水曜日, 9月 30, 2020
タグ Tokyobike

Tag: Tokyobike

TOKYOBIKEから、シックな限定カラー「TOKYOBIKE LIMITED-ARTICHOKE-」が登場 

トーキョーバイクは9月15日、限定モデル「TOKYOBIKE CALIN LIMITED」と「TOKYOBIKE BISOU 26 LIMITED」を2020年10月10日に発売すると発表した。 トーキョーバイクは東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車、「トーキョーバイク」を2002年に発売。現在、都内3ヶ所で直営店と海外8ヶ所でパートナーショップを運営するほか、全国200店舗以上の取扱店で展開している。 今回の限定車のベースとなったのは「TOKYOBIKE CALIN」と「TOKYOBIKE BISOU 26」。どちらのモデルも跨ぎやすいスタッガードフレームに、外装7段変速を採用し使いやすさを重視。 カラーリングは、通常のラインナップにはない「ARTICHOKE(アーティチョーク)」で、葉が色づく秋の街に馴染むカラー。鈍い銀色のヘッドバッジ、落ち着いた印象のブラック×アイボリーのタイヤでシックに仕上げている。 また、小径車のTOKYOBIKE CALINと、26インチモデルのTOKYOBIKE BISOU 26に乗り、秋の街をめぐる2人の女性の休日を特設ジャーナルとして公開している。 価格は「TOKYOBIKE CALIN LIMITED -ARTICHOKE-」が6万2000円(税抜、以下同)、「TOKYOBIKE BISOU 26 LIMITED -ARTICHOKE-」が6万8000円。 スペックは以下の通り 製品名      : TOKYOBIKE CALIN LIMITED...

トーキョーバイク、東京都外で初のパートナーショップ 「Tokyobike Plus 福岡」が8月1日(土)にオープン

トーキョーバイクは7月20日、東京都外では初めてとなるトーキョーバイク専門店「Tokyobike Plus 福岡」を福岡市中央区薬院に7月23日にプレオープン、8月1日にグランドオープンすると発表した。 トーキョーバイクは東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車、「トーキョーバイク」を2002年に発売。現在、都内3ヶ所で直営店と海外8ヶ所でパートナーショップを運営するほか、全国200店舗以上の取扱店で展開している。 Tokyobike Plusは、個性豊かなパートナー企業とともに、トーキョーバイクの世界観を伝えるコンセプトショップ。トーキョーバイクだけでは提供できない価値を「plus」しながら、自転車のある生活や街の楽しみ方を提案していく。 Tokyobike Plus 福岡は、福岡市中心部の天神から徒歩10分ほどの中央区薬院に位置する。周囲には、カフェやインテリアショップ、人気の焼き菓子店やモダンな和菓子店など魅力的な個性派ショップが点在。半径3km以内には大濠公園、福岡市動植物園、賑やかな警固や再開発で注目を浴びている六本松があり、自転車のある暮らしを楽しめるエリアだ。 自転車関連の商品や修理メンテナンスサービスのほかに、乗って行った先で手軽にコーヒーを楽しめるグッズの展開やユーザーと一緒に福岡の街をめぐる「リアルな楽しみ方」を提供するサービスなど、通勤・通学以外にも幅を広げるような提案を行っていく予定だ。 店舗デザインは、薬院のイタリアンレストラン「チェルニア」や赤坂の居酒屋「町屋 あかりや」、警固の「めしや コヤマパーキング」、佐賀県白石町の「TOMMY BEEF」を手掛けるGO!design factory Inc.の大淵 誠氏が手がけた。 運営は広島県でスポーツバイクを中心とした「grumpy」と自転車のあるライフスタイルを提案する「pop grumpy」の2店舗を展開する株式会社フィラメンツが行う。 プレオープン期間中よりトーキョーバイクの自転車をご購入いただいた先着80名様に、てぬぐい専門店「かまわぬ」によるトーキョーバイクのオリジナルてぬぐいをプレゼントを実施する。 ■店舗情報(Tokyobike Plus 福岡) 所在地  : 〒810-0025 福岡市中央区薬院伊福町16-1 電話番号 : 092-406-7039 営業時間 : 11:00-19:00 ...

