BRUNO初のE-Bike「e-tool」登場 子供乗せも装着できるカーゴバイクタイプのE-Bike

- Advertisement -

ダイアテックは8月10日、BRUNO初のE-Bike「e-tool」を発表した。

BRUNOは、旅を重視した小径自転車(ミニベロ)を取り扱っている自転車ブランド。e-toolは、BRUNOが5年間にわたりE-Bikeの魅力を考え続けて作られたE-Bike。自転車でのキャンプやBBQ、家族での自転車旅など、様々なニーズやシーン、ライフスタイルに寄り添ってくれると謳っている。

アルミ製の車体には、最大積載重量50キログラム以上の頑丈なリアキャリアを装備。また、子供と出かけることができるように。子供乗せを装着可能な車体設計にするだけでなく、スチール製正立スタンドを標準装備した。

カーゴバイクタイプだが、全長は170センチメートルにすることで、部屋での保管に対応できる扱いやすさを実現。車体重量は最軽量仕様で18.9キログラム。子供乗せと正立スタンド仕様で23キログラムとなる。

ドライブユニットはシマノ製の新型ドライブユニット「STEPS E5080H」を搭載。後続距離はエコモードで140キロメートル、パワーモードで80キロメートルの大型バッテリーを搭載。

カラーリングはBLACK・WHITE・GREEN(初回限定)・SILVER(初回限定)の4色展開。価格は24万9920円。9月下旬に発売予定。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連