All stories tagged :

Sample Category Title

日本国内で公道走行不可の海外仕様E-MTBを展開しているブランド一覧

サイクリング初心者から愛好者まで楽しめる「九州沖縄山口サイクル旅スタンプラリー2024」開催

日本の自転車産業促進の新たな場「Japan Bike Show」開催決定 事前来場登録がスタート

Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2024が10月5日に開催決定、参加者募集開始

ZF 48Vの新型Eバイク用モーター「CentriX」発表 小型化と出力・トルクを両立

ミヤタ フルサスE-MTBを購入するとバッテリーが一本貰えるキャンペーンを開催

GIANT からハードテールE-MTB「TALON E+」登場 スタンドなどを標準装備しトレイルライドからサイクリングまで対応

GIANT 2025年モデルで新型フルサスE-MTB「STANCE E+」発表

OpenStreet、SNSキャンペーン「#ハロー活」を開始 – 第一弾は「KUROAD Lite」でのお出かけ体験フォトコンテスト

株式会社アースダンボール、マウンテンバイク用輪行箱を新発売 ロードバイクやクロスバイクにも対応

Featured

Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2024が10月5日に開催決定、参加者募集開始

ZF 48Vの新型Eバイク用モーター「CentriX」発表 小型化と出力・トルクを両立

ミヤタ フルサスE-MTBを購入するとバッテリーが一本貰えるキャンペーンを開催

GIANT からハードテールE-MTB「TALON E+」登場 スタンドなどを標準装備しトレイルライドからサイクリングまで対応

Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2024が10月5日に開催決定、参加者募集開始

ツール・ド・ちば2024実行委員会は、18回目を迎えるサイクリングイベント「Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2024」を10月5日(土)に開催すると発表しました。千葉県木更津市のイオンモール木更津をスタート・フィニッシュ会場とし、袖ケ浦市、市原市、君津市、富津市をサイクリングで巡る、千葉の魅力がつまったロングライドイベントです。参加者の募集は7月13日(土)に開始し、9月1日(日)まで行います。 コースはロングコース(約125km)とショートコース(約95km)から選ぶことができ、秋の緑豊かな丘陵地帯や海を望みながら、初心者から上級者までそれぞれのレベルで楽しめる内容となっています。大会当日は、イオンモール木更津で交通安全イベントやステージパフォーマンス、キッチンカーなども同時開催されるため、フィニッシュ後も楽しめるイベントが盛りだくさんです。 サイクリングイベント「ツール・ド・ちば」の目的は、美しい自然と人情あふれる房総路を自らの体力と気力で走ることで、スピードを競わず交通法規と大会規定を守り、完走した人を賞するものです。健康な方であれば、自らの体力・気力に合わせてコースを選び、小学校5年生以上の方ならどなたでも参加できます。ただし中学生以下の参加には保護者の伴走が必要です。 ロングコースは約125kmで、イオンモール木更津駐車場特設会場(木更津市)をスタートし、ひらおかの里農村公園(袖ケ浦市)、市原市旧里見小学校(市原市)、君津市立おらがわ(君津市)、イオンモール富津駐車場(富津市)を経て、イオンモール木更津駐車場特設会場(木更津市)でフィニッシュします。一方、ショートコースは約95kmで、イオンモール木更津駐車場特設会場(木更津市)をスタートし、ひらおかの里農村公園(袖ケ浦市)、君津市立おらがわ(君津市)、イオンモール富津駐車場(富津市)を経て、イオンモール木更津駐車場特設会場(木更津市)でフィニッシュします。 参加料は、ロングコースの場合、大人15,000円、小中学生7,500円、ショートコースの場合、大人12,000円、小中学生6,000円(すべて税込み)となっています。定員は600人で、ロングコースが400人、ショートコースが200人です。 | Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2024 (tour-de-chiba.jp)