ロードバイク 電動アシスト自転車/E-Bike

【E-ROAD】日本の電動アシストロードバイク/グラベルロードまとめ【E-Bike】

投稿日:

オフロードでも軽快に走行できるE-MTBや一般の人でも快適なサイクリングが楽しめるE-クロスバイクがメインのE-Bike(電動アシストスポーツ自転車)。そんなE-Bike界の中でもマイナーなのがE-ロードバイクだ。法律の関係で低速でアシストが効く特性は、高速走行を楽しむロードバイクには合わない等の問題があり、世界的に見てE-ロードバイクはマイナーな存在だ。そんな中でも日本や海外で販売されているE-ロードバイク/グラベルロードを紹介する。

日本で購入できる電動アシストロードバイク

2019年7月現在、日本で発売されている、若しくは発売予定のE-ロードバイク一覧。E-Bikeはドライブユニットによって、走行感が違うため購入前は試乗をお薦めする。

XROSS B1h:¥189,000

出典:http://www.xrossworld.com

E-Bikeブーム前に登場したE-ロードバイクがXROSS B1h。軽量な車体と小型バッテリーを装備することで、車体重量13㎏を達成したE-ロードバイク。日本国内で販売されているE-Bikeの中では驚異的とも言える軽さだ。ドライブユニットはSUNSTER S03。2019年現在、日本国内での情報が少ないのが欠点だろう。

  • フレーム:Aluminum Alloy #6061
  • フロントフォーク:カーボンフォーク(700×28C対応)
  • 重量:約13.0kg
  • ドライブユニット/搭載方式:SUNSTER S03 235w/ミッドドライブ
  • バッテリー: DC25.2V, 63.9Wh, 890g
  • 航続距離:-
  • 充電時間:-
  • メインコンポーネント:シマノ・CLARIS 1×8速
  • ブレーキ:Shimano CLARIS
  • ホイール/タイヤ:700X23C Kenda Kaliente Pro,

Yamaha YPJ-R:¥230,000

日本のE-Bikeブームの先駆けで登場したのがYPJ-R。ヤマハのE-Bikeブランド「YPJ」シリーズ初めての市販モデルとして知られている。YPJ-RとE-フラットバーロードバイクのYPJ-Cは、軽量な車体とコンパクトなバッテリーを搭載したライトウェイトE-Bikeだ。

YPJ-Rの利点は車体とバッテリーが軽量なため、一般的なスポーツ自転車と同じ感覚でコーナリングができる事。欠点は、アシストは人間の脚力の補助という扱いのため、アシストの味付けを薄口にしている所だ。大容量バッテリーを搭載したヘビーウェイトE-Bikeは、モーターのアシスト力で上り坂をパワフルに登ってくれるが、YPJ-Rはあくまでもアシストに徹して登る特性を採用している。また、E-Bikeは上り坂を長時間走行するとバッテリーの消耗が激しくなる。YPJ-Rは他のE-Bikeでは見られない超小型バッテリーを搭載しているため、長時間上り坂を走行した場合、すぐに電池切れになるだろう。

スタートダッシュと上り坂よりも、平地とコーナリングの軽快さを求める人に向いている。登場時は、大手自転車ブランド唯一のE-bikeだったため、試乗車やレンタサイクルが全国各地にあり、E-ロードバイクの中では気軽に乗れる。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:アルミ
  • 重量:約15.4kg(Mサイズ)
  • ドライブユニット/搭載方式:ヤマハ・PW 240w/ミッドドライブ
  • バッテリー: 25.2V/2.4Ah
  • 航続距離:
    「HIGH」モード:14km
    「STD」モード:22km
    「ECO」モード:48km
  • 充電時間:1時間
  • メインコンポーネント:シマノ105 2×11速
  • ブレーキ:Shimano 105 キャリパーブレーキ
  • ホイール/タイヤ:700X23C

