ブリヂストンサイクルが値上げを発表 TB1eやアルベルトなど6月1日から価格改定

ブリヂストンサイクルは5月2日、自転車・電動アシスト自転車の価格改定を発表した。

出典:https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/tb1e/

同社は、為替変動及び、各種原材料や自転車部品の高騰に歯止めがかからない状況が続いており、更に物流費の高騰もあり、企業努力だけでは現行価格での販売が困難な状況となったため、自転車及び電動アシスト自転車の価格改定となった。

価格改定車種は通常のシティサイクル「アルベルト」や、人気の通勤クロスバイク「TB1」、電動アシスト自転車は「アルベルトe」や「TB1e」など多岐にわたる。

参考として、アルベルト(27インチ、L型フレーム、内装3段)が改定前価格が7万8000円(税込、以下同)から改定後価格9万円。TB1が5万7000円から6万1000円。電動アシスト自転車のTB1e(TB7B42)は、15万2000円から17万2000円、TB1e B200モデル(TB7B22)は、14万2000円から16万2000円、アルベルトE(A7SB42)は16万3000円から18万5000円となる。

関連リンク

関連記事

ロードバイクや電動アシスト自転車などの値上げから見る日本のスタグフレーションの危機

関連記事

新着記事

spot_img