キャノンデール、小径Eバイク「コンパクトネオ」登場

キャノンデール・ジャパン株式会社は、小径Eバイク「コンパクトネオ」を1月27日に発売します。

コンパクトネオは、キャノンデールの名車「デルタV」や「フーリガン」などのデザインをオマージュしたアルミフレームを採用し、内蔵されたバッテリー、取り回しの良い20インチホイールが特徴です。重量は18kgを切り、折りたたみ可能なハンドルバーとペダルにより、家の中に入れることができる設計がされています。また、Lemansの前後ライト、前後フェンダー、25kgの耐荷重を持つラックを装備し、街乗りも重視。

20 U Compact Neo – SBK
20 U Compact Neo – CHK

250Whのバッテリーは、3時間30分でフル充電が可能。リアハブに搭載したハイエナドライブシステムと組み合わせることで、3つのアシストモードと最大走行距離60kmを実現します。また、ホイールセンサーを搭載しており、アプリと連動して距離や速度、走行軌跡を記録できるほか、メンテナンスサービスのリマインダーやユーザー登録も可能です。

スペックは、SmartForm C2 Alloyフレーム、Samox 48Tクランク、Hyena MRC-250、250Wドライブユニット、Hyena 250Whバッテリー、Tektro HD-R280油圧ディスクブレーキ(160/160mmローター)、microSHIFT M26S、8速リアディレイラー、キャノンデール クルーズコントロールライザーハンドルバー(15°バック、740mm)、キャノンデール4、6061合金シートポスト(31.6 x 540mm)、ケンダKラッド、20 x 2.35 タイヤが採用されています。付属品は、キャノンデールホイールセンサー、ハーマンのフロントライトとリアライト、ラック、フェンダーなどです。Compact Neoは、カラーがチョーク(CHK)とスモークブラック(SBK)の2色で、価格は29万円(税込)です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img