ポルシェから高級E-Bike「eBike Sport/Cross」登場 ROTWILDと共同開発したフルサスE-MTB【海外E-Bikeニュース】

- Advertisement -

ポルシェは2021年3月5日、新型E-MTB「Porsche eBikeシリーズ」を発表した。

このE-MTBは発表直後は具体的な内容が公開されていなかったが、正式発売され具体的な内容が公開された。オートバイメーカーや自動車メーカーがE-Bike に参入する中、ポルシェは、ドイツのプレミアムE-Bikeブランド「ROTWILD」と共同開発を行い、自動車のポルシェを連想させる高級E-Bikeを製造した。Porsche eBikeシリーズの日本での発売は未定だが、具体的な内容を紹介しよう。


Porsche eBikeシリーズはドイツのプレミアムE-Bikeメーカー「ROTWILD」とのコラボレーションにより実現した。カーボン製フレームは、スタジオF.A.ポルシェによってデザインされている。ホイールはSサイズが27.5インチで、その他のサイズが29インチ。フロントフォークはMAGURA BOLTRON UpSide Down suspension fork、リアサスペンションはFOX DPS Performanceを搭載。車体重量は21.2キログラム。

Porsche eBike Sportのハンドルバーは、電子制御式のSHIMANO Di2シフティングシステムのケーブルや、MAGURA製の油圧ブレーキシステムのブレーキラインを隠しており、すっきりとしたコックピットを実現した。

 

Porsche eBike SportにはSUPERNOVA製ライトを装備している。フロントライトにはSUPERNOVA M99 MINI PRO HIGH BEAMを搭載。名前の通り自動車やオートバイと同じくロービームとハイビームを搭載したLEDライトで、ロービームでは450ルーメン、150ルクス、ハイビームでは1150ルーメン、260ルクスを発揮する。また、ハイビームにはサスペンションフォークのダイブにより、ライトの照射位置がずれる問題に対応するため、フォークの動きを補うように、明暗の境界線上で光を増やすように最適化されている。

Porsche eBike Sportに採用されているポルシェエアロシートポストにはSUPERNOVA M99 TL2 LED TAIL LIGHTを搭載。さまざまな視野角でも同じように高い視認性を維持すると謳っており、頑丈なアルミ製ボディは、バイクを持ち上げることさえ可能なほどの強度を持っている。

ドライブユニットはSHIMANO EP8で定格出力250W、最大トルク85Nm。シマノ製のカラーディスプレイは、速度、距離、バッテリー残量をリアルタイムに表示する。変速関連は電子制御式SHIMANO Di2 11速ギアシフトシステムを採用。バッテリーは容量630WhのSHIMANO製バッテリー(Sサイズは504Wh)で、航続距離は最大125キロメートル。ホイールはCRANKBROTHERS IODINE 2 wheel setを搭載した。

また、Porsche eBikeシリーズ発売に合わせ、電気自動車「タイカン クロスツーリスモ」のために、独自の強力な耐荷重リアキャリアを開発。新型リアキャリアはE-Bikeの輸送に最適な設計となっているのを謳っており、長いホイールレールと50kgの高い積載量により、最大2台のE-Bikeを搭載することができる。またE-Bikeを積んだ状態でもテールゲートを開けることが可能だ。

Porsche eBike Sport

Porsche eBike Cross

Porsche eBikeシリーズにはスリックタイヤを装備した上級モデルのSportと、ブロックタイヤを装備しオフロードライドを重視したCrossの2種類を用意。価格はeBike Sportが9990ユーロ(日本円で約130万円)から、 eBike Crossが7990ユーロ(日本円で約104万円)から 。

関連リンク

- Advertisement -

今、話題の記事

自転車漫画関連