Ducatiから電動アシストロードバイク(E-Bike)「FUTAシリーズ」登場 カーボンフレームで最軽量モデルは12.2キロを実現

出典:https://www.ducati.com/、以下同
イタリアのオートバイブランド「Ducati」から、電動アシストロードバイク(E-ロードバイク)「Futaシリーズ」が登場した。
Futaという名前は、エミリア・ロマーニャ州とトスカーナ州を結ぶ同名の峠のカーブにちなんで付けられたもの。ドゥカティは「デザイン、革新性、楽しさを重視し、快適性と性能を完璧に融合させた、純粋なドゥカティ・スピリットを体現する軽量Eロードは、より長い距離と期待以上の傾斜をカバーするために開発された最新世代の製品である」と謳っている。
車体はカーボンファイバー製モノコックフレームを採用し、スポーツエンデュランスのジオメトリーでありながら、エアロダイナミクスとスピードを重視。リアトライアングルは、横方向の剛性を高め、ホイールへのパワー伝達を向上させるとともに、バイクの反応性を高めているとのこと。ダウンチューブ、シートポスト、フォークスライダーの形状は、グレーとブラックをメインカラーにドゥカティレッドをアクセントカラーとしたカラーリングを採用。
ドライブユニットは「FSAシステムHM1.0エンジン」リアハブに搭載されたエンジンは、出力250W、最大トルク42Nmを実現。ユニットの総合重量は3.98キロと軽量なのを売りにしている。このユニットは、ハンドルバーのガーミンコントロールで選択できる5段階のアシストレベルを搭載しており、好みのレベルで管理することが可能だ。
iOSおよびAndroidデバイスで利用可能なFSAアプリにより、サイクリストは走行統計、システムステータス、バッテリー残量、充電状況などを迅速かつ直感的に確認することができる。また、このアプリを通じて、あらゆるソフトウェアのアップデートをダウンロードしたり、世界各地のFSAサービスセンターと連絡を取ったりすることも可能。250WhのFSAバッテリーは、ダウンチューブに完全に統合され、オプションでさらに250Whのレンジエクステンダーを装着することも可能だ。
コンポーネントは、FSA K-Force WEコンプリートグループセット。2×12スピードのワイヤレス電子シフトとなっている。

Futaには限定モデルも用意。これは、より軽量化されたE-ロードバイクが欲しい人に向けて、わずか50台の限定バージョン。重量はMサイズで12.2キロ。価格は通常モデルのFutaが7690ユーロ(日本円で約96万5000円)で、限定モデルのLIMITED EDITIONが11990ユーロ(日本円で約150万円)。日本での発売は不明だ。
関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事