OGK KABUTOのシールド付きヘルメット「VITT」がアップデート 新色やAR-5シールドを搭載

日本のヘルメットメーカーOGK KABUTOが、コンパクトフォルムの追求をしたシールド付スタンダードモデル「VITT(ヴィット)」をアップデートし、新色を投入することを発表しました。

「VITT」は、国内の頭部計測データに基づいたラウンド形状を採用。着用時の快適性と、シンプルでコンパクトなデザインを重視しており、ポタリングからレースまで幅広いシーンに対応可能です。

新たにリリースされるモデルでは、アイウェアとしても利用できる「AR-5シールド」が標準装備に。また、あご紐が緩みにくい新型の「アンチスリップバックル」も特徴の一つで、YKK株式会社と共同開発されました。これにより安全性能の向上を図っています。

また、新色は、バイカラーのG-4マットブラックネイビー、G-4マットブラックレッド、そしてシンプルなワントーンのマットモノホワイト、マットモノブラック、マットアッシュネイビー、マットグレー、マットコヨーテなどがラインナップに加わります。

さらに、虫などの侵入を防ぐ「A.I.ネット」も標準装備に。頭部形状や好みに応じて上下4段階の調節が可能な新設計の「XF-8アジャスター」も搭載されており、個々のライダーに対して自由な調整が可能です。

発売時期は2023年7月頃から15,000円(税込16,500円)で販売が開始される予定。サイズは、S/M(55-58cm/245g)、L(59-60cm/255g)、XL/XXL(61-64cm/270g)となっています。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img