トーキョーバイクから、シンプルな街乗りモデル「TOKYOBIKE MONO」が登場

トーキョーバイクは4月25日、新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」を発売すると発表した。 トーキョーバイクは東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車「トーキョーバイク」を2002年に発売し、現在、都内4ヶ所と海外8ヶ所でTokyobike Shopを運営している。 TOKYOBIKE MONOは、トーキョーバイクの原点ともいえる「シンプルでちょうど良い」を形にしたモデル。MONOはギリシャ語で「1つの」を意味する接頭語で、最もシンプルでベーシックでありながら、乗る人によってスタイルを変化できる柔軟性をモデル名に込めている。 カラーリングは、アイボリーやモスグリーンなど6色あり、ツヤあり仕上げを採用。タイヤは、こぎ出しの軽さを重視した26インチタイヤに変速のないシングルギアでシンプルで街乗り向けの仕様となっている。ハンドルは手前に曲がったトレッキングタイプを採用しゆったりとした乗車姿勢が特徴だ。 カラーリングは、ブルージェイド、ブラック、アイボリー、ヴィンセントブルー、モスグリーン、ヴィンテージオレンジの6色。フレームはクロモリで、フロントフォークはクロモリリジッドフォーク。フロントギアは44T、リアギアは18Tのシングルギア。タイヤは26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド。価格は48,000円(税抜)。 また、発売に合わせ、東京都内のTokyobike Shop各店や、全国の取扱店で「TOKYOBIKE MONO」の試乗サービスが実施される。期間は2020年11月末までの予定。対象店舗や各店の試乗可能サイズなどはWebサイトから確認できる。 関連リンク:TOKYOBIKE

トーキョーバイクから「TOKYOBIKE MONO(モノ)」「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」が登場

トーキョーバイクは、2月12日、新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」と「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」を2020年春に発売すると発表した。 トーキョーバイクは、東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車「トーキョーバイク」を2002年に発売し、現在、都内4ヶ所と海外8ヶ所でTokyobike Shopを運営し、全国200店舗以上の取扱店で展開している。また、レンタサイクルサービスを直営店舗のほか、提携する宿泊施設等で展開している。 TOKYOBIKE MONO(モノ)は、トーキョーバイクの原点ともいえる、「シンプルでちょうど良い」を形にした。こぎ出しの軽さを重視した変速のないシングルギアや、ゆったりとした乗車姿勢、乗る人の用途に合わせたカスタム自由度の高さが特徴。カラーは6色でツヤあり仕上げ。3サイズ展開。価格は48,000円(税別)で4月下旬発売予定。 TOKYOBIKE CALIN(カラン)は、20インチの小さな車輪で細い路地でも思い通りに曲がり、坂道も上りやすいのを売りにした小径モデル。コンパクトな車体は都会の生活にも馴染む。ワンサイズ展開で、適応身長(目安)が140cm〜170cmと幅広いのも特徴の一つです。カラーは4色でツヤ消し仕上げ。価格は62,000円(税別)で3月中旬発売予定。 TOKYOBIKE MONOについて 発売日:2020年4月下旬予定 展開店舗:全国の取扱店、トーキョーバイクショップ各店、トーキョーバイクオンラインストア 価格:48,000円(税別) カラー:全6色(ブルージェイド、ブラック、アイボリー、ヴィンセントブルー、モスグリーン、ヴィンテージオレンジ) フレームサイズ: S(47cm) M(53cm) L(57cm) (C-T) 目安の適応身長:S(150~165cm) M(165~175cm) L(175~185cm) 本体重量: 10.7kg (Mサイズ) タイヤ: 26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド チューブ: 英式バルブ 変速: シングルギア(フロントギア44T/リア18T) フレーム/フォーク: フルクロモリ ハンドル: クラシックハンドルバー センタースタンド付き TOKYOBIKE CALINについて 発売日:2020年3月中旬予定 展開店舗:全国の取扱店、トーキョーバイクショップ各店、トーキョーバイクオンラインストア 価格:62,000円(税別) カラー:全4色(アッシュブルー、ブルージェイド、ボルドー、アイボリー) フレームサイズ: ワンサイズ(40cm) (C-T) 目安の適応身長:140〜170cm 本体重量: 11.3kg タイヤ: WO20×1-1/8(451)...