電動アシストロードバイク「ヤマハ・YPJ-R」に試乗した感想をまとめてみた

Yamaha YPJ-ER:¥320,000

欧州的E-Bikeの方程式を積み込んだE-グラベルロードがYPJ-ER。大容量バッテリーを搭載し、パワフルなアシストにすることで楽に走行できることができ、YPJ-Rとはコンセプトから違う。

ドライブユニットはヤマハ・PW-SE。YPJ-Rに装備されているPWよりも上位ユニットのモデルで、脚を高回転で回しても追従する仕様となっている。バッテリーも大容量タイプを採用することで、航続距離は最短で93km(ハイモード)、最長で242km(プラスエコモード)と、長い上り坂や長距離サイクリングにも対応。ブレーキは、油圧ディスクブレーキを採用し、短い距離で止まる事が可能だ。タイヤはロードバイクよりも太いタイヤが装備されており、グラベルライドや街中の段差も安心して走行できる。海外ではYPJ-ERをベースにしたE-グラベルロード「 WABASH」がある。

 

YPJ-ERは、癖がなく扱いやすいE-グラベルロードが欲しい人に向いている。車体価格は高価だが、E-ロードバイク/E-グラベルロードを購入するときは候補の1つに入れる1台だろう。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:アルミ
  • 重量:約19.6kg(Mサイズ)
  • ドライブユニット/搭載方式:ヤマハ・PW-SE 240w/ミッドドライブ
  • バッテリー: 36.0V/13.3Ah
  • 航続距離:
    ハイモード:93km
    スタンダードモード:111km
    エコモード:152km
    プラスエコモード:242km
  • 充電時間:約3.5時間
  • メインコンポーネント:シマノTIAGRA 2×10速
  • ブレーキ:Shimano TIAGRA 油圧ディスクブレーキ
  • ホイール/タイヤ:700×35C

BESV JR1:¥276,000

デザイン性の良さで注目されているE-Bikeブランド「BESV」のE-ロードバイクがJR1。バッテリー内蔵式を採用することで、スマートで一体感があるデザインを採用。

E-ロードバイクの中では、それなりの容量があるバッテリーを搭載することで、最大航続距離は100kmオーバーを実現した。ドライブユニットはBESVオリジナルのインホイールモーターユニット。アシスト力はE-Bike業界の中ではマイルドな部類に入る。しかし、車体重量は16㎏と一般的なE-Bikeよりも軽い利点がある。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:アルミ
  • 重量:約16kg(Mサイズ)
  • ドライブユニット/搭載方式:BESVオリジナルユニット w/リアインホイールモーター
  • バッテリー: 36.0V/7Ah
  • 航続距離:
    MODE1:138km
    MODE3:64km
  • 充電時間:約3.5時間
  • メインコンポーネント:シマノ105 2×11速
  • ブレーキ:Shimano 105 油圧ディスクブレーキ
  • ホイール/タイヤ:700×25C

evol D700:¥276,000(2019年7月20日発売予定)

2019年7月20日発売予定のE-bikeブランド「evol」。その中で唯一のE-ロードバイクがD700だ。ドライブユニットは日本では珍しいBAFANG製のE-グラベルロード用ユニット「M800」を搭載。スタイリッシュなダウンチューブ一体型バッテリーを採用した。

  • フレーム:アルミ
  • フロントフォーク:アルミ
  • 重量:約17.5kg
  • ドライブユニット/搭載方式:BAFANG M800 200w/ミッドドライブ
  • バッテリー:43V/5.0Ah
  • 航続距離 1/3/5:37/29/28km
  • 充電時間:約3.5時間
  • メインコンポーネント:シマノ・105 2×11速
  • ブレーキ:TEKTRO機械式ディスクブレーキ
  • ホイール/タイヤ:700×25C

 



-ロードバイク, 電動アシスト自転車/E-Bike
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© シクロライダー , 2019 All Rights Reserved.