head tube, Control Freak internal routing, magnesium rocker link, Motor Armor, Mino Link, ABP, Boost148, 12mm thru axle, 150mm travel
  • フロントフォーク:RockShox 35 Gold RL, DebonAir spring, Motion Control damper, e-MTB optimized, tapered steerer, 44mm offset, Boost110, 15mm Maxle Stealth, 160mm travel
  • 重量:23.53kg(M Size)
  • ブレーキ:Tektro HD-M745 4-piston hydraulic disc
  • ギア(前):SRAM X1 1000, 34T, 165mm
  • ギア(後):SRAM PG-1230 Eagle, 11-50, 12 speed
  • フロントホイール:Alex MD35, Tubeless Ready, 32-hole, 35mm width, presta valve+Bontrager sealed bearing, alloy axle, 6-bolt, Boost110, 15mm thru axle
  • リアホイール:Alex MD35, Tubeless Ready, 32-hole, 35mm width, presta valve+Bontrager alloy, sealed bearing, alloy axle, 6-bolt, Shimano 8/9/10 freehub, Boost148, 12mm thru axle
  • タイヤ:Schwalbe Nobby Nic Performance, tubeless, aramid bead, 29×2.60″
  • ドライブユニット:Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク85Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:Bosch PowerTube625  625Wh
  • 充電時間:-
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/eMTB/TURBO)
  • 航続距離:-

 

Rail 9.7

 

Rail 9.7はカーボンフレームを採用したフルサスE-MTB。TREKのE-Bikeの中ではフラグシップモデルとして知られています。2020年モデルでは、税抜価格79万円と非常に高価格ながら、発売後2週間で完売したことで有名です。

2021年モデルでは、ディスプレイはBosch Kioxに変更。1.9インチカラーディスプレイには、速度やバッテリー残量、時刻、ライダーがペダルを漕いでいる力や、別売りのBluetooth 接続の心拍計と連動して心拍等が表示可能です。

さらに、Bluetooth経由でスマートフォンと連動する事で、ボッシュ製スマートフォン用アプリケーション「eBike Connect app」に走行データを連動させる事ができ、走行後にライドの軌跡やトレーニング状態の確認ができます。

バッテリーはBosch PowerTube 625と625Whサイズの大容量バッテリーを搭載。ドライブユニットはBosch Performance Line CXで定格出力250W、最大トルク75Nm仕様でeMTBモードを搭載。

2020年モデルの500Whサイズから1.25倍に容量アップし、ハードなオフロード走行でも電池切れになりにくくなりました。価格は79万円です。

街・峠・山のすべてを走破する怪物E-MTB「TREK Rail 9.7」をインプレ【E-Bike】

  • フレーム:OCLV Mountain Carbon main frame & stays, Removable Integrated Battery (RIB), tapered head tube, Knock Block, Control Freak internal routing, magnesium rocker link, Motor Armor, Mino Link, ABP, Boost148, 12mm thru axle, 150mm travel
  • フロントフォーク:RockShox Yari RC, DebonAir spring, Motion Control RC damper, e-MTB optimized, tapered steerer, 44mm offset, Boost110, 15mm Maxle Stealth, 160mm travel
  • 重量:22.77kg(M Size)チューブ付き
  • ブレーキ:Shimano hydraulic disc  M6120 4-piston caliper
  • ギア(前):SRAM X1 1000, 34T, 165mm
  • ギア(後):SRAM PG-1230 Eagle, 11-50, 12 speed
  • フロントホイール:Bontrager Line Comp 30, Tubeless Ready, 6-bolt, Boost110, 15mm thru axle
  • リアホイール:Bontrager Line Comp 30, Tubeless Ready, 6-bolt, Boost148, 12mm thru axle
  • タイヤ:Bontrager XR5 Team Issue, Tubeless Ready, Inner Strength sidewall, aramid bead, 120 tpi, 29×2.60”
  • ドライブユニット:Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク75Nm)
  • アシスト方式:ミッドドライブ
  • バッテリー:Bosch PowerTube625  625Wh
  • 充電時間:-
  • アシストモード:4段階(ECO/TOUR/eMTB/TURBO)
  • 航続距離:-

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連