BESV 折りたたみE-Bike「PSF1」をマイナーチェンジ フロントフォークの形状を変更

BESV JAPANは8月8日、折りたたみE-Bike「PSF1」のマイナーチェンジモデルを発表。8月10日に発売する。

PSシリーズは、BESVのミニベロE-Bikeシリーズ。特徴的なフレームデザインと定期的にマイナーチェンジを行うことで、人気のE-Bike。その中でも、PSF1は折りたたむことが可能なモデル。リジットフォークとアルミフレームで軽量化を行いつつ、折りたたみE-Bikeでは珍しくリアサスペンションによる走行時の快適性を実現。折りたたみ方式は、リアフレームとフロントフォーク、ハンドルを折り畳むため、フレーム本来の剛性を保ちながら、コンパクトに収納することができ、コロ付きフェンダーや、転がし移動に便利なリアキャリア、ソフトケースや、ショートステムなど多彩なオプションも用意している。

今回のマイナーチェンジでは、フロントフォークのロックレバーの位置を変更し、レバーを爪ロックタイプから、カンヌキタイプへと変更した。仕様変更に伴い、フロントフォークのカラーはBlackとなる。また、旧モデルは旧価格のままの販売を継続し、在庫が無くなり次第販売終了となる。

BESV PSF1マイナーチェンジモデルは29万8000円(税込)。

関連リンク

BESV https://besv.jp

関連記事

新着記事

spot_img