ヤマハ発動機 電動アシスト自転車「PAS」30周年限定モデル「PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル」を発売

ヤマハ発動機は11月9日、電動アシスト自転車「PAS(パス)」の発売から30周年を記念して、子ども乗せ電動アシスト自転車「PAS Babby un SP coord.(パス バビー アン スーパー コーデ)」をベースにした限定モデルを発表。2023年2月14日に発売する。

同社は1993年に世界で初めて電動アシスト自転車を商品化。「人間感覚を最優先した、人にやさしく、地球にやさしいパーソナル・コミューター」を目指した「PAS」の発売を機に、自転車市場に電動アシスト自転車という新しいカテゴリーが誕生した。1990年代後半から、他社メーカーも市場へ参入し、電動アシスト自転車が全国へ普及。2009年からの道路交通法の改訂に従い一般社団法人自転車協会が「幼児2人同乗基準適合車」の基準を定めてさらに市場が拡大。現在では、子乗せや通学などの移動用途、E-Bikeなどのレジャー領域まで拡大している。

今回登場した「PAS」30周年限定モデル「PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル」のベースは、幼児2人同乗基準に適合した20型小径子ども乗せ電動アシスト自転車の「PAS Babby un SP coord.」。子供の頭部を270度包み込むリヤチャイルドシートを採用しつつ洒落たなスタイリングが特徴として知られている。30周年限定モデルは、「PAS Babby un SP coord.」2023年モデルをベースに、特別限定カラー「マットディープレイクグリーン」の車体に合わせたレインカバー「晴雨兼用リヤチャイルドシートレインカバー」、標準装備のリヤチャイルドシート「ハグシート」の座面に合わせて特別に設計された子供が快適に座れるリヤチャイルドシートクッション、記念エンブレムを装備。また、特別限定カラーとして「マットディープレイクグリーン」を採用した。価格は19万3600円(税込)。

関連記事

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img