• ジャンル別
    グラベルロードに乗りたくなる動画5選
  • まとめ
    【自転車漫画】サイクル。まとめ【随時更新】
  • ジャンル別
    ロードバイクの走りにMTBの安定性を持った至高の公道用ロードバイク Cannondale SLATE
  • 未分類
    輪行や自転車積載が可能な高速バス/路線バスまとめ
  • まとめ
    シクロライダーの電動アシスト自転車/E-BIKE記事まとめ
  • ジャンル別
    グラベルロードはクロスバイクよりも色々な道を走ることができるのか
  • ジャンル別
    最新トレントを組み込んだグラベルロード Cannondale Topstone
  • ニュース
    第二回伊豆E-BIKEフェスティバルが11月3日に開催決定
  • ジャンル別
    日本のE-Bike市場にBoschは新たな一手を出すのか?
  • まとめ
    東京でロードバイクやクロスバイクに乗れるレンタサイクル・サイクリングツアー一覧
ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車等の2019年モデルまとめ【随時更新】

一般的に自転車の世界では、秋・冬に展示会や新車発表が行なわれるのが通例となっている。一方で、一部の自転車会社では春に新車発表を行う所もあり、春から既に2019年モデルを発表する所も存在する。このページでは、2019年モデルのロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車・小径車・電動アシストスポーツサイクルなどを中心にまとめてみた。

Bridgestone

ブリヂストンは、パンクしないタイヤを装着した自転車を2019年に実用化するとのこと。個人ユーザー向けに発売されるのかは未定だ。

ブリヂストンサイクルのパンクしない自転車が革命的な理由を解説 | | シクロライダー

DAHON

スポーティ超小径折り畳み自転車 DAHON K3 ライバルの比較も

2018年6月に、14インチ3段変速折りたたみ自転車「DAHON K3」が先行発売するとのこと。車体重量は7.8kgと軽量でシングルギアのDoveシリーズよりも直進安定性が高い設計だ。

GIANT/Liv

2018年5月25日にGIANT/Livは2019年モデルのEscape R3(LivはEscape R3W)を発表。GIANT Escape R3はオーシャングリーン、マンゴー、ブルー、ブラックトーン、ホワイトの5色をラインナップ。Liv Escape R3 Wは、パールミント、パールホワイト、マットマゼンタ、サファイアブラックの4色がラインナップされている。GIANT Escape R3、Liv Escape R3共にオプションとして、前輪のクイックリリースを安全性が高いスキュアー式に変更できるオプションができた。

GIANT 2019 モデル「ESCAPE R3」を先行販売 – INFORMATION

Liv 2019 モデル「ESCAPE R3 W」を先行販売 – Liv / NEWS

GT

GTのグラベルロード「GRADE」シリーズまとめ 2019年モデルも紹介

アメリカの自転車ブランド「GT」から、GRADEシリーズが先行発売。フレームに変更はなく、カラーリングと部品構成の変更のみ。

Khodaa-Bloom

日本の自転車会社「ホダカ」の中で、自転車専門店向けスポーツサイクルブランドとして知られているのが「Khodaa-Bloom」。2018年4月にいち早く2019年モデルのクロスバイクを発表した。先行発表されたのは、Rail700シリーズの中でミッドレンジの「Rail700」と、エントリーモデルの「Rail700A」の2台が、2019年モデルが先行発売。

Rail700は日本国内で販売中の10万円以下/前3段変速機付きクロスバイクでは最軽量の9.4kgを達成したのを売りにしている。ブレーキレバーはシマノ製に変更。従来型よりも制動時のタッチが向上したと思われる。カラーリングはレッド、ブルー、シルバー、ブラック、ホワイトの5色を採用。

自転車専門店向けのクロスバイクで税抜き価格45,000円と低価格を売りにしたRail700A。2017年モデルとの違いは、リフレクトデカールを装備したフロントフォークに、シマノ製Vブレーキを採用したこと。カラーリングはブルー・ライトグリーン・ガンメタル・ホワイトの4色となっている。

コーダーブルーム(ニュースリリース)

NESTO

2018年5月現在セールス氏いわく、売れ行き好調のため時代のニーズに合った車種を登場させていくとのこと。

MAGIC

20インチ折り畳み自転車で8kg台 マグネシウムフレーム専門折りたたみ自転車「MAGIC」が公開

ルノー・マグネシウムシリーズで知られていたマグネシウム製折りたたみ自転車が、「MAGIC」ブランドで復活するようだ。ルノー・マグネシウムシリーズで売られていた14インチ、16インチモデルが復活し、あらたに20インチモデルの登場するとのこと。

Panasonic

パナソニックは、実質的に2019年モデルとして電動アシストスポーツサイクル「XU1・XM1・XM2」を発表。スポーツドライブユニットを搭載したモデルをXシリーズと統一するようだ。XU1はクロスバイクでXシリーズのエントリーモデル。XM2は内装2段変速ドライブユニットを搭載したハイエンドモデルだ。

Panasonicの電動アシストスポーツサイクルまとめ ハリヤからXシリーズまで紹介

Renault

今度はリヤサス付きウルトラライト7!? ルノー・ウルトラライト7 NEXT

ヨコハマサイクルスタイル2018では、リアサスペンション付きウルトラライト7「ウルトラライト7・NEXT」が展示されていた。登場時期は2019年モデルか?

STIJIN CYCLES


「Stjin Cycles」は一つのフレームで、様々な身長の人が乗れて汎用性の高さを売りにした小径車。代理店のポディウムの資料によると、ラインナップはフレームセット+ホイールセットのPeg Road(198,000円)と、シングルスピードのフラットバー仕様のPeg シングルスピード完成車(178,000円)の2種類がラインナップされている。

stijncycles | 株式会社ポディウム

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車等の2019年モデルまとめ【随時更新】
  • SURLY ICE CREAM TRUCKとWEDNESDAYがモデルチェンジ
  • 伊豆半島で伊豆E-BIKE充電ネットワークの実証実験が開始 詳しい内容について紹介
  • GIOSのクロスバイク「MISTRAL」のリミテッド・カラーエディションが期間限定予約を受付中
  • ミニベロタイプのE-Bikeや街乗りスポーツサイクルが登場したルイガノ2019年モデル
  • 第二回伊豆E-BIKEフェスティバルが11月3日に開催決定