ポルシェ ハイテクコネクテッドE-Bikeブランド「Grype Bike」の過半数の株式を取得へ

- Advertisement -

Greyp Bikesは11月19日、ポルシェがGreypの過半数株式の取得を発表した。

Greyp Bikes社は、世界初のコネクテッドE-Bikeを製造している会社。同社は、AI、データ収集、拡張現実を独自にブレンドしたハイエンドE-Bikeを設計、エンジニアリング、製造している。2013年にモビリティとテクノロジーの交差点をテストするために始めたことが、世界的に認められる技術企業に成長し、アメリカや南米、ヨーロッパ全域、南アフリカなどの40カ国以上で展開されている。

リマック・アウトモービリの姉妹会社として、E-bikeのバッテリーの基準を設定し、市場で最も強力なバッテリーを生産し、スマートIoTバイクソリューションの業界リーダーと謳っている。

2018年以降、ポルシェはポルシェ・ベンチャーズを通じてGreypの約10パーセントの株式を保有している。当初の出資金は、リマック・アウトモビリへの投資と同時に取得し、今回、ポルシェはGreyp Bikes d.o.o.の過半数の株式を取得することを決定した。

Greyp社へのポルシェの出資比率の拡大は、電動自転車分野での活動拡大の可能性の中で行われる。ポルシェは、グライプの市場および技術的なポテンシャルを認め、グライプの組織内での地位をさらに強化することを決定した。ポルシェが新たな大株主となるだけでなく、マテ・リマックをはじめとするグライプの創業者たちは、既存の株式を維持する。グレイプの株主契約によると、この取引は2021年12月18日までに確定する必要がある。

リマックグループのCEOであるマテ・リマックは、次のように述べている。

「私は、Greypが大成功を収めた世界的な企業になる可能性があり、この業界のリーダーの一人になると常に信じています」

「私は、Krešimir Hlede氏が率いるGreypのチームと、彼らが過去7年間に築いてきたものを非常に誇りに思っています。100人のチームは、間違いなく市場で最もコネクテッドで技術的に進んだE-Bikeを作り、スヴェタ・ネデリャで量産体制を整え、世界中にバイクを出荷してきました。その一方で、Greypはリマックの影に隠れてしまい、その可能性を最大限に発揮することができませんでした。

そして今、ポルシェがGreypの株式の過半数を取得したことで、Greypの歴史に新たな章が始まります。これは、何か偉大で大きなことの種になるでしょうが、それについてはまた別の機会にお話ししましょう。

この取引はまだ最終的に実行されていないので、まだ多くを語ることはできませんが、ここではいくつかのことが言えます。

Greypは、クロアチアで非常に強力で成長したプレゼンスを持つことになります。私たちは大きなことをしたいと思っています。そうでなければ、ポルシェも私たちもこのようなことはしないでしょう。
Greypの従業員には素晴らしい未来が約束され、クロアチアには電気自動車の研究開発のホットスポットであることを証明する大きな価値がもたらされます。

私は今後も少数株主のままです。私はリマックグループに時間を集中しますが、Greypには引き続き関わり、できる限り協力していきます。

Greypのトークンホルダーの皆様にはお世話になりますが、これについては近日中に詳細をお知らせします。

この新しい星座は、関係者全員にとって非常にポジティブなものになるでしょうから、すぐに詳しい情報をお伝えできることを楽しみにしています」。

今回のポルシェの出資は、GreypにおけるE-モビリティとコネクテッド・テクノロジーのあらゆる分野での研究開発を加速させるもので、ソフトウェアとIoTによりE-Bikeのユーザー体験を再定義するというGrypeのマイクロモビリティのビジョンを裏付けるものとなる。

両社は、ノウハウ、リソース、そしてポルシェのモビリティにおける実証済みのパイオニア精神を共有することで、ユーザーにとってモビリティをより楽しく、実用的で安全なものにすることを目的に、グライプの業務、特に研究開発を大幅に拡大することを目指すとのこと。

本取引は、独占禁止法当局の承認が必要であり、まだ正式には完了していない。Gyepeは、現時点では詳細についてコメントできない。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連