東京23区外で初出店 「Tokyobike Shop 吉祥寺」を4月1日(水)にオープン

トーキョーバイクは、東京23区外では初出店となる「Tokyobike Shop 吉祥寺」(以下、吉祥寺店)を4月1日(水)にオープンする。それに伴い、2013年より営業を続けてきた「Tokyobike Shop 高円寺」(以下、高円寺店)を閉店する。 トーキョーバイクは、東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車「トーキョーバイク」を2002年に発売し、現在、都内4ヶ所と海外8ヶ所でTokyobike Shopを運営するだけでなく、全国200店舗以上の取扱店を展開している。また、TokyoBikeのレンタサイクルサービスを、直営店舗や提携する宿泊施設等で展開している。 吉祥寺店は、吉祥寺駅から西側へ徒歩5分ほど、井ノ頭通り沿いの開けた場所に位置していており、井の頭公園や、数多くのショップや飲食店が立ち並ぶ中道通りにもほど近い場所にある。店舗デザインは、「ONIBUS COFFEE」やベトナムにある「Pizza 4P's」、昨年オープンした「nienteとtokyobike(Tokyobike Shop 豪徳寺)」を手掛ける鈴木一史氏。 自転車に関連する商品以外にも、日常に取り入れたくなるような雑貨やアパレルなど、トーキョーバイクならではの視点で商品提案を行う。また、中央線沿線や井の頭線沿線を中心にユーザーの方のメンテナンス面でもサービスを提供する。 Tokyobike Shop各店では、吉祥寺店オープンを記念したイベントやキャンペーンを4月から行う予定。 そして、吉祥寺店オープンに伴い高円寺店は3月15日(日)をもって営業を終了する。ユーザーの方へのキャンペーンや営業最終日にはマルシェイベントを開催予定。 ■店舗情報 Tokyobike Shop 吉祥寺 2020年4月1日(水)グランドオープン予定 所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-35-10 1F TEL   : 準備中 E-mail : kichijoji@tokyobike.com 営業時間: 平日12:00~19:00/土日祝11:00~19:00 定休日 : 水曜日 Tokyobike...

トーキョーバイクの2店舗の周年を記念したイベント 「Thank You! ~Tokyobike Shop Anniversary ~」を 7月6日(土)から開催

株式会社トーキョーバイクは、国内2店舗、谷中店と中目黒店の周年を記念したイベント「Thank You! ~Tokyobike Shop Anniversary ~」を、7月6日(土)~7月28日(日)にわたり開催する。 今年で10周年となる谷中店と5周年の中目黒店で、約3週間にわたり様々なイベントを開催する。10周年を迎える谷中店では、立川志の彦さんの落語会や在日ファンクのギタリストである仰木亮彦さんのソロライブのほか、谷中周辺の東東京エリアを巡るライドツアーを行う。また、東京・谷根千エリアを独自の目線で紹介するユニット「rojiroji(ロジロジ)」監修により、別冊マガジン『tokyobike x rojiroji magazine トーキョーバイクがある谷中』を発行、数量限定で無料配布する。 5周年を迎える中目黒店では、縁のあるお店を招いてのマルシェや、“食”をテーマとしたライブパフォーマンスイベント、EATBEAT!(イートビート!)を開催する。その他に、CHALKBOY率いる手描き集団 WHW!プレゼンツの「トーキョーバイクで巡るレコードDIGライド」などを行う。 また、トーキョーバイクの自転車をお持ちのお客様限定の企画も実施。期間中、基本メンテナンスをご利用の方にCHALKBOYが手がけた周年記念ロゴ入りのリフィルノート(非売品)をプレゼント。また谷中店では、レンタルバイクを、ユーザーの方と同伴で利用してくれた方への特別料金プランを設け、通常1日利用2,500円をワンコイン500円で提供する。 そして、中目黒で旅をテーマにしたオリジナルのステーショナリーや雑貨を扱うTRAVELER’S FACTORYを展開するTRAVELER'S COMPANYと、2013年以来2回目となるコラボレーションをし、限定モデルやグッズを発売する。TOKYOBIKE 26をベースにした限定モデル「TRAVELER’S BIKE」を発売する。“日常を旅するトーキョーバイク”としたテーマで、オリジナルのフレームカラーやヘッドバッヂのデザインのほか、TRAVELER'S COMPANYの代表的な製品、「トラベラーズノート」のレザーを使用したグリップとフレームパッド、細かなパーツのセレクトした。販売は10台限定で受注生産。また、TRAVELER’S COMPANYが作るtokyobikeロゴが入ったオリジナルデザインのリフィルノートや、トーキョーバイクが刻印されたブラスタグも発売する。 TRAVELER’S COMPANY:https://www.travelers-company.com TRAVELER’S FACTORY:https://www.travelers-factory.com ◎限定モデル「TRAVELER’S BIKE」商品情報 価格     :¥120,000(税別) カラー    :トラベラーズオリーブ(マット仕上げ) ...

