ヤマハ発動機から子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew」2022年モデル登場 安新設計リヤチャイルドシート「ハグシート」を搭載

- Advertisement -

ヤマハ発動機は1月11日、幼児2人同乗基準に適合した24インチ子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew(パス クルー)」のリヤチャイルドシートとカラーリングの変更を発表。2月14日に発売する。

「PAS Crew」は、父親、母親にも乗りやすいサイズの24型で、優れた登坂性能を発揮する「PAS」シリーズ最上位のアシスト力を備えた電動アシスト自転車。登坂時などの高回転でペダリングを行う時でものびやかで快適な乗り心地に、状況に合わせて自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」を搭載している。

2022年モデルは、大型バスケット(約25L)や、子供の頭部を270度包みこみ、レイングッズや、子供のおもちゃ、靴などの収納が可能な「カバー付き背面ポケット」を装備した新型リヤチャイルドシート「ハグシート」を搭載。カラーリングは、「マットアンバー2」に加え、新たに「マットライトグレー」と、「マットインディゴ」を新たに設定した全3色展開となる。

アルミフレームに外装7段変速を採用した車体は、25.2V 15.4Ahバッテリーを採用することで、航続距離は56キロから78キロを実現。充電時間は4時間。タイヤサイズは24×2インチで、乗車可能身長は145センチメートルから。重量は35.7キログラム。BAAと3年間盗難補償付きで17万8200円(税込)。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連