月曜日, 9月 21, 2020
ホーム News 2021年モデルの自転車まとめ KhodaaBloomからレーシングスペックのアルミディスクロードバイク「STRAUSS DISC」が登場

KhodaaBloomからレーシングスペックのアルミディスクロードバイク「STRAUSS DISC」が登場

総合自転車メーカー「ホダカ」のスポーツバイクブランド「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」は、ディスクブレーキ仕様のアルミレーシングロードバイク「STRAUSS DISC (ストラウスディスク)」を発売した。

名前は、ドイツ語で花束を意味する言葉「STRAUSS」で、KhodaaBloomの粋を集めたシリーズとして新たに登場したロードバイク。レーシングアルミロードバイクのFARNA SL(ファーナSL)を受け継ぐレーシングアルミロードバイクとなる。

フレームは、最薄部は0.85mmと極限まで薄くトリプルバテッド加工を施したパイプで構成。角型断面のチュービングを多用し、レーシングバイクらしい剛性の高いフィーリングを売りにしている。スムースウェルド工法を用いた溶接は、2重の溶接を施し手作業で溶接部の凹凸を研磨することで、応力集中の原因となる溶接部の急激な肉厚の変化を除去している。

ブレーキは、現代ロードバイクのトレンドであるフラットマウントディスクブレーキ。前160mm、後140mmローターを採用し。レースにおけるニュートラルサービスに準じた仕様となっている。他にも前後スルーアクスル、下側1.5インチの上下異径ヘッドパーツ、プレスフィットBB等の規格を採用。

ラインナップは油圧ディスクブレーキを採用したULTEGRA、105、TIAGRAの3モデルで、全車2021年モデル継続。共通の特長で430mmサイズは小柄な方が扱いやすいショートリーチブレーキレバーを採用している。車体は“EAST-SL”Triple Butted,Smooth Weldアルミフレームとテーパーフルカーボンフロントフォークの組み合わせ。

STRAUSS DISC ULTEGRAのコンポーネントはシマノ ULTEGRAで、クランクはULTEGRA 52/36T、スプロケットは11-30T 11速。ブレーキはシマノ ULTEGRA油圧式ディスクブレーキ。タイヤは Continental GRAND PRIX5000 700X25C BK/BK。重量は8.4kg (500mm)。カラーはレーシングホワイト、ダークブルーの2色で、価格は27万5,000円(税抜、以下同)。

写真はTIAGRA仕様

STRAUSS DISC 105のコンポーネントはシマノ 105で、クランクは105 52/36T、スプロケットは11-30T 11速。ブレーキはシマノ 105油圧式ディスクブレーキ。タイヤは Continental GRAND PRIX5000 700X25C BK/BK。重量は8.8kg (500mm)。カラーはレーシングブラック、ダークブルー、マットレッドの3色で、価格は19万9,000円。

画像はイラスト

STRAUSS DISC TIAGRAのコンポーネントはシマノ TIAGRAで、クランクはTIAGRA 50/34T、スプロケットは11-32T 10速。ブレーキはシマノ TIAGRA油圧式ディスクブレーキ。タイヤはContinental ULTRASPORT 700X25C BK/BK。重量は9.4kg(500mm)。カラーはレーシングブラック、マットレッド、ホワイトの3色で、価格は15万8,000円。

関連リンク