トーキョーバイクに乗ってフィルム写真を撮りにいくライドイベントが5/18~19日にKNOTで開催

トーキョーバイクで東京を回るライドイベントを行っている「THE KNOT」。トーキョーバイクに乗ってフィルム写真を撮りにいくライドイベントが5/18~19日にKNOTで開催される。当日は、自転車や交通ルールの説明を含め約2時間半ほどのライド。集合・スタート地点は新宿中央公園前にあるライフスタイルホテル 、THE KNOT TOKYO Shinjuku。ここでは宿泊の有無に関わらず、 どなたでもトーキョーバイクの自転車をレンタルできる。 明治神宮敷地内に広がる広々とした芝生公園に到着でカメラが渡され撮影開始。今回のロモライドで使用するカメラはLomographyのスタンダード「LC-A+」。当日は、Lomographyのスタッフから直接カメラの使い方や撮影のコツなどのレクチャーを受けることが出来るため、フィルムカメラ初心者の方でも参加できる。 また、現像もKNOTメンバーが手配。参加者の方はその間トーキョーバイクスタッフオススメのスポットや、行きたかったあの店に行く等、自転車でしか味わえない東京の街の良さを楽しめるとのこと。最後はMORETHAN BAKERYによる軽食やドリンクを楽しみながら、参加者全員でその日撮った写真をレビュー。両日それぞれ定員10名の限定のサイクリングイベント。 【イベントスケジュール】 ・ 9:45  THE KNOTに集合 ・ 9:45 - 10:00 自転車の受付、ツアー内容と交通ルール説明 ・10:00 - 10:20 明治神宮参宮橋口まで自転車移動、芝生公園まで徒歩移動 ・10:20 - 11:00 カメラの使い方を説明後撮影タイム ・11:00 - 11:20 次のスポットまで自転車移動 ・11:20...

ファッショナブルなスポーツ自転車「tokyobike」を解説

高性能でレーサースタイルを売りにするスポーツ自転車が多い。これは、レーサースタイルでイメージ戦略を行ったほうが簡単なのもあるだろう。しかし、一部の自転車ブランドには、ファッション性を売りにし、レーサースタイルを拒否することで成功した自転車ブランドがある。それはtokyobikeだ。 今回は、独自の展開を行うことで成功したtokyobikeについて解説する。 TokyoBikeの独自の展開とは? 普段着にも合うのを重視した車体コンセプト 車体デザインは、通常のスポーツ自転車とは違い、落ち着いていて普段着にも合う。tokyobikeのように普段着に似合うスポーツ自転車は少ない。また、tokyobikeは、一般的な街乗りスポーツ自転車の中では比較的高価なため、細かい部分もデザインにこだわった部品が付いている。TOKYOBIKE 26を例に上げると、金属部品は殆どがメッキを使い、タイヤサイドはアイボリーを採用し柔らかな質感を実現した。ステムはレトロなスポーツタイプのスレッド式を採用し、クラシック風のイメージをもたせることで、おしゃれな自転車が欲しい人に刺さる自転車となった。 お洒落で自転車店には見えない Tokyobike Shop&Rentals 谷中 tokyobikeは一部場所で直営店を運営している。筆者はかつてTokyobike Shop&Rentals 谷中に訪れたことがある。ここではTokyobikeシリーズ全車種の展示やアクセサリーの販売等を行っていたが、通常の自転車店にあるようなショップ的な雰囲気はなく、気軽に見ることができるアパレルショップの雰囲気だった。アクセサリーも機能性重視の自転車部品は少なく、木のベルやカラフルな鍵、普段着にも合うバッグや靴が置いてあり、自転車店というよりもTokyobikeのコンセプトを見せるためのコンセプトストアと言ってもいいほどだった。 スポーツ感を無くした店舗イベント 通常の自転車店のイベントといえば、走行会などスポーツ的なイベントが殆どだ。しかし、tokyobikeのイベントは、旅の語りや個展、野外撮影ワークショップ、アーティストのトークイベント等を行っており、tokyobike独自の世界観を出している。 異業種とのコラボレーションを実施 出典:https://tokyobike.com/news/17409/ tokyobikeは一般的なスポーツ自転車ブランドでは見られない、異業種とのコラボレーションを行っている。例えば、東京・中目黒にオープンした「スターバックス リザーブ®︎ ロースタリー 東京」や、シューズブランド「MOONSTAR」とコラボレーションを行っている。 https://www.cyclorider.com/archives/27046 tokyobikeのラインナップ TOKYOBIKE 26 tokyobikeのメインとも言えるのがTOKYOBIKE26。26インチホイールに、1.15インチ幅(約30ミリ)と狭いタイヤを装備しており、舗装路での軽快さを重視した街乗りスポーツ自転車だ。1.15インチ幅のタイヤは特殊で手に入りにくいが、タイヤと車体(フレーム)との隙間が大きいので、少し太いタイヤなら装着できるだろう。スペースを取らず、気軽に駐輪できるセンタースタンドが標準装備。泥除けもオプションで装着可能。 ・4130フルクロモリフレーム・フロントフォーク ・デュアルピボットキャリパーブレーキ ・前シングル(42T)-後SHIMANO アセラ 8速(11-32T) ・クイック式ハブ(ハブ) +26×1.15HE アイボリー(タイヤ) TOKYOBIKE SPORT 9s 出典:https://www.tokyobike.com/product/tokyobike_sport9s.html tokyobikeシリーズで、走りを重視したのがTOKYOBIKE SPORTS 9s。タイヤ幅はロードバイクと同じで、舗装路の走りの軽さを重視。写真ではタイヤと車体との隙間が小さいため、タイヤを太くすることはできないだろう。また、TOKYOBIKE SPORT 9sは650Cという、あまり使われない車輪径を採用しており、タイヤのラインナップは非常に少ないので注意が必要。スタンド(センタースタンド)はオプション。 ・4130フルクロモリフレーム・フロントフォーク ・デュアルピボットキャリパーブレーキ ・前シングル(42T)-後SHIMANO SORA 9速(11-25T) ・クイック式ハブ(ハブ) +650×25c(タイヤ) TOKYOBIKE SS TOKYOBIKE...

シューズブランド「MOONSTAR」が「トーキョーバイク」とコラボレーションを実施

株式会社ムーンスターは、3月29日から31日の3日間、 総合旗艦店「MOONSTAR Factory Ginza」で、トーキョーバイクで銀座を駆け抜けるライドツアーやPOP UP STOREなど複合型体験イベントを開催する。 東京をメインとした自転車ブランド「トーキョーバイク」のレンタサイクルだけでなく、銀座を駆け抜けるライドツアー「Ginza Night Ride -1hour short tour-」を開催。トーキョーバイクで高層ビル群エリアを駆け抜け、皇居周辺の夜桜スポットを堪能できる企画とのこと。また、POP UP STOREではトーキョーバイクとのコラボレーションシューズや自転車・生活雑貨等を販売する。 トーキョーバイクとのコラボレーションシューズ「 MINIMA - Tokyobike Limited Edition -」 1960年代に生産していたトレーニングシューズをルーツにした「MINIMA」。一切の装飾を排したミニマムなデザインに、先割れパターンによる包まれたような履き心地とのこと。3度目となる今春のコラボレーションでは、2色を新たに発売する。 価格: ¥9,800 (税抜) サイズ: 22.0~29.0㎝ (※ハーフサイズなし) 新カラー:ブラックモノ、ベージュレッド 素材:キャンバス、ラバー 発売日:トーキョーバイク直営店では 2019年3月23日から販売開始 ※MOONSTAR Factory Ginzaでは...

Most Read

2021年モデル版 FUJIのE-Bikeまとめ ライフスタイルを重視した「BOOST U」シリーズを展開

日本生まれ、アメリカの自転車ブランド「FUJI」。アメリカではスポーティなスポーツ自転車を中心に展開しているが、日本では、ファッション性と性能を両立したライフスタイルタイプのスポーツ自転車を展開している事でも知られています。 FUJIのE-Bike「BOOST U」は、E-Bike元年と言われた2018年にスタートしたプロジェクト。「USERであるあなたをBOOST(後押し)したい」をテーマで作られたE-Bikeで、スポーツ性よりもスポーツ性を備えつつ、ファッション性や実用性を持っています。 https://youtu.be/VvKnJxXFSRE 2021年モデルではMOTIVATORとFARPOINTの2種類のE-Bikeを用意。MOTIVATORは小型バッテリーを採用したスポーティタイプの軽量E-Bike。FARPOINTは、車体後部が長く、太目のタイヤを装着することで、たくさんの荷物が積めるステーションワゴンのような使い方ができます。 MOTIVATOR MOTIVATORは、FUJI BOOST Uシリーズの中でも、スポーティなクロスバイクタイプのE-Bike。ドライブユニットはBAFANG製のリアハブモーターに、ダウンチューブ内蔵式のバッテリーを採用することで、ペダルバイク(人力自転車)のようなスタイルを実現しました。車体重量は16.5キロとE-Bikeの中では軽量なのも特徴です。 ドライブユニットはBAFANG H600リアインホイールモーターを採用。アシストシステムのディスプレイにはUSBポートが装備され、電子機器への電源供給も可能です。LEZYNE製のアルミCNCボディータイプのLEDヘッドライトを標準装備しています。価格は22万9000円(税抜、以下同)。 フレーム:Fuji A6-SL Super Butted Aluminum, tapered 1 1/8″ – 1.5″ head tube , Boost 148×12mm cold-forget dropout フロントフォーク:FC-440 Cross...

京都府南部山城地域で「京都やましろサイクルスタンプラリー2020」が10月1日から開催 

京都府南部山城地域で、京都やましろサイクルスタンプラリー2020が10月1日から開催される。 京都やましろサイクルスタンプラリー2020は、約800年日本の茶文化を支えてきた、茶畑や歴史情緒あふれる茶問屋が優良な状態で残る、京都府南部山城地域エリアで行うスタンプラリー。日本遺産を中心とする12箇所がスタンプ地点で、6箇所以上のスタンプを集めた方に完走証などをプレゼントする。スタンプラリーのアプリでは、スタンプ地点の他、観光スポットやグルメ情報も提供を行う。 景品は、スタンプラリー地点12箇所のうち、6箇所以上のスタンプを手に入れた人にプレゼント。 完走証(全員)、記念ステッカー(先着200名)、山城地域の特産品2000円相当(抽選12名)を用意。 スタンプ登録ポイント​​は以下の通り ①宇治橋 ②五里五里市 ③流れ橋と浜茶 ④さくらであい館 ⑤(通称)舟形公園 ⑥高神社 ⑦永谷宗円生家 ⑧上狛茶問屋街 ⑨笠置寺 ⑩石寺の茶畑 ⑪けいはんなプラザ  日時計広場 ⑫道の駅お茶の京都  みなみやましろ村 参加方法は、スマートフォン端末にマップアプリ(ambula map)をダウンロードすることで、スタンプラリーに参加できる。 【App Store】https://apps.apple.com/jp/app/ambula-map/id1414687941 【Google Play】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cogito.salus.map 対応端末【iPhone】iOS version 11.0以上  【Android】Android OS version 6.0以上 開催期間は2020年10月1日(木)から、2020年11月30日(月)まで。 関連リンク 京都やましろ観光ホームページ

個人間スポーツ自転車シェアアプリ「CycleTrip」公式Twitter開設記念キャンペーン 抽選でGACIRON製ライトをプレゼント

個人間スポーツ自転車シェアアプリ「CycleTrip」を運営しているZuttoRide Sharingは9月28日、 公式Twitter開設記念で、抽選でGACIRON製、800ルーメンのライトをプレゼントするキャンペーンを開始すると発表した。 CycleTripは、世界中でスポーツ自転車を貸したい人(OWNER)と借りたい人(RIDER)をマッチングさせるオンラインプラットフォーム。現在、東京を中心にロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、E-バイクなど約300台以上のスポーツ自転車が登録されており、スポーツバイクでは日本最大級の規模となる。 今回のキャンペーンは、公式Twitter開設記念として、GACIRON製、800ルーメンのライト「V9C800」の日本限定カラー(シルバー/レッド)を抽選で1点ずつ、計2名様にプレゼントを行う。 応募方法は、「CycleTrip」公式アカウントの@cycletrip_share(https://twitter.com/cycletrip_share)をフォローし、対象ツイートをリツイートする事。応募期限は10月5日23時59分まで。 結果発表に関しては、「CycleTrip」が当選者様のアカウントをフォローの上、ツイッターのダイレクトメッセージで連絡を行う。 関連リンク Twitter「CycleTrip」公式アカウント CycleTrip  

2021年モデル版 TREK(トレック)のクロスバイクまとめ オールマイティなクロスバイクからE-Bikeまで定番モデルを用意

アメリカの総合自転車ブランド「TREK」のクロスバイクは、オールマイティに使えるクロスバイクから、舗装路を快適にするスポーツタイプのクロスバイク、サスペンションを装着し砂利道も快適に走れるデュアルスポーツタイプのクロスバイク、そして電動アシストスポーツ自転車「E-Bike」と幅広いスポーツ自転車を用意しています。 2021年モデルのTREKのクロスバイクは、FXシリーズ、FX Sportシリーズ、DualSportシリーズの3モデルを展開しています。 https://youtu.be/CsBrmeFnD5w FXシリーズは、サスペンションが無いリジッドフォークに、32ミリから35ミリまでのタイヤを装着し、通勤、通学からサイクリングまで幅広く楽しむためのクロスバイク。 FX Sportシリーズは、カーボンフレームを採用し、FXシリーズよりも走行性能を重視したクロスバイク。シートチューブとトップチューブの接合部には、ロードバイク「Domane」等に搭載されているIsoSpeed テクノロジーが装備されています。 DualSportシリーズは、マウンテンバイクのようにフロントサスペンションを搭載し、段差や砂利道も安心して走行できるクロスバイク。29インチタイヤの場合、1.8インチ幅のタイヤを装着することができ、クロスバイクながら、その気になれば林道サイクリングを楽しむことも可能です。 新たな主流になりつつある「E-Bike」も用意 https://youtu.be/Lpj26hi-ymY モーターの力により、人力自転車では大変な上り坂を平地のようにスイスイと走行でき、発進が楽なのがE-Bike。オートバイに近い乗り物では思う人もいますが、E-Bikeは自転車のカタチをしたパワードスーツであり、全く別の乗り物です。 E-Bikeの利点は、モーターの力で誰でも気軽にサイクリングを楽しむ事ができ、行動範囲が広がること。車体価格が20万円台後半からと高価で、車体重量が20キロ近くあるため、輪行(自転車を分解して、専用の袋に入れ、公共交通機関で移動する)が無理ですが、輪行に関しては、ヤマト運輸のらくらく家財宅急便等を使う方法もあります。予算に余裕があるのならE-Bikeから始めるのをお薦めします。 TREKのクロスバイクタイプのE-Bikeは、全モデルにドイツ ボッシュ(BOSCH)製ユニットを搭載。低価格でスムーズな「Active Line Plus」を搭載した、街乗り、サイクリング向けのVerve+ 2と、パワフルな「Performance Line CX」を搭載したAllant+ 8シリーズを用意。どちらも、泥除けや荷台、ライトを装備しているため、通勤や街乗りからサイクリングまで幅広く楽しめます。 FXシリーズ FX1 Disc FX1 DiscはTREKのスタンダートなクロスバイクの中で一番安いエントリーモデル。ママチャリよりも少し細い35ミリ幅のタイヤにTEKTRO製機械式ディスクブレーキを搭載。車体のサイズも豊富で幅広い体格の人に合うのが特徴です。 車体はAlpha Goldアルミフレームと、 スチール製フロントフォークの組み合わせ。コンポーネントはシマノ Altusで、クランクは48/38/28T、スプロケットはSunrace MFM300 14-34, 7速。ブレーキは Tektro HD-U310機械式ディスクブレーキ。タイヤはBontrager H2, wire bead,...