イタリアのオートバイ・E-Bikeブランド「FANTIC」 ロードバイク等で有名なボッテキアを買収

Fantic Motor S.P.A.は2022年7月7日(現地時間)、ロードバイク等で有名なイタリアの自転車ブランド「BOTTECCHIA(ボッテキア)」を買収した。

FANTICはイタリア・ロンバルディア州レッコ県バルザーゴに本社を置くオートバイメーカー・ブランド。現在はイタリアの投資グループ「Ve Network」の一員となっている。2019年にはYamaha Motor Europeとの戦略的産業コラボレーションを公式に発表し、2020年末にはMotori Minarelliの買収を行っている。

ボッテキアは、1924年にレンガ職人だったオッタビオ・ボッテキアから名付けられた自転車ブランド。イタリア人初のツール・ド・フランス優勝者で第1ステージから最終ステージまでイエロージャージを身にまとったことで知られれており、1926年、ボッテッキア・チクリのブランドが誕生した。

ボッテキアは、マウンテンバイクでは、ボッテッキアファクトリーチームMTBを、ロードレースでは、ドローンホッパー・アンドローニ・ジョカットリチームが、ジロ・デ・イタリアの最後の大会で際立った存在となり、過去4年間で3度のイタリアチャンピオンになっている。

買収に関して、世界有数の銀行グループであるドイツ銀行が、イタリアの起業家銀行のビジネスバンキングチームによって構成されたオペレーションを通じて、買収資金の管理でFANTICを支援するために介入した。

また、FANTICは、PWC Companyの弁護士Davide FrauとMatteo Marcianoによってサポートされている創業者Renzo BertoとLaura Famengoとコンサルティング会社「Be Advisor」の貢献を利用した。

ボッテキア・チクリのセールス・ディレクターであるマルコ・トゥラートは、次のように語っている。「ブランドの歴史、過去20年間のBottecchiaの経営で得た経験と知識は、この会社の貴重な価値であり、そのおかげで我々は国際的なレベルで重要な結果を達成することができたのです。私たちのチーム全体は、近年飛躍的な成長を遂げている市場のリーダーであるFantic Motor S.P.A.グループとの重要なプロジェクトに興奮しています。今日の市場では、より多くのスキル、技術、リソースが必要とされており、それは大規模なグループのみが提供できるものです。このため、FANTIC社による買収は、両ブランドの能力と可能性を拡大し、より大きな目標を共に達成することになるのです」

ボッテキアは、イタリア国内では象徴的な折りたたみ自転車ブランドとして知られている「Graziella」のオーナーでもあり、同じくFANTICグループの管理下に入る。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img