グラベル用新世代ツーリング自転車 GIANT TOUGHROAD SLR


2016年モデルで登場した、GIANTの新世代ツーリング自転車「TOUGH ROAD SLR」シリーズ。マウンテンバイクみたいに太いタイヤを履き、道を選ばないツーリング自転車だ。今回はTOUGHROAD SLRについてまとめてみた。

スポンサーリンク

TOUGHROAD SLRの特徴

フレーム素材は、ALUXX-SLRというGIANTのアルミの中でも軽量を売りにしている。GIANTの自転車の中でも高価なモデルに採用されている種類のアルミだ。

フレームはマウンテンバイクみたいだが、ヘッドチューブが長く、サスペンションの装着は想定していないように見える。全体的な形状もGIANTの近年のハードテールマウンテンバイクのように、極端にスローピングせず、各部の隙間もMTBよりも狭いように見える。

シートポストは、D型形状のD-FUSEシートピラーを採用。撓りやすいシートピラーを特徴としていて乗り心地を良くする一方、汎用性が低くなる。フロントフォークはサスペンションが無いリジッドフォークでカーボン製だ。

ギア比はマウンテンバイク用で軽いギアが有り、上級モデルのSLR1は前2段と流行のダブルギアを採用している。

タイヤはマウンテンバイク用。29インチは700のリムと径が同じなので、700のクロスバイク用タイヤの装着が可能と思われる。スプロケットは36Tと大型のギアを装備している。

SLR1は、前後キャリアやチェーンステーカバーを装備している。前後キャリアは溶接から見て恐らくアルミ製。前キャリアは片側7.5kg、リアキャリアは25kgまでの荷物を積むことができる。また、荷台を使用しないで車体に装着するバッグ「SCOUTシリーズ」を装着することもできる。

参考:
SBC 新着情報 : GIANT TOUGHROAD SLR 1

2016 Giant Bicycle [ GEAR ]

TOUGHROAD SLR1のユーザーの評価

参考:bicycle.mt-biker.net/tag/giant-toughroad-slr/

車種はTOUGHROAD SLR1で前後荷台を外した状態で走行している。舗装路ではスタートはややもっさり走るが、ホイールが回ればきちんと加速するとのこと。巡航は車輪が大きいため700Cホイールのロードバイク並に走れるとのこと。恐らくタイヤが太くてもギア比が低いのである程度軽く走れてしまうのもあるのかもしれない。

砂利道は車輪の大きさやタイヤの太さのお陰で巡航は良いが、サスペンションが無いので路面からの跳ね返りや、細い道では注意が必要とのこと。TOUGHROADは現代の本格的なマウンテンバイクではないことがわかる。

登坂は、マウンテンバイクの軽いギアのため、意外と上れるようだが、荷物を積んだ場合はもっと軽いギアが必要ではないかという意見となっている。

GIANTの新世代ツーリング自転車のTOUGHROAD SLR。TOUGHROADはマウンテンバイクでツーリングを行っていたユーザーにとっての一つの答えだろう。

スポンサーリンク