シェアサイクル「Kotobike」滋賀県で実証実験を実施 3000円分のクーポンも用意

- Advertisement -

大津市ときゅうべえは4月21日、アプリ「kotobike」を活用したシェアサイクルの実証事業を実施すると発表した。

kotobikeは1957年創業の京都の自転車専門店“きゅうべえ”が運営するシェアサイクルサービス。貸出とは別のポートにも返却可能で、アプリで簡単に施錠・解錠・決済が可能。自転車はKotobikeオリジナル自転車を使用し、26インチの車体、オートライト、3段変速を採用している。

今回の実証事業は、以前に実施していたMaasアプリ「ことことなびサイクル」の後継事業としての実験を行う。今回の実証実験を通じて、将来的な本格運用に向けたビジネスモデルを検討する。

実証実験中はKotobikeで利用できる3,000円分のクーポンを用意した。アプリをダウンロード後、クーポンコード「otsu04」を入力する必要がある。

期間は2021年4月15日(木)から5月31日(月)まで。台数は大津市内で30台。ポート数は15箇所で、ブランチ大津京(びわっこ広場横)、JR大津京駅、大津市役所、三井寺、明日都浜大津、フレンドマート大津なかまち店、JR大津駅、大津市民会館、JR膳所駅、Oh!Me大津テラス、アヤハディオ大津店、曳山展示館、フレンドマート大津西の庄店、びわ湖大津プリンスホテル、セブンイレブン大津木下町店に設置している。

料金は15分60円、6時間600円、12時間1,000円、24時間1,300円。以下のQRコードからアプリをダウンロード可能。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連