オフロード走行が楽に楽しめる電動アシストマウンテンバイク。日本でもヤマハやパナソニック、ミヤタといった大手電動アシスト自転車ブランドが参入している。欧州などの海外市場と比べると、ラインナップは少ないが、少しずつ増えている。今回は日本で購入できる電動アシストマウンテンバイクをまとめてみた。

Benelli TAGETE:¥238,000

電動アシストマウンテンバイクでは20万円台で購入できる貴重なモデルがBenelli TAGETE 27.5。テクトロ製油圧ディスクブレーキ。マウンテンバイクとしての機能は持っている。E-Bikeで貴重な低価格モデル。ドライブユニットはBAFANG M400。ママチャリ用ユニットを搭載したスポーティ電動アシスト自転車と比べるとスポーツ感はある。シマノやヤマハなどのドライブユニットと比べると、高回転で漕いだ時のアシストの追従がない。また、ドライブユニットには石に当たった時に保護するアンダーガードも無い。これはM400がクロスバイク用なのも関係しているだろう。本格的なオフロードをラフな運転で走るのには少し不安があるが、低価格で電動アシストマウンテンバイクに乗れるのは魅力。

  • フレーム:BENELLI 6061アルミ
  • フロントフォーク:SUNTOUR SF14-XCR32-27.5 100mm
  • ドライブユニット:BAFANG M400
  • ギア:(前)BENELLI 38T+(後)SHIMANO CS-HG50-10 11-36T
  • ブレーキ:TEKTRO HD-T290 油圧式ディスクブレーキ
  • ホイール:BENELLI(前ハブ)QUANDO 100ミリ/(後ろハブ)QUANDO 135ミリ
  • タイヤ:MAXXIS CROSS MARKⅡ 27.5×2.1

ベネリ

Benelli NERONE27.5+:¥278,000

Benelliブランドの電動アシストセミファットマウンテンバイク。マウンテンバイクの世界でも、従来のマウンテンバイクよりもタイヤが太いセミファットバイクが増えつつある。ドライブユニットはBenelli TAGETE27.5と同じBAFANG M400。部品スペックもTAGETE27.5と同レベル。

気になる所は、剛性が高いスルーアクスルや流行のブースト規格など、最新の規格を採用していない所。フロントサスペンションもスペック表では29インチ用を採用している。フレームもドライブユニットが大きいのか、全体的に間延びした設計。TAGETE27.5は、アンダーガードが無い等気になる所もある。しかし、価格は安くスリックタイヤを装備して街乗りサイクリングや、派手な運転をしなければTAGETEで十分だと思う人も多いだろう。しかし、NERONE27.5+のようなセミファットバイクは、オフロード走行がメインだろう。NEORE27.5+を買う場合、セミファットバイクタイプのE-MTB「ミヤタ・リッジランナー」を見てから考えるのがベターだ。

  • フレーム:BENELLI 6061アルミ
  • フロントフォーク:SUNTOUR SF14-XCR32-29 100mm
  • ドライブユニット:BAFANG M400
  • ギア:(前)BENELLI 38T+(後)SHIMANO CS-HG50-10 11-36T
  • ブレーキ:TEKTRO HD-T290 油圧式ディスクブレーキ
  • ホイール:BENELLI(前ハブ)QUANDO 100ミリ/(後ろハブ)QUANDO 135ミリ
  • タイヤ:WTB 27.5×2.8

ベネリ

BESV TRS1:¥498,960(税込)

BESVブランドの電動アシストマウンテンバイク「TRS1」の一番の特徴は、カーボンフレームを採用している所。車体重量は19.3kgと20kgを切り、E-MTBの中では軽量な部類に入る。ドライブユニットはShimano STEPS E8080。トルク感は薄く高回転で脚を回して走るタイプ。フロントフォークは有名ブランド「RockShox」を採用している。Web上でのスペック表では詳細な内容が少ない。このあたりはもっと書くべき所だ。

  • フレーム:カーボン
  • フロントフォーク:RockShox 120mm
  • ドライブユニット:Shimano STEPS E8080
  • ギア:(前)不明(後)SHIMANO 11速
  • ブレーキ:Shimano Deore 油圧式ディスクブレーキ
  • ホイール:不明
  • タイヤ:不明

BESV JAPAN

Corratec X VERT 650B:¥398,000

コラテックの電動アシストMTB「X VERT 650B」は、Bosch Active Line Plusが搭載されている。静かでトルク重視のドライブユニットは煩いドライブユニットが嫌いな人に向いている。街乗りでも快適に走れるようにスリックタイヤ「WTB ThickSlick」が装備されている。オフロード走行を楽しみたいのならブロックタイヤに交換すればOKだ。フロントフォークはMANITOU MACHETE COMPの9ミリクイックレバー仕様。シャフトを太くし剛性を高めたスルーアクスル仕様が流行の現在、ここが気になる所だ。

  • フレーム:E-POWER X VERT FUSION TUBE トリプルバテッドアルミ
  • フロントフォーク:MANITOU MACHETE COMP 100mm RL 9mm QR
  • ドライブユニット:Bosch Active Line Plus
  • ギア:(前)CORRATEC アルミ 38T(後)SHIMANO SLX, 11-40T, 11S
  • ブレーキ:TEKTRO HD-M285
  • ホイール:ZZYZX DD30 32H
  • タイヤ:WTB Thick Slick 27.5 x 1.95

グローブライド

Panasonic XM1:¥330,000

パナソニックの本格的電動アシストスポーツサイクルブランド「Xシリーズ」。その中でもXM1はパナソニック製E-MTBのエントリーモデルとなる。他のブランドには無い特徴にセミインテーグレッド仕様のバッテリーを搭載している所。フレームと一体化させて見た目をすっきりさせるだけでなく、重心が下がるのも期待できる。ただ、バッテリー容量が少ないため、他社よりも航続距離は少ないのが気になる所。ドライブユニットはパナソニック・スポーツドライブユニット。アシストはメリハリがあり、トルク・回転両立タイプ。音は大きい。また、フレームサイズが1種類しかないのも気になる。

(Panasonic XM2は未試乗。試乗後紹介予定)

  • フレーム:フォーミングアルミ(ワイヤ内蔵タイプ)エンド幅:135mm
  • フロントフォーク:SR SUNTOUR RAIDON-XC RLR DS 15QLC32 27.5″ 100mmトラベル リモートレバー付1-1/8~1-1/2アルミステム E-Thru 15mm 15QLC32-100
  • ドライブユニット:パナソニック スポーツドライブユニット
  • ギア:(前) 41T(後)シマノ CS-HG50-10 11-36T
  • ブレーキ:シマノ SLX BR-M7000 油圧ディスク
  • ホイール:アルミ/(前)シマノ DEORE HB-M6010 E-thru 100×15mm 32H/ (後)FH-M6000 OLD:135mm QR 32H
  • タイヤ:MAXXIS IKON e-bike 27.5×2.2

パナソニック・サイクルテック

YAMAHA YPJ-XC:¥350,000

ヤマハの電動アシストスポーツサイクルブランド「YPJ」シリーズ唯一のE-MTB。ドライブユニットはヤマハ・PW-X。ヤマハスポーツサイクル用ドライブユニット「PWシリーズ」の中ではMTB用のトップモデル。アシスト時の音は発生するが低音の仕様となっている。アシストの作動感はパワフルで、瞬時に反応するが曖昧。メリハリがあるシマノ・STEPS E8080やパナソニック・スポーツドライブユニットのような面白みは少ないが、筆者の好みはPW-Xだ。車体サイズは3種類あり、部品も良いものが付いている。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:ROCKSHOX RECON GOLD 120mm
  • ドライブユニット:ヤマハ・PW-X
  • ギア:(前) 36T(後)シマノ 11速 11-42T
  • ブレーキ:シマノ SLX  油圧ディスク
  • ホイール:スルーアクスル
  • タイヤ:MAXXIS 27.5×2.2

MIYATA Ridge Runner

ミヤタのE-MTB「リッジランナー」の特徴は、日本市場では貴重な本格的なセミファットE-MTBということ。下りでも安定して走れるように、2.8インチのセミファットタイヤに、サドルが上下移動が可能なドロッパーシートポストを標準装備。ドライブユニットはシマノ・STEPS E8080。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:ROCKSHOX RECON GOLD 120mm
  • ドライブユニット:Shimano STEPS E8080
  • ギア:(前) 34T(後)シマノ 10速 11-42T
  • ブレーキ:シマノ DEORE  油圧ディスク
  • ホイール:リム:ALEX MD35 27.5 32H/ハブ:Shimano DEORE F/15mm E-Thru R/12mm E-Thru
  • タイヤ:KENDA K1184A 27.5 2.8 F/V w/KENDA logo

ミヤタ

MERIDA eBIG.SEVEN 600

ミヤタサイクルが代理店の自転車ブランド「メリダ」。日本初登場のメリダ製E-MTBがeBIG.SEVEN 600。ラフな下り坂もある程度楽しめるミヤタ・リッジランナーとは違い、こちらはクロスカントリー仕様のマウンテンバイク。ドライブユニットはShimano STEPS E8080。

  • フレーム:eBIG.SEVEN TFS アルミ
  • フロントフォーク:Manitou Machete comp 27.5 100ミリストローク
  • ドライブユニット:Shimano STEPS E8080
  • ギア:(前)-(後)シマノ 10速 11-42T
  • ブレーキ:シマノ DEORE  油圧ディスク
  • ホイール:Merida Big 7 comp CCリム
  • タイヤ:Maxxis IKON M319P 27.5×2.2インチ

メリダ