ハーレーのE-Bikeブランド「Serial1」のチョッパーカスタムE-Bikeが約157万円で落札される

- Advertisement -

Serial 1 Cycle Companyの、チョッパースタイルのカスタムE-Bike「MOSH/CHOPPER」が8月10日(現地時間)に落札された。

Serial 1はハーレーダビッドソンの最も古いモーターサイクルの愛称である「Serial Number One」にちなんで名づけられたE-Bike。

MOSH/CHOPPERは、Serial1のE-Bike「MOSH/CTY」をベースにしたカスタムEーBike。MOSH/CTYはGates社製カーボンドライブベルト、Brose社製ミッドマウントモーター、TRP社製油圧ディスクブレーキ、内部に配線されたケーブルやワイヤー、内蔵ライトなどを採用した、シティタイプの EーBike。

今回のカスタムは、Serial1が考案し、ミルウォーキーのJR’s Fabrication and WeldingでチョッパービルダーのWarren Heir, Jr.とKendall Lutchmanが製作したSchwinn Stingrayのようバナナシートや、ハイライザーハンドルを装着し、60年代のウイリーバイクのシルエットに、サイケデリックなペイントを施すことで、チョッパースタイルに仕上げた、シリアルワン1-OFFカスタムシリーズの第一弾となるE-Bikeだ。

オークション形式で販売されたMOSH/CHOPPERは、1万4200ドル(日本円にして約157万円)で落札された。カスタムカーやカスタムオートバイの場合、既に市場は出来上がっているが、カスタムE-Bikeに関しては、世界的に見ても市場は無いため、落札価格が気になるところだったが、想像を超える価格で落札された。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連