OVER Racingからヤマハ YPJ-MT Pro用のカスタムパーツが登場

OVER Racingが電動アシストマウンテンバイク(e-MTB)のカスタマイズに初進出しました。

OVER Racingはオートバイ用のカスタムパーツなどで知られている企業。YPJ-MT Proは、モーターサイクルからの着想を基にヤマハが創り出したフルサスペンションタイプのe-MTBで、デュアルツインフレームなど、モーターサイクルブランドであるYAMAHAだけが創造できる独特のデザインを採用しています。

今回、OVER Racingは新たに数々のカスタマイズパーツを提案。1つ目の「フラットペダル ラージ(ノンスリッププレートタイプ)」が登場。剛性と機能性を追求したシンプルなデザインで、OVER Racingの加工技術を生かしています。また、V溝とR溝を混合させた表面加工を採用したノンスリッププレートは、ペダルワーク全体を支え、ソールから伝わる力を効率よく受け止めます。さらに、このペダルはピンタイプとプレートタイプが選べ、ライダーのペダルワークに合わせてカスタマイズ可能です。価格は58300円(税込、以下同)です。

次に、「クランク セット」はYPJ-MT Proのドライブユニット「PW-X2」専用開発で、マシニングセンターで加工されています。シンプルなデザインにより車体との親和性を高め、剛性と軽量化をバランスよく取り、コントロール性を最大限に引き出します。価格は40700円です。

また、「チェーンデバイス」はダウンヒルでのチェーン脱落を防止するフロントチェーンデバイスで、メンテナンス性を高めるために3ピース構造とし、取り付けやすくなっています。価格は29150円です。

「ステム」は、コントロール性を重視した設計で、軽量化されており、クイックなハンドリングを実現します。また、剛性を保ちつつ、ロードインフォメーションをより感じ取りやすくし、正確なハンドリングをサポートします。価格は28050円です。

加えて、「カーボンカバー」は、バッテリー用とモーター用を開発中で、車体保護を目的とし、軽量かつ丈夫なカーボン素材を選択しています。さらに、「ディスプレイスタンド」は、容易な組み立てと分解が可能な三ケ月型のスタンドで、存在感と省スペース性を兼ね備えています。カーボンカバーはいずれも27500円で、スタンドは31350円です。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img