YAMAHA YPJ-MT Pro 2023年モデル登場 最新型モーター「PW-X3」を搭載してビッグチェンジを実施

ヤマハ発動機は9月30日、YPJ-MT Pro 2023年モデルを発表。12月下旬に発売する。

「YPJ-MT Pro」は、スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」のフラッグシップモデルとして登場したフルサスE-MTB。メインフレームの上下がそれぞれ2本に分かれた構造で、車体剛性と最適な重量バランスを実現する「YAMAHA Dual Twin® Frame(ヤマハ デュアル ツイン フレーム)」を採用していることで知られている。

2023年モデルでは、ドライブユニットを新型の「PW-X3」に変更。YAMAHA PW-X3は、2021年9月に国外向けで発表された、ヤマハ製E-Bike用ドライブユニットのフラグシップモデル。ドライブユニットの設計を一新し、旧型のPW-X2と比較して、大幅な小型・軽量化を実現し、コンパクトになったことでグラウンドクリアランスを確保し、オフロードでの走破性を向上。広いケイデンス範囲で85Nmのモータートルクを実現したと謳っている。

スイッチはリモートコントロールタイプを採用し、より扱いやすいコンパクトサイズとしたことで走行中でもスムーズにアシストモードの切り替えが可。メーターは、オフロード走行に必要な機能に絞り込み、バッテリー容量とアシストモードが一目で分かるカラーLEDインジケーターを採用したコンパクトタイプ。スイッチは、BluetoothまたはANT+を通してサードパーティーのサイクルコンピューターとの接続が可能で、給電機能のついたUSBポートも備えている。

フロントサスペンションは、アウターケースの剛性をさらに高めた「ROCKSHOX LYRIK SELECT」を採用。ドライブトレインは、「SHIMANO M8100 XT 12sp」を搭載した。価格は74万8000円(税込)。

関連リンク

関連記事

関連記事

新着記事

spot_img