東京・御岳でサイクリスト向けサービス「御岳BASE」登場 CAMPFIREにて利用券を先行販売中

- Advertisement -

御岳BASEは11月1日、東京都青梅市にサイクル工房を整備している。今回、この工房の利用券をクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて先行販売を行っている。

御岳BASEは、自分自身でパーツ交換をしたりバラ組で自転車組むことが出来るサイクル工房と宿泊、Cafeからなる施設。サイクリストを始め、多摩川でのウォーターアクティビティやハイキング、バイクツーリングなど多様なアクティビティの皆様が集うBASE(拠点)として、来春のグランドオープンを目指し、奥多摩の玄関口青梅に整備している。

「御岳BASE」の中心施設であるサイクル工房は、11月中旬にプレオープンする。この工房は、自分の自転車やフレーム・パーツを持ち込んで、半日から宿泊で自転車をメンテナンスしていただくことができる。スペースと工具が自由に使える上、作業方法が分からない場合はレクチャーを受けることもできるため、初めて自分で自転車を組んでみようという人にもパーツ選びから相談することが可能とのこと。

リターン内容はHalf Day Couseの工房利用券 3,000円(予定価格4,000円の25%OFF)と、One Day Couseの工房利用券 6,000円(予定価格8,000円の25%OFF)となる。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連