ニュース 電動アシスト自転車/E-Bike

BoschのE-MTB用ドライブユニット「Performance Line CX」が日本投入決定

投稿日:

2009年に誕生したBosch eBike Systemsっは、ヨーロッパで人気のE-Bike用ドライブユニットを製造していることで有名だ。約70以上の世界有数の自転車完成車ブランドにドライブユニットを提供しているだけでなく、自転車用ABSシステム「Bosch eBike ABS」、Bluetooth通信やスマートフォンアプリケーション対応のコンパクトカラーディスプレイ「Kiox」、今年発売予定のスマートフォンをディスプレイとして使用可能な「SmartphoneHub」、eMTBに特化したドライブユニット「Performance Line CX」を展開している。

Bosch eBike Systemsは2020年にAutomotive Electronics事業部傘下を離れ、Boschグループ内の新事業部として独立する。これにより、さらなる市場へのニーズに対し素早く対応することができ、更に良い製品を提供することが可能となった。

Bosch eBike SystemsからE-MTB等のスポーツタイプのE-Bike用ドライブユニット「Performance Line CX」がフルモデルチェンジし、世界同時発売となる。このドライブユニットは欧州でeMTBという新しいカテゴリーを生み出し、爆発的なブームをリードし続けるドライブユニットとのこと。開発コンセプトは「Uphill flow(坂を駆け上がる楽しみ)」で、これを実現する為に専用開発されたドライブユニットは、マグネシウム材の使用と内部機構の新設計により25%の軽量化、48%の小型化を達成。それだけでなく、内臓されているの複数センサーにより最大出力トルク75Nmを発揮する。

また、コンパクトなドライブユニットになったことで、フレームの設計自由度が広がることにより、最新のMTB用フレームのトレンドである「短いチェーンステイ長(ペダル軸からリアホイール軸間距離)」を達成した。

また、Performace Line CXにはeMTB用途に特化したアシストモード「eMTBモード」を搭載。eMTBモードではライダーの踏み込み力に応じた最適なアシスト力が瞬時に提供される為、狭い箇所でのターンや滑りやすい斜面を駆け上る等の技量を要する場面で、一般的なeMTBで生じやすいライダーの予期せぬモーターアシスト挙動が排除された溢れるモーターパワーを意のままに操る異次元のライディング体験「Uphill flow」を提供するとのことだ。

そして、「Performance Line CX」を搭載した複数のeMTBモデルがTREKとSCOTTに搭載される。SCOTTは2020年より国内eBike市場に初参入する。最新モデル詳細に関しては、両社の発表を待つ必要がある。

2020年モデルPerformance Line CX(ドライブユニット)スペック


・最大出力トルク:75Nm
・体積:1.2L (-48% 前モデル比)*1
・重量:2.9Kg(-25% 前モデル比) *1
・Qファクター(ペダル間距離):175mm
・eMTBモード搭載

また、新たにディスプレイ「Purion」と、内蔵バッテリー「PowerTube400」も登場した。

Purion(ディズプレイ)


「親指で全てをコントロールする」というコンセプトの下開発された、普段使いの街乗りからeMTBまで、幅広いライダーから支持を得るディスプレイとスイッチ一体型のコンパクトディスプレイ。既に発売中のIntuviaディスプレイ同様にMirco-USBポートを備え、スマートフォン等の充電や販売店様向けBosch eBike専用故障診断ソフトが使用可能。

PowerTube400(バッテリー)


PowerTube400(電池容量約400wh)は、既に発売済みの自転車フレーム内に収納可能なバッテリーPowerTube500の派生モデルとして、新しく日本市場に登場。

http://www.bosch-ebike.jp/jp/



-ニュース, 電動アシスト自転車/E-Bike
-, ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.