「tokyobike 谷中 Soil」リニューアルオープン ”長く使うを大切にする”がコンセプト

トーキョーバイクは3月4日、谷根千エリア、東京都台東区谷中に「tokyobike 谷中 Soil」をリニューアルオープンした。

「tokyobike 谷中 Soil」は、”⻑く使うを大切にする”をテーマにしたTokyoBikeのコンセプトショップ。廃棄物の削減や資源の循環に取り組みながら、自転車を中心としたモノを⻑く・楽しく使うためにできることを、カスタマーと一緒に考えるショップとなる。

今回、トーキョーバイクの本社オフィスとして使われてきた場所が、ReBuilding Center JAPAN の設計で新たに生まれ変わった。設計を担った ReBuilding Center JAPAN は、長野県諏訪市に拠点を置き、空き家や解体される家から古材・古道具などをレスキュー(引き取り)する建築建材のリサイクルショップ。

「tokyobike 谷中 Soil」の天井や床、壁には、使われなくなった家々からレスキューされた古材を使用している。また、自転車を保管するストレージの扉には、トーキョーバイクと繋がりの深い ARiSE COFFEE ROASTERS や ONIBUS COFFEE で使われていたコーヒー豆の麻袋を活用。店舗づくりの段階から、「一度は役割を終えたものが、新しい役割をもって誰かの必要なものになる」ことを考えた。

今回の新店舗では、直営店で提供している新車販売や修理メンテナンスだけでなく、ユーザーから引き取った自転車を整備し、販売することも始める。

ライフステージの変化や、車体の老朽化などを理由に自転車を手放す場合、これまではゴミとして処理されてしまうことがほとんどだったが「tokyobike 谷中 Soil」では、トーキョーバイクの全直営店から回収した自転車を再整備、再塗装して、再び販売する。また、自転車の洗車サービス「バイク銭湯」、自転車パーツや雑貨のアップサイクルマーケット「SoilのYard Sale」の定期開催なども予定している。

2021年より、トーキョーバイクは直営店全店舗にて、トーキョーバイクの全モデルを対象にした無料引き取りサービスを始めた。回収された自転車は「tokyobike 谷中 Soil」にて再整備や再塗装を行い、新たな自転車に再生させて販売する。自転車本体の消耗が著しく、整備などで対応できない場合でも、再利用できるパ ーツを抜き出し、クリーニングを実施した上で、他の自転車の修理パーツとして利用、もしくは中古パーツとして再販売する。

また、自転車のフレーム部分の傷や、塗装の剥がれが顕著なものは、埼玉県ふじみの市に拠点を置く、NJSフレームメーカーのTRをパートナーに迎え、自転車フレームの元となる素材そのものの色「RAWカラー」の自転車に再加工し販売する。

【tokyobike 谷中 Soil 店舗情報】
住所:〒110-0001 東京都台東区谷中2-6-12
電話:03-5809-0980
メール:soil@tokyobike.com

2022年3月31日(木)までの営業時間
平日:12:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜18:00
定休日:月・火・水・木
※3月11日(金)は臨時休業

2022年4月1日(金)からの営業時間
平日:12:00〜19:00 / 土日祝 10:00〜18:00
定休日:火・水・木

サービス内容:
トーキョーバイクの試乗、新車販売、メンテナンス、修理、使わなくなったトーキョーバイクの回収と再販売

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img