カーゴバイク 特集 電動アシスト自転車/E-Bike

ワクワクさせるE-カーゴトライク「STROKE CARGO TRIKE T4」がバイシクルシティエキスポ2019で公開

投稿日:

エンビジョン株式会社が開発している電動アシストカーゴバイク(E-カーゴバイク)「STROKE CARGO TRIKE T4」がバイシクルシティエキスポ2019で公開された。STROKE CARGO TRIKEは、2018年にT3.Xシリーズという既存の自転車を改造した物だったが、写真のT4は一から製作したプロトタイプとなる。

電動アシスト自転車やE-Bikeを見る上で注目されるのがドライブユニット。STROKE CARGO TRIKE T4に搭載されているドライブユニットは某国産ブランドのドライブユニット。日本国内ではミッドドライブユニットでは採用例が無いベルトドライブを採用している。このドライブユニットは日本では発売されていないが、国内仕様のセッティングにしてもパワフルに走れるようだ。(記事公開時点では市販モデルに搭載するかは未定)

前2輪のステアリング機構は、かつて試乗したT3.5に改良が加えられており、調整が必要な現時点でも安定して走行できるようだ。また、この部分は工具を使えば簡単に外せる機構を採用した。これによりステアリング機構を外せば、ホンダ・N-BOX等の軽スーパーハイトワゴンに載せることができるとのこと。

多目的キャリアを搭載することによりワクワクさせるE-カーゴバイクになった

かつて、筆者はSTROKE CARGO TRIKE T3.5に試乗したことがある。この時、問題視していたのが「面白い自転車だが、ライフスタイルを描けないので、特殊な自転車で終わってしまう。」と危惧していた事。今回公開されたSTROKE CARGO TRIKE T4では、その問題を解決する機能が搭載されていた。

それは、荷台に装着されたマルチキャリア。上段と下段に分けられており、上段は開けるとテーブルになり、閉めた状態でもサイドバッグも搭載できる荷台を採用している。下段には予備バッテリーと充電器を箱に入れ、上段にはテントや寝袋を積んで旅をするのも面白いだろう。仮に道中で飽きたとしても、自転車は家財宅急便で送れるため、クルマやオートバイよりも気軽に送れる。

STROKE CARGO TRIKE T4は、様々な可能性があるE-カーゴトライクとなった。今後は某企業とのコラボレーションを行ったテストや、試乗会も行うとのことだ。

https://stroke-design.com/



-カーゴバイク, 特集, 電動アシスト自転車/E-Bike
-, ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.