欧州仕様フルサスE-MTB FANTIC XTF1.5 CARBONをインプレッション

- Advertisement -

2021年11月6日(土)~7日(日)に、神奈川県のトレイルアドベンチャーよこはまで行われたE-MTB WORLD 2021。今回のイベントで初出展したのがFANTICだ。

モータリストが取り扱いを行っているFANTICのE-MTBシリーズは日本国内での公道走行不可の欧州仕様のみの展開となる。日本国内の公道走行不可ながら、有名MTBショップが取り扱うなど予想以上に売れ、2021年~2022年モデルのFANTIC E-MTBシリーズは欧州仕様フルラインナップに踏み切った。

今回紹介するのは、FANTIC XTF1.5 CARBON。FANTIC E-MTBシリーズの中でも、日本国内に在庫している標準在庫モデルの中で、一番高価なモデルとなる。

XTF1.5 CARBONは、大容量の720Whバッテリーを搭載している。700Whオーバーのバッテリーになると、バッテリーサイズが大きくなる。FANTIC XTF1.5 CARBONの場合、バッテリーデザインを上に膨らまし、短くさせることで、前輪荷重を少なくさせようと努力している。

バッテリーの脱着はダウンチューブ上から脱着する方法を採用。700Wh超えのE-Bike用バッテリーは、サイズが非常に大きくなるため、バッテリーの脱着方法が容易ではないモデルがあるが、簡単に脱着できるXTF1.5 CARBONの方法は大きな利点。その一方で、ボトルケージ台座は無いため注意が必要だ。

ドライブユニットは、Brose Drive S Mag。定格出力推定250W、最大出力不明、最大トルク90Nmを発揮する。カタログの最大出力250Wは恐らく誤植。参考として、Brose Drive S MagをSpecializedが独自にチューニングを行った「Specilized Turbo Full Power2.2」が565Wなので、おおよそそのぐらいの最大出力はあるだろう。

モーターノイズは静かで、YAMAHA PW-X2と同等かそれ以上だろう。パワフルなE-MTB用ドライブユニットで、ここまで静かなのは大きな利点だ。

XF1 Integra 160(2020年モデル)

アシストの味付けに関しては、2021年モデルのFANTIC E-MTBシリーズでは変更が加えられているとのこと。旧モデルのXF1 INTEGRAシリーズは、ピーキーな特性で応答遅れを感じることがあった。担当営業によると「内嶋亮氏曰く、ピーキーな特性を活かせば速く走ることができる」とのこと。ただ、2021年モデルのほうが扱いやすくなっている。

欧州仕様のため、アシストの減退が無いため、パワーバンドとトルクバンドが日本仕様よりも非常に太く、変速がズボラでも走れるが、ズボラで走ると唯の楽なマウンテンバイクで、E-MTBらしく走れない。

アシストモードに関しては、4つのモードが有るが、Bosch Performance Line CXのeMTBモードや、Yamaha PW-X2のオートマチックサポートモードなどのように可変アシストモードは搭載されていない。今の時代で可変アシストモードが無いのは古いだろう。アシストは専用スマートフォンアプリを使用すると、調整可能とのこと。

XTFシリーズの一番の特徴は前後29インチホイールを採用している事。前後異径ホイールを売りにしたFANTIC E-MTBシリーズの中でも例外と言えるが、これは日本未発売のフルサスE-MTB「Specialized ”第2世代”Turbo Levo(動画)」に影響を受けて採用した。

今回、トレイルアドベンチャーよこはまのコースで試乗できたが、前後29インチホイールはコーナーリングが鷹揚でFANTICらしくない挙動だと感じた。

FANTIC XTF1.5 CARBONのバッテリーは720Whと非常に大きい。Specialized Turbo Levo SLやYamaha YPJ-MT Proのようなコーナリングマシンには及ばないが、400Whを超える外付けバッテリーを搭載した旧世代E-MTBよりもよく曲がり、2021年主流の500Wh以上の内臓バッテリー搭載のE-MTBと同等クラスには入っていると感じた。

タイトコーナーのような場所だと、可変アシストが無いためか曲がりにくい。同じ29インチE-MTBのTREK RAILシリーズだと、可変アシストのEMTBモードだと、意のままにアシストを可変してくれるので曲がりやすい。可変アシストモードは欲しい所だ。

今回のイベントでは、XTF1.5 CARBONだけでなく、オールマウンテンモデルのXMF 1.7もあった。XMF1.7は、XTF1.5 CARBONと同じく720Whバッテリーを搭載しているが、前輪29インチ、後輪27.5インチのマレット仕様となっている。

マレット仕様のXMF1.7は、XTF1.5 CARBON のような鷹揚な感覚が無くなり、単純な車体性能ならXMF1.7はコーナリングはTREK RAIL(500Wh、625Whバッテリー搭載車)シリーズよりも期待できるだろう。ただ、RAILはEMTBモードを使って可変アシストで曲がる走りができるが、FANTIC E-MTBシリーズでは可変アシストが無いため、可変アシストを搭載すれば走行性能は向上するだろう。

因みに、XTFシリーズは前後29インチホイールだが、前輪29インチ、後輪27.5インチのマレット仕様にすることも可能。XTFで本格的にオフロードを走るのならマレット仕様を考えるのをお勧めする。

FANTIC XTF1.5 CARBONの価格は78万5000円(税込、以下同)。XMF1.7は94万7100円。XMF1.7は受注発注モデルのため、購入までに数ヶ月かかることがある